人生の処方箋・セラピスト愚禿進の我が計らいにあらず e-mail:gutokushin610@outlook.com

愚かで、弱くて、不完全なのが人間です。だから生きていてよかったと感謝の気持ちで、滋味深く生きよう。メールにて相談受付中

我が計らいにあらず 71 人を救うということ 10

2017年07月13日 | 人生相談

 人間は自然の一部であるとは何度か書いたと思う。ところが困ったことに、自然に反することをするのが人間の性質でもあります。自然に対して操作し、計らってきたのが人間です。
 地産地消という言葉が使われるよになってどのくらい経ったか知りませんが、昔はそれがあたりまえでした。食糧難で困ったときは地方まで買い出しに行ったこともあったし、物々交換で、芋やら野菜を着物と取り替えて飢えをしのいだこともありました。その頃は自然に従っていたのでしょうね。今の当たり前って何なんでしょうね。人間が自然を利用して生活をより快適にするところまでは弱肉強食の自然の法則というか命の連鎖といったらいいのか、その辺までは許されると思うんですけど、自然に反することをする人間の性質が行き着くところまで来たのが今日の自然と人間の関係でしょうか。昔だって自然の営みとして氷河期のような大異変もあった。今だって火山活動が続いているし、海も山も刻々と姿を変えつつある。今の温暖化どころではなかった。自然の営みは計らいのない世界だから止めることはできない。人間が操作したり、計らったすることなどできるものではないのです。
 それと人の生き様がどう関連してくるのか。人間には意識があり、心がある。自然物にはそれがない。少なくとも人間のように前頭葉が発達した動物はいない。それ故に、悩み、苦しみ、嘆き、憂い、怒り、泣き、笑い、生きている。それは人間だけがなせること。自然界も、自分ひとりの身もこころも、思うにまかせぬのだ。だからもう力で、知識と技術で、どうにもならないこともあるんだということをそろそろ覚悟してもいいのだ。それが人間の本来の智惠だと思う。明らかに極めるが、あきらめだ。放棄するというのではないですよ。つづく
 
 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が計らいにあらず 70 人を... | トップ | 我が計らいにあらず 72 人を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人生相談」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL