他力本願!(週末は重賞予想・他力本願)

プロレス・中央競馬・与太話のオンパレード
ただいま3年経過。
競馬もプロレスも不滅です…たぶん。

【私的重賞回顧】ヴィクトリアマイル・前走、勝ちに行く競馬からの2着(byデンコウアンジュ)

2017-05-14 23:04:30 | 重賞回顧

福島牝馬ステークスで見せた“アレ”がヒントだった気がする今日この頃。
2017年のヴィクトリアマイルは、何とも言えない波乱劇で終わった。

バーバラさん、ルカくん、アンドレアちゃん、おめでとうございます!
(体育会TVで観た、ルメール・ファミリーを思い出しつつ)

単勝1倍台の馬を吹っ飛ばした“イケメン”の所業に涙しつつ
“重賞回顧”という名の愚痴を語らせて欲しい…っつーか、ほちい。

勝ちタイムは1分33秒9
前日の雨が最後まで残っていたらしく、高速結果を望む陣営の期待を裏切り
その結果、単勝1番人気・ミッキークイーンの味方になると思われた。

先行したソルヴェイグ&スマートレイアーが刻んだラップ。
双方の深謀遠慮が、建築業界の談合っぽい?やり取りとなり
最後の直線は、底力と瞬発力のバランスが試された形。
明け4歳以降から急激に力を付けていたアドマイヤリード。
現状の馬場状態を踏まえ、外へ外へ向かう馬たちが大多数。
それを出し抜くかのように内側を狙い、グッと突き抜けていった姿。
ああいった競馬をされては文句も出ないし、出せないというオチ。

…いや、本当に(笑)

最速の上がりで2着に喰い込んだデンコウアンジュ。
思えば、アルテミスステークスでメジャーエンブレムを抑え込んだ切れ者。
ここで馬券を買った皆様を称賛しつつ
前走で“勝ちに行く”競馬がカンフル剤となった可能性も示唆してみたい。

…メイショウサムソン産駒の1発は地味に恐い。
なぁ、フロンテアクイーン。
(デンコウアンジュ同様の切れ味を披露しながら)

…乗り方次第で、マイルでも頑張れそうな気がしたソルヴェイグ。
武豊の流儀に従うと、こういう結果になりがちなスマートレイアー。
ジュールポレールの3着はリアルに想定外。
終始、折り合いを欠いたレッツゴードンキは残念で賞。
勝つための注文が多過ぎるルージュバック…今回は消極的な競馬をし過ぎ。
V字回復というミラクルは起きなかったクイーンズリング。
直線で外に振られたウキヨノカゼの9着…菊沢センセ、いいことばかりじゃありませんね。

…ミッキークイーン、宝塚記念で待ってるぜ。
(レース結果に首を捻りながら)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【週末重賞予想・他力本願】... | トップ | 文字で伝えるアンサーソング... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。