tarebon就活ポインター☆キャリアと人生の問題解決に役立ててね☆

キャリアと人生の問題解決にこのブログをお役立てください!

祝日の入った6月~90年代の会社制度を眺めてみよう~2017.6.17

2017-06-17 21:25:54 | 日記
就職・アルバイト ブログランキングへ

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へにほんブログ村


■祝日のない6月■

就活生のみなさんは土日も面接だらけですから
ハードな毎日を送っていることと思います。

そして
一般的には土日がお休みの会社で

今月は祝日が無いので
一週間フル出勤がちょっとキツイ6月です。



6月の「祝日」エピソードをどうぞ。


・・・・・休憩スポットはこちらへ・・・・・・・・

管理人tarebonはアメブロもやってますので、就活の息抜きでよろしければ、そちらもぜひご参照ください。(不定期更新)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



★★★2017年の定期更新お知らせ★★★

6月も
原則週1回(土)+増刊で予定です。

◆就活スタート◆


★★★☆☆☆☆★★☆☆


■土日休みが変則的だったころ■


当ブログ管理人が新卒入社(1991年)した会社には
「平日に祝日が入る週の土曜日は出勤とする」
という規定がありました。

(この頃はまだ、平日にぽつんと祝日が入るころだった)

→→→

一部の祝日が土日にあわせて月曜日に移動するようになるのは
平成10年(2000年)からです。


「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」(平成10年法律第141号)
※※※※※※※※※※※※

公務員や中規模以上の企業を中心に週休2日制が浸透したため、月曜日を国民の祝日とする事によって土曜日・日曜日と合わせた3連休とし、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定された。

※※※※※※※※※※※※
wikipediaから



当時も今も6月は祝日が存在しないので
土日のお休みに変化はありませんでした。



■1993年6月の出来事■


入社3年目の1993年

祝日が存在しないはずの6月で
この規定が適用されることが決まりました。


1993年6月の出来事
※※※※※※※※※※※※

皇太子徳仁(なるひと)親王殿下(33)と小和田雅子さま(29)の「結婚の儀」が九日午前十時すぎから皇居・宮中三殿の賢所(かしこどころ)で、国の行事(天皇の国事行為)として行われた。

※※※※※※※※※※※※
中日新聞1993.6.9夕刊



1993年6月9日(水曜日)が特別に国民の祝日となり

その週末の土曜日にあたる6月12日が
出勤日に振り替えられました。



■完全週休2日の会社に■

今の就活生や社会人にとって
当たり前のイメージがある完全週休2日制度というのは
この頃まだ民間企業では一般的ではなかった記憶があります。


※※※※※※※※※※※※

『国家公務員が先行した「完全週休2日制」』

1992年5月1日、国家公務員の完全週休2日制が始まった。官から民へ休日増の波及を狙って民間に先行した。当時、完全週休2日制を導入していた民間企業は全体の1割強。

※※※※※※※※※※※※
日経Bizアカデミー ことばアップデート2012.9.12から


当ブログ管理人の就職した会社で
「平日に祝日が入る週の土曜日は出勤とする」
という規定が削除されたのは数年後のことでした。



平成が始まって来年で30年。

日本の企業で完全週休2日が定着するまでの歴史を
平成の時代と重ね合わせると、なんだか感慨深いものだねー。



~~~
平成生まれの就活生の皆さん。
就活応援してます。



~~

梅雨入りしたけど暑い日々に

またね
2017.6.17



★★★2017年の定期更新お知らせ★★★

6月も
原則週1回(土)+増刊で予定です。

◆就活スタート◆

★★★☆☆☆☆★★☆☆



就職・アルバイト ブログランキングへ

にほんブログ村 就職バイトブログ 大学新卒の就職・就職活動へにほんブログ村
ジャンル:
就職活動
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 面接官がクールビズでも~就... | トップ | TOEIC受験の前日に~仕事の英... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。