他力本願!(週末は重賞予想・他力本願)

プロレス・中央競馬・与太話のオンパレード
ただいま3年経過。
競馬もプロレスも不滅です…たぶん。

無敗の桜花賞馬(ソウルスターリングに挑むであろう17頭と私的呟き)

2017-04-06 02:12:02 | 与太話

“無敗”という響きは地味に美しい。
そうなってしまう理由。それはひとつしかない。

…多くの人々は負けたくないのに負けてしまうから。

…自分の考えたアイディアや間違いの無い行動。
それに基づき、それに沿っていけば問題が無いのに
いわゆるひとつの“空気を読む”動きに負けてしまう浮気な僕ら。

…まぁ、そういった世界だけじゃないんだけど。

ファンディーナが皐月賞に向かう事により
1強ムードが漂ってしまった2017年の桜花賞。
新聞各紙的には2強対決にしたい雰囲気もアリアリなのだが

…アドマイヤミヤビを何かに重ね合わせるのは危険な気がする。
なぁ、ヴィルシーナ。

チューリップ賞で綻びが出たなら、強引なギャンブルに出たと思う。
去年のメジャーエンブレムに対するかのように。
そんな気持ちすら失せてしまいそうな結果。

第24回チューリップ賞(GIII)
https://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1709010311/

リスグラシューを退けた競馬。
ミスパンテールが2着に飛び込んだ競馬。
カワキタエンカが5着だったチューリップ賞。

現状、阪神のマイル戦になる限り
ソウルスターリングが優位に立つのは間違いない。

そうなった場合、2着争いが少々分からなくなる。
…サロニカですらチャンスがありそうに感じるくらい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新日本VS WAR(Gスピリ... | トップ | 2017年の桜花賞・枠順確... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

与太話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。