他力本願!(週末は重賞予想・他力本願)

プロレス・中央競馬・与太話のオンパレード
ただいま3年経過。
競馬もプロレスも不滅です…たぶん。

【私的重賞回顧】秋華賞・2016年・大魔神とヴィルシーナ

2016-10-17 01:18:02 | 重賞回顧

休日出勤を終え、JRA・HPにて結果確認。
日付を越えて、気がつけば10月17日の月曜日。
レースが終わった瞬間の第一声は

「ヴィブロスかぁ~」

…紫苑ステークス組を軽視した私の負け。
と同時に“大魔神”こと佐々木オーナーの強運に敬意を。

福永祐一曰く「思い描いていた競馬」だったそうだが
同じレースをデンコウアンジュに望んだ小市民がいた事を忘れないで欲しい。

…いや、忘れていいです(笑)
しかし、勝ち馬よりデカく見える馬主さんというのも、実に斬新なモノ。
(詳細は各自調査)

重賞化した紫苑ステークスが機能した事を賞賛しつつ
例によって?負け犬の遠吠えを聞いて欲しい次第。

結果だけを見る限り、前にいた馬が潰れていった競馬。
そんな中でも6着に踏んばったクロコスミア。
前走は馬場の恩恵があったにせよ、今回も勝ち馬からコンマ6秒差は健闘したと言える部類。
(というか、前に行った馬が軒並み力量不足だった気が?)

勝ちタイムは1分58秒6。
何らかの“嫌がらせ”を疑るくらいに頑張ってしまう京都の造園課。
今回、メイショウマンボが勝った時と同じカタチに収めたという偶然。
(あ、スマートレイアーが2着だ)

第18回秋華賞(GI)
http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1308040411/

結果だけで見れば、ここでも3着になったカイザーバルに同情。
折り合いに苦慮した四位洋文の姿に“ハードワーク”という文字が浮かび
ヴィブロスの後ろに付けつつ、最後は止まった感じが見えたレッドアヴァンセ。
得意の京都での5着という結果を真摯に受け止め
最内枠というアドバンテージが生かされなかったエンジェルフェイス。
少しだけ意地を見せた桜花賞馬・ジュエラーには胸を打たれた。

単勝1番人気の栄誉に輝いたビッシュ。
馬体の増減以前に、関東圏でしか走らなかったのがマイナスに働いたというオチ。
3歳牝馬に小さなハードルが残されていた事実に同情しつつ
この結果を糧に、これからも頑張って欲しいという結論。

フローラステークス2着は伊達じゃなかったパールコードに泣かされた2016年の秋華賞。
本命視したデンコウアンジュの大物喰いは失敗に終わった様子。

…スタートで後手を踏み、グッと堪えてしまったのが裏目に回った気も。
まぁ、パーシーズベストに先着されてるのだから、裏目も何もないという話ですね orz

追伸・ジェンティルドンナの2着に泣いたヴィルシーナ…鞍上は内田博幸…特に意味は無い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【週末重賞予想・他力本願】... | トップ | 皐月賞馬VSダービー2着馬... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。