人生の処方箋・セラピスト愚禿進の我が計らいにあらず e-mail:gutokushin610@outlook.com

愚かで、弱くて、不完全なのが人間です。だから生きていてよかったと感謝の気持ちで、滋味深く生きよう。メールにて相談受付中

我が計らいにあらず 50 自然という生き方 6

2017年05月20日 | 人生の処方箋

 病気になるということは、人間が不安定であるということでしょう。言い換えれば動的であるということです。当然老いていくことも動的であるということです。一時も一つのところにとどまってはいないのです。からだも心もです。それが人間の本来のあり方なんです。いつまでも若く、いつまでも健康でなんて無いんです。アンチエイジングや健康ブームのコマーシャルが盛んで、それらに関するありとあらゆる商品が氾濫し、人間の欲望を駆り立てます。自分のからだと心にイイものは、試してみるのもイイでしょう。でもやがて老いて、病気になり、、死を受け入れるということには変わりありません。だから私はその瞬間瞬間を、一日一日を老いたら老たなりに、病気になったらなったなりに楽しむことにしています。老病死は、生まれたときから約束されていることですから。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が計らいにあらず 49 自然... | トップ | 我が計らいにあらず 51 自然... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL