♭出かけよう!ふらっとシャープに#

★気ままに・・・いろいろなメモメモ(^^♪

★3dayチケットだと、歩いてる歩いてる15000歩も。。。。

2016-12-02 21:56:44 | ふらっとおでかけ


今まで、春と秋の気持ちいいシーズンは3dayチケットでふらっとお出かけ出来た。
3dayチケットなら「期間中、お好きな3日間乗り放題」!
何処がって?(*^。^*)
関西の私鉄や市営交通の電車・バスが。。。
3日間5200円だから、「一日あたり1750円」だ。
とってもお得で使い勝手のいい、有難~いチケットが。。。。

販売期間:10月28日(金)~12月11日(日)
利用期間:10月28日(金)~12月25日(日)
「スルッとKANSAI3dayチケット(季節限定版)」

この秋で終了することになった。(>_<)

チケット終了思い出乗り納めで、11/29晩秋の京都街歩きへ。
南海電車で難波へ。
難波から地下鉄で梅田。阪急電車で梅田から嵐山へ。
嵐山の渡月橋を渡り、嵐電嵐山から鹿王院へ。鹿王院の紅葉を鑑賞。
嵐電鹿王院から広隆寺へ。
広隆寺前では車も人も嵐電も同じ道路を走る。
電車撮影をして大映通り商店街で「京うどん」でお昼。

大映通り商店街を「帷子の辻」駅まで歩いて嵐電に乗り、御室仁和寺に向かった。

仁和寺の紅葉を楽しみ、市バスで「円町」へ。
市バスを乗り換え「河原町丸太町」で降り、寺町通りを歩く。
寺町通二条上る「百春」さんカフェで小休憩。


寺町商店街を冷やかしながら京阪三条まで歩いた。
古本屋さんもあり、見ながら歩くのも楽しい。
京阪三条から淀屋橋へ。淀屋橋から御堂筋イルミネーションを少し見て地下鉄で難波まで。
難波から南海電車で帰路についた。

南海電車、阪急電車、京阪電車、嵐電、地下鉄、市バス、こんなにも乗って1750円。
そして15000歩、軽~く歩けた。(^^)/

すごか!「スルッとKANSAI3dayチケット(季節限定版)」!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★晩秋の仁和寺。。。

2016-11-30 22:42:46 | ふらっとおでかけ

紅葉を歩く:仁和寺


11月29日(火)、嵐山の紅葉をと思い立ち阪急電車に乗り嵐山へ。
平日というのにあまりにの人出にびっくり。
もう、渡月橋を渡るだけでも人、人、人の波にのまれそうになる。
そこで、
「スルっとKANSAI3dayチケット」の強みで、気軽に嵐電に乗り御室仁和寺まで足を延ばした。
こちらは、ほどほどの混み具合。
紅葉はすでに盛りを過ぎたようだったが、晩秋のしっとりと落ち着いた雰囲気でいい感じだ。

紅葉のいい頃は、きっと大勢で賑わったことだろう。

何度か訪ねている仁和寺。
今回は初めてお庭を拝観させてもらった。
宸殿では、白川砂を敷き詰めた南庭。
五重塔を遠くに置く池を拝した北庭。
白書院、黒書院、霊明殿と美しいお庭や襖絵をたっぷりと堪能。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★雨の日曜日♪

2016-11-27 16:59:55 | 日記


朝、雨戸を開けるとまだ薄暗い。
静かに雨が降っていた。
やれやれ、今日は雨の日曜日となりぬ、かな?

朝食を済ませ、何するでなく庭木の雨露が落ちるをぼんやり眺めて過ぎる。
山茶花は、雨露をためて今か今かと開く時を待っている。
今年の山茶花は咲き始めるの遅かったように思う。
普段なら、11月の初めには外回りの垣根が赤い花で濃い緑の葉を市松模様のように彩っていた。

夕方も晴れた日に比べ薄暗くなるのが一段と早い。
なにするでなく雨の日曜日はあっという間に過ぎる。

~~~

山茶花は日本原産の花。
学名も英名もsasanqua : サザンカというらしい。
へぇ~
椿は花ひとつポタリと落ちるが、
山茶花は花びら一枚づつひらひらと散る。
垣根の花びら掃除に忙しくなる季節がやってきた。(^-^;




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★あの「栗きんとん」が、このゆかしき里にも。。。

2016-11-24 15:04:52 | こんなお土産


女城主の町、ゆかしき里「いわむら」の町で見つけた「栗きんとん」。
日本一といわれる「農村風景」、織田信長の叔母「おつや」が女城主を務めた日本の三大山城のひとつ岩村城跡、重要伝統的建造物群保存地区の町屋も懐かしい、「ゆかしき里」と言われるのがわかる岩村の町は、合併して岐阜県恵那市にある。



いの一番に思い出す秋の和菓子といえば、中津川の「栗きんとん」。
栗が大好きで、買い求めに栗きんとん発祥の地といわれている中津川市まで旅したこともあった。
岩村町から帰るときに中津川市の「すや」さんや「川上屋」さんの前を通り懐かしく思い出した。

岩村城下町の「松浦軒」では、江戸時代に長崎伝来のカステラ製法を七代210余年守り続けて作っておられるカステラが有名だそうだ。
その「松浦軒」で生栗を蒸し取り出した栗の実だけを丁寧に丁寧に手作業で茶巾絞りした「栗きんとん」を見つけ、カステラと一緒に今回の旅土産にした。

どちらも顔がニッコリしてしまうほど美味しかった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★秘境駅に賑わいの秋♪

2016-11-21 23:05:57 | 鉄道のある風景

飯田線:田本駅


先日11月18日に臨時急行列車「飯田線秘境駅号」に乗ってきた。

JR飯田線沿線には秘境駅だといわれている
小和田駅、中井侍駅、為栗駅、田本駅、千代駅、金野駅の6駅がある。
秘境駅号は、豊橋駅から5時間ほどかけて全6か所の秘境駅に停車時間をもうけて飯田駅に到着する。
春と秋の数日の運行のようで、一日で秘境駅6駅の風情を楽しめるとあって大人気のようだ。
もちろん、11月18日の秘境駅号もほぼ満席だった。
ふだん乗降するお客もほとんどないだろう秘境駅。
運行される数日間に、秘境駅にもかつてあっただろう乗降客の賑わいを想像できるのかも知れない。

豊橋駅9:50発
~~
◆小和田駅12:21~12:41発
静岡県、愛知県、長野県の3県の県境駅になっている。
ホームには看板があった。
◆中井侍駅12:46~12:56発
切り立った斜面にあるホームの傾斜地には茶畑が広がっていた。
◆為栗駅14:00~14:13発
平岡ダムの完成で周辺の集落が水没し、周りに人家がなくなったとのこと。
◆田本駅14:25~14:38発
駅の前後がトンネルに挟まれている。駅の背後はすごいコンクリート壁だ。
◆金野駅14:51~14:55発
金野駅の駅名看板にさわると金運がよくなると言われているようだ。
◆千代駅14:58~15:02発
天竜川の砂利を採取して積み込みが行われていたようだ。
~~
飯田駅15:28着




お天気に味方された秋日和に秘境駅を散策できたことはとてもよかった。
JR東海のスタッフの方の随所で
「記念撮影しましょうか」との声掛けがあり、
絶景ポイントへの案内があり、
安全の見守りや見所地点への誘導と、至れり尽くせりの対応にびっくり。
おかげで初めての乗車だが秘境駅号を堪能できた。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加