人生の処方箋・セラピスト愚禿進の我が計らいにあらず e-mail:gutokushin610@outlook.com

愚かで、弱くて、不完全なのが人間です。だから生きていてよかったと感謝の気持ちで、滋味深く生きよう。メールにて相談受付中

我が計らいにあらず 47 自然という生き方 3

2017年05月16日 | 人生の処方箋

  私たちは、生活上の様々な困難や問題に遭遇する。その時に、自分のもっている知識、経験、信念、、情操、さらには社会的地位、名誉、物質的資産、経済力、家族、友人等の人間関係、様々な社会的資源など、考え得る自己の能力と他人の協力を総動員して、困難や問題に対処し、最善を尽くします。これはごく当たり前の処世術とでもいうものでしょう。この経験が、よりよい自己の実現に繋がっていくことを経験的に学びます。

 それでも、理性を拠り所にした合理的な生活態度だけでは困難を打開できない壁が立ち現れまます。今日のように科学技術が高度に発達した社会では、合理性のみで、貫き通せない部分が、相当に広く深く存在しているように思われます。

 人間存在の根底には、不可思議で、非合理な面を抱え込んでいるといっていいでしょう。

 経済、科学技術の発展は、われわれの生活を豊かにした一面、自然破壊、環境破壊、地球破壊を未曽有の速さで推し進めた結果、一国の政治で何とかなるものではなくなってしまった観があります。

 こうした状況を背景にもっているが故に、人間一人ひとりの生にとって、非合理な面に目を背けずに、対処していかねばならないのですが、はたしてどんなものでしょうか。

 こんな時代だから、合理的、科学的見地ではどうにもならないという私の直感から、このブログを始めて見たわけです。

 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が計らいにあらず 46 自然... | トップ | 我が計らいにあらず 48 自然... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人生の処方箋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL