他力本願!(週末は重賞予想・他力本願)

プロレス・中央競馬・与太話のオンパレード
ただいま3年経過。
競馬もプロレスも不滅です…たぶん。

【私的重賞回顧】関屋記念・マルターズアポジー…彼の快走に乾杯!(実は完敗…馬券的に)

2017-08-13 22:25:32 | 重賞回顧

8月第2週の2大重賞は、逃げ先行馬がレースを盛り上げた。

長い休養期間から戻ってきた三浦皇成&ドリームキラリの好走。
あわやの3着は、テイエムジンソクが後ろにいた幸運もあれど
マーキュリーカップ4着という結果を過小評価したのが不味かった。

…そういうオチにして下さい orz

マーキュリーカップ2着のピオネロ…幹夫センセ~(苦笑いする気力を失いつつ)

エルムステークスのレコード決着を端に追いやり
今回は、マルターズアポジーが主役となった関屋記念の回顧を。

大方の予想通りに先行勢が固まったレース。
マルターズアポジー、ウインガニオン、マイネルハニー。
その後に続くダノンリバティ&ヤングマンパワー(オールザゴーを置き去りにしながら)

…あのまま、折り目正しくレースが進むとは思わなかった。
差し馬の台頭が期待出来たのは、直線半ばの数秒だけ。
思ったより位置取りを前にしたロードクエストの6着。
これは、文句が付けづらい結果。
やや過剰人気になったメートルダール。
ブラックムーン共々、行儀良く真面目に走ってしまったのが裏目裏目。
ダノンリバティ&ヤングマンパワー…前の2頭が居なければ良かったんだけどね。
10着に沈んだウキヨノカゼ。
勝ち馬からコンマ5秒差なら、まだまだ頑張れる気がする。
マイネルハニー…上がりの脚に限界があったんだねえ(節穴の目を隠しつつ)

一人旅という状況下で1分32秒2。
この距離でも単騎先頭で行けたマルターズアポジー。
全く彼のタフな頑張りには頭が下がる。
馬券的に負けたことは悔しいけど、ここで勝ち切った彼の姿に拍手。
その後に続いたウインガニオンにも敬礼したい次第。

…武士沢友治騎手、今季の重賞2勝目おめでとう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【週末重賞予想・他力本願】... | トップ | 永田さんも小島も1勝8敗(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

重賞回顧」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。