他力本願!(週末は重賞予想・他力本願)

プロレス・中央競馬・与太話のオンパレード
ただいま3年経過。
競馬もプロレスも不滅です…たぶん。

シリアスモード・シリアスどーも!(信長の忍びとタイガーマスクW)

2016-10-12 00:30:39 | 与太話

「ワールドプロレスリング」を見ずに
「タイガーマスクW」を見てるのは、どこのどいつだ~い?

…アタシだよ!(にしおかすみこを憑依させながら)

10月に入り、涼しくなった関東地方。
涼しくなった結果、芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋が加速する今日この頃。

…どれも当てはまらない私には“2016年・アニメの秋”になっている。
ヤングアニマル連載・信長の忍びがアニメ化されていたという英断。

http://nobunaga-no-shinobi.com/

ようやくTOKYO MXでも告知され、そこはイイとして
戦国4コマというジャンルに敬意を表し、5分番組にしたのがナイス!
実質3分というスパンでこそ成立するテンポの良さ。
シリアスモードになった際、それがアキレス腱にならなければ…by老婆心。

さて、何だかんだでリメークされたタイガーマスク。
http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/

いい意味で、頭を空っぽにしてこそ楽しめる展開。
昭和40年代、非合法スレスレの世界を生きて来たミスターXの姿が消え
巨乳キャラのミスXが登場したのは深夜アニメならでは。

…あ、まだ、ミスターX存在してますやん!
http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/character/gwm/01.php#character

第2話に入り若松龍が登場し、リアルに存在しているものと信じたのはナイショだが
オカダさんも永田さんも、声優経験があるんだから
ここは一肌脱いで欲しいと感じたのはココだけの話。
(リングにかけろ&ワールドトリガー関係者の真意を探りつつ…両方、少年ジャンプですやん!)

何度も繰り返すが、頭を空っぽにして見て欲しいイイ感じのリメーク作品。
伝説の男・高岡拳太郎がバイクショップ経営となったのはキックの鬼に感化された結果。
その姪っ子・高岡春奈が「フレッシュプリキュア」に出ていた“東せつな”にしか見えないのは
キャラクターデザインを担当した香川久の手腕だったりする。
(まぁ、プリキュアシリーズは格闘シーンの宝庫って感じもあるし)

湘南乃風に任せた「行けタイガーマスク」だけは…不味かった気がするの。
でも、湘南乃風なら「みなしごのバラード」に挑戦すべき事柄だという気もするの。

なお、第2話を見た人しか分からないネタですが
例のお色気シーンはブルーレイになれば見えます…たぶん。

…春奈、手をどけなさいw

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【私的重賞回顧】京都大賞典... | トップ | 「スポークスマン」という存... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。