♭出かけよう!ふらっとシャープに#

★気ままに・・・いろいろなメモメモ(^^♪

☆カエルでGO!

2016-07-25 13:31:24 | 幼馴染五人組

カエルが七匹


先日来、目が痛くて開けられなくなり金曜日に眼科へGO。
睫毛が刺さっていたようで、取り除いていただいた。
今日の午後に視力がかなり落ちていたので再検査になっている。

朝、母親といつものお地蔵様の田んぼでおたまじゃくしがカエルになっているのを発見。
数えてみればカエルが7匹。
これはラッキーセブンで、午後からの眼科検査も無事カエレる予感!!
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

☆北前船の歴史街道、岩瀬をぶらりと。。。

2016-07-20 21:21:48 | ふらっとおでかけ

北前船廻船問屋「森家」の前で


日本海で活躍した北前船、「北前船廻船問屋」森家、馬場家、米田家、佐藤家などの多くの廻船問屋群のある宿場町「岩瀬」の街並み。
JR富山駅インフォメーションで「岩瀬まち歩きまっぷ」をいただいて「富山ライトレール」に乗った。

岩瀬まち歩きには「岩瀬まち歩きマップ」を見ると、富山ライトレールの「東岩瀬駅」で降りて「岩瀬浜駅」のほうへ歩いていくのがよさそうだ。
東岩瀬駅は、富山ライトレールの新しい駅とJR西日本時代富山港線の旧駅舎も残っている。
東岩瀬駅を降りたのは、我々だけだった。
岩瀬小学校の横にある忠霊塔前から岩瀬大町新川通り(北国街道)を歩き始めたが、人通りはない。
町屋や廻船問屋群の江戸、明治時代にタイムスリップしたような古い町並み。
りっぱな町屋や酒造店、料亭と北前船の交易で得た富を感じる街並みだ。

その一角の「森家」を見学した。
森家は明治11年に建てられ、母屋、道具蔵、米蔵、肥料蔵の80坪ほどの広さ。
母屋の「オイ」には囲炉裏が切られ、吹き抜けの梁は見ただけでもすごい。
ここ母屋に北前船の置物が置かれていた。
朝10時頃から歩き始めたのだが、日差しが強く歩くにはすでに暑すぎた。
お宅拝見しながらも、しばらく森家の縁側で休憩させてもらった。
中庭からの風に風鈴の音色が心地よく涼やかにほっと一息。





あっちにぶらり、こっちにぶらりと街歩きしながら料亭「松月」を通り岩瀬運河を横切り「岩瀬浜駅」まで。
富山ライトレールに乗って、JR富山駅まで戻った。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

☆富山で休もう♪

2016-07-18 22:33:54 | 鉄道のある風景
富山地方鉄道:越中荏原駅にて


富山と聞いて真っ先に浮かぶ観光地は「立山連峰」と「宇奈月温泉」。
その立山や宇奈月温泉と富山市街地「電鉄富山駅」を結ぶ鉄道線と富山市街地中心部で運行している路面電車も走らせている魅力いっぱいの富山地方鉄道。
その富山地方鉄道に加えて、富山港線を路面電車化した「富山ライトレール」がある。
こちらのライトレールは、電車も駅舎もおしゃれだ。

で。。。
おとなびパスを利用して「富山で休もう」のポスターにもなった「富山地方鉄道」と「富山ライトレール」を「乗り鉄」&富山湾のきときとお魚を味わう♪を一緒に楽しむ旅へ。



7月5日、新大阪駅からサンダーバードで金沢まで。
金沢からあの北陸新幹線で富山へ。
今まで通りにサンダーバード一本で富山へ行けるほうが有り難いのだが、北陸新幹線に乗るのも初めてなので今回は良しとする。(*^。^*)
びっくりなのは、並行在来線の金沢から富山までは「あいの風とやま鉄道」という名の第三セクター運営になっていた。

武生で途中下車していたので北陸新幹線で富山駅に着いたのは午後3時を回っていた。
さっそく富山地鉄の「寺田駅」まで乗り、撮り鉄に忙しいエブリさんを横目に私はのんびりと駅舎風景を楽しんだ。
電鉄富山駅までもどり市電環状線で富山城前まで。



富山梅かま・バイガイ・ゲンゲなどなど


ホテルに荷物を置いたあと、富山城の外堀が「曲輪(くるわ)」と呼ばれていたことから「総曲輪(そうがわ)」と名が付いた繁華街へ出かけた。
総曲輪の一角「居酒屋ほそかわ」で富山おすすめ旨いもの&富山地酒をただただ嬉しく食す。

「富山で休もう」で、ニッコリ。(^^♪




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

☆誰かにそうしてもらったように。。。

2016-07-16 20:03:17 | 日記



歌:デュークエイセス 作詞:永六輔


生きているということは 
 誰かに借りを作ること
生きていくということは 
 その借りを返していくこと
誰かに借りたら 誰かに返そう
 
 誰かにそうしてもらったように
だれかにそうしてあげよう


と、先日亡くなられた永六輔さんの詩がいつもの地蔵堂の壁に貼られている。
母親とお参りするたびに、読ませていただいている。

誰かにそうしてもらったように
 だれかにそうしてあげよう!!


の箇所が心に響く。
母親に賛同を求めると、「そうね...」とツレナイ。。。が。
もう5分もすれば、お参りしたことは忘れてしまっているだろう。。。

♪♪
生きていくということは 
誰かと手をつなぐこと
つないだ手のぬくもりを 
忘れないでいること
めぐり逢い 愛しあい 
やがて別れの日
そのときに悔やまないように
今日を明日を生きよう

人は一人では生きてゆけない
誰も一人では歩いてゆけない

♪♪

とデュークエイセスの歌はつづいている。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

☆毎日でも食べたい!おろし蕎麦♪

2016-07-14 17:02:43 | 蕎麦、うどん、食べまい!

越前おろし蕎麦:御清水庵(JR武生駅前)


昨年の7月9日に「おとなびパス」で福井県武生へ行った折に立ち寄った「御清水庵のおろし蕎麦」。
                            

今年も富山へ行くなら、あの越前武生の「おろし蕎麦」を食べたい~!と、エブリさんに要望。
美味しいを忘れられない「おろし蕎麦」!
なにせ、辛味大根おろしの辛味具合がちょうどいい。
たいていのお店では蕎麦の上に大根おろしが乗せられていることが多い。
ここ御清水庵では、お店の方が蕎麦つゆと辛味大根おろしをいい塩梅に混ぜてくれている。

肝心のお蕎麦ものど越し食感、お味がいいことはもちろんである。
その上に、ほっかほっかの一粒の「キビ団子」が付いてくる。
黄な粉の香りが立ちあがる。
いい雰囲気。

二度目の来訪だが、前回と同じく辛味おろしそば出しも蕎麦湯も一滴も残さずに飲み干した。
近ければ毎日でも食べたい♪辛味おろし蕎麦!!

美味しかった(^^♪~ごちそうさま。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加