他力本願!(週末は重賞予想・他力本願)

プロレス・中央競馬・与太話のオンパレード
ただいま3年経過。
競馬もプロレスも不滅です…たぶん。

革命終焉 (G SPIRITS BOOK)

2017-07-17 16:18:03 | プロレス

「もう梅雨明けなんじゃね?」
それぐらいに暑い2017年7月17日。

熱中症を恐れ、家に閉じこもり、読書してみる。
“アメリカから見た世界格闘史の特異点”と一緒に買ってしまったのは昨日の出来事。
それにしても近所の三省堂書店に、コレが売られていたのには少々驚いた。

革命終焉 (G SPIRITS BOOK)
https://www.amazon.co.jp/%E9%9D%A9%E5%91%BD%E7%B5%82%E7%84%89-SPIRITS-BOOK-%E5%A4%A9%E9%BE%8D-%E6%BA%90%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4777815897/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1500273032&sr=1-1&keywords=%E9%9D%A9%E5%91%BD%E7%B5%82%E7%84%89+%28G+SPIRITS+BOOK%29

天龍源一郎の引退(廃業?)に合わせ、発売された感全開なのはココだけの話。
最悪のお見合いから始まった夫婦の物語。
そこにイイ感じで一人娘が絡む家族の記録。

たった3回の対面で結婚前提というハイスパートぶり。
「結婚してから恋愛すればいいじゃない」と、言い切った天龍源一郎は立派だったが

いや、その展開って“あの漫画”と一緒ですよね?なぁ、伊集院少尉。

ドリー・ファンク・ジュニアに感化されたファッション。
それを捨てることからスタートした新婚生活。
損得勘定という概念が欠落した男と付き合うことの大変さ。
その結果“顔で笑って心で泣いて”的な物語が続くよ続く。

…数字に強い嫁さんで良かったねぇ、天龍さん。

なお、一人娘の紋奈さん曰く
SWSバッシングの件は、未だに許せないとのこと。

…某・山本さん、先ずは、この方に謝った方がいいですよ。

…まき代さん、リアルに“お疲れ様でした”(←レインメーカーの声色で)

なお、これを読むと
SWS時代の舵取り&その苦労に絶句してしまうのはナイショです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【私的重賞回顧】函館記念・... | トップ | スーパー・タイガーと北原光... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。