他力本願!(週末は重賞予想・他力本願)

プロレス・中央競馬・与太話のオンパレード
ただいま3年経過。
競馬もプロレスも不滅です…たぶん。

宮島咲良…お前、ガチだったんかい!(日曜もアメトーーク!スーパー戦隊大好き芸人)

2017-07-13 02:24:15 | 与太話

スーパー戦隊大好き芸人、『アメトーーク!』初登場
http://www.oricon.co.jp/news/2093984/full/

>テレビ朝日系『日曜もアメトーーク!』で
>30日(後6:57~7:58)、「スーパー戦隊大好き芸人」が放送される。
>ゴレンジャーからキュウレンジャーまで、40年以上続く歴史を一挙紹介。
>スタジオには歴代のスーパー戦隊をこよなく愛する
>メイプル超合金・カズレーザー、トレンディエンジェル・たかし
>土田晃之、ドランクドラゴン・塚地武雅らが登場し
>あふれんばかりの愛と知識を披露する。
>“戦隊好き”で知られる元九州朝日放送アナウンサーの宮島咲良
>乃木坂46の井上小百合も登場。女性ならではの視点からスーパー戦隊の魅力を語る。

最早、自局の宣伝番組になった気がする「日曜もアメトーーク!」
連続で仮面ライダーシリーズは不味いと判断されたのかは…邪推と言うしかないけれど
まぁ、東映関連でのネタを転がすとすれば、この路線を持ち上げるしかないという判断。

“取って付けたかのように”元・U-turn 土田を追加してるのは
番組的に“過剰包装”…なぁ、イニエスタ。

メンバーに宮島咲良の名があったのが個人的なサプライズ。
BS11競馬中継で垣間見せる戦隊ネタ。
あの瞬間、MCの東幹久を困惑させる感じが放送事故寸前に見えたのはココだけの話。

一時期“地獄”を見せられたBS11競馬中継。
前任者の徳光&俺たちTIMが姿を消し、女性色を全面に押し出した2017年。

…バレット藤原の所業は忘れよう。
高見侑里と高田秋の件も深くツッコむのをやめてみよう。

…無料のBS番組という緩さが許されるBS11競馬中継。
そんな緩さの中でも、初見で観た宮島咲良の第一印象は不味かった。
(個人的に)

…戦隊モノと言えば「侍戦隊シンケンジャー」しか印象に残ってない自分。
多少の空気感が読めていても、あの時の戦隊ネタ1本で挑む姿が
単なる“一夜漬け”にしか見えなかった。

…いや、ここにエントリーされてる地点で“ガチ”だったんだと気づかされ
あの日、あの時、キミを毛嫌いしてしまったことを軽く反省した次第。

…でも「最終戦隊リベンジャー」のテンションには、多少の気配りが欲しいけどw

まさかの九州朝日放送アナウンサーだった経歴。
その経歴にビビった上にたじろいだのはナイショだが
ある意味、大きな晴れ舞台になる「アメトーーク!」で変な空気を呼び込まないで欲しい。

女性ならではの“異様なテンション”は許すから。
…面白くしてくれればいいから。
(微妙にムチャ振りしつつ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “馳浩 復帰”で検索!(小池... | トップ | 【週末重賞予想・他力本願】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

与太話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。