ぎんぐの紅茶

紅茶初心者の奮闘記

福箱

2015年03月21日 | お茶色の日々
正月の福袋の話です。

---------

寒くなってきたし、温かいものは飲みたいけど、できる限り省エネで入れたい。

なので、余っていたデイリークラブ(ティーバッグで入れるのが楽)ばかり飲んでいたら無くなってしまった。

そこで、家に大量にあったもらい物の緑茶を入れていたら、それも無くなってきた。
ちなみに緑茶は、紅茶と同じポット(急須ではない)で茶葉3g、お湯150ccで入れていた。
紅茶と同じ入れ方だけど、蒸らし時間だけは数十秒と短くし、これで何煎も出していた。
緑茶の入れ方としては間違っていそうだけど、ちゃんとした入れ方を調べるのも面倒だった。

こんな入れ方だけど、私には普通においしい気がした。
緑茶にも味が出やすかったり、香りを楽しんだり、いろいろなタイプがあるんだなと思った。

正月休みに「お茶がなくなってきた、困ったな」とぼーっと思っていたら、ふと「小梅茶荘の福箱」を思い出した。
すごく評判が良かった記憶がある。

小梅茶荘の営業時間を調べ、行ってみることにした。
なかったら、デパートで適当にお茶を買って帰ろう。

ありました。
よかった。



開けてみると、中国茶がいっぱい。
写真はお茶の一部しか見えていない。



この福箱の素敵なところは、1人分(5g)で分けられているものが多いこと。
そして、5gをベースにした入れ方の紙がついていること。
お茶は飲みたいけど、調べたり考えたりする気力のない私には、本当に便利だった。
ちなみに、私の入れ方はこれ(↓)。いい加減だけど、私にはおいしいお茶と思えた。

1.袋から茶葉を出し、コーヒーサーバーに全部放り込む。
2.沸騰したお湯を1人分(150cc)の目盛りまで注いで10秒蒸らしたお湯をカップに入れる。
3.お湯をコーヒーサーバーに入れて適当に(数十秒)蒸らす。
4.カップのお湯を捨て、3を入れる。
5.3を繰り返して何杯も飲む。

なお、福箱に入っていたお茶は以下のとおり。

■武夷岩茶
・金観音・奇蘭・黄観音・小紅ほう・清香大紅ほう・水仙
・金鳳凰・清香肉桂・紫紅ほう・白瑞香・丹桂・石乳・矮脚
・爽香肉桂・清香水仙

■台湾青茶
・凍頂冬茶・凍頂春茶・金萱茶・凍頂焙煎茶・貴妃茶
・凍頂烏龍茶(種類も書いてあるのだけど変換できない)

■紅茶
・鳳凰・雲南高山紅茶・桐木正山小種
(この他に変換できない紅茶が2つ。うち1つが生紅茶)

■プーアール熟茶
・2006熟茶王・2007熟餅茶・2011歴程
・2011古茶典範

■プーアール生茶
・2010圓融・2011千家封・2011頂級易昌号
・2012布朗明前春茶

■緑茶
(変換できない。雲南の緑茶)

■水出し茶ティーバッグ
・凍頂烏龍茶・奇蘭・金観音・まかない茶・鳳慶




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘却

2015年01月18日 | お茶色の日々
こんなことがあったので、ずっとアイスコーヒーのみを作って飲んで、自分に気合い(というか刺激?)を入れて毎日しのいでいた。

11月の朝、突然「温かいものが飲みたい」と思った。
アイスコーヒーではさすがに寒かった。

コーヒーは少し飽きていたので、飲めるレベル(私の「飲めないレベルのお茶」とは、においの強すぎる紅茶)のお茶を探したところ、日東紅茶のデイリークラブとアールグレイが出てきた。

ティーバッグで手軽なデイリークラブを選び、お湯を沸かした。

次にティーバッグを手にし、立ちすくんだ。
どうやって紅茶を入れるんだっけ。
以前なら考えずにやっていたのに、何も思い出せない。
朝ということもあり、そろそろ時間がなくなってきた。

慌ててデイリークラブの箱を見て、入れ方を確認した。
お湯(150~160ml)をカップに入れ、ティーバッグを入れ、1分蒸らす。
こんな簡単なことも思い出せなくなっていたのか。

ティーバッグを止めるホチキスで手を切りそうになりながら、ティーバッグを取り出した。
ティーバッグを上下逆さにして、袋を指で軽くはじいてぺたんこの袋に茶葉を広げるゆとりを持たせる。
これは覚えていた。

お湯をカップに入れた後、ティーバッグを滑り込ませる。
カップを温めるのを忘れていた。

蒸らしている間、ソーサーでカップにふたをした。
これはすぐに思い出せなかった。

ようやく紅茶が飲めた。
味はいいのか悪いのか分からない。
普通の紅茶のような気がする。
だけど、温かい温度が、こんなにほっとするものとは思わなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お茶のない日々

2015年01月03日 | お茶のある風景(読み物)
昨年の夏、身内を突然亡くした。

息が苦しくなるような暑さの中、あちこちを回る日々。
身体を冷やしたくて、事務処理と事務処理の間に少しでもインターバルを置きたくて、冷たいものが欲しかった。

だけど、喫茶店に入る時間もなく、そんな気になれない。
アイスティーを作る気になれず、缶の紅茶やコーヒーも買う気になれず、どうにか作っていたのが以下の水出しコーヒーだった。

1.粉に引いたコーヒー(私は、フレンチローストを使用)35gを、麦茶用の大きなフィルターパックに入れる。

2.ポットに1を入れ、水(ミネラルウォーターではなく、浄水器の水)300ccを入れる。

3.一晩冷やす。

4.氷を入れた携帯マグに3を入れ、外で飲む。

作り方の出典はここ
私の環境(と言っても、普通の冷蔵庫と水だけど)では、不思議と非常に冷たいコーヒーができた。

今夏は、このアイスコーヒーのポットが冷蔵庫に何本も立ち、冷凍庫はコーヒー豆が占領していた。
思い返すと、異様に思える。

焼けるように暑い中、コーヒーを流し込むと、青い空が目に入った。
空なんて見たくなかったけど、コーヒーを飲むと目に入るから仕方ない。

-------
そんなわけで昨年はブログの更新ができなかったのですが、今年は、少しはブログの更新ができればと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
(※この記事は、コメントをオフにしています)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューヨークラウンジ(東京・港区)

2014年02月08日 | 喫茶店へ行こう!
食べ物で、これだけお腹がいっぱいになったアフタヌーンティーは初めてかも…。

友人と竹芝のインターコンチネンタル東京ベイのアフタヌーンティーに行ってきた。
目当ては、「ニューヨークラウンジ」のアフタヌーンティー。
季節柄「選べる特典付き St.Valentineアフタヌーンティー」(2014年2月28日まで)をやっている。

ここは、ネット上から予約ができる。
予約の際に特典として、以下の3つを選択できる。
私は「プティガトーワゴン」を選んだ。

【特典】
・ビオスパークリングワイン
・プティガトーワゴン
・ブルガリアメニティ

ちなみに、アフタヌーンティーのメニューは以下のとおり。
【メニュー】
・チョコレートフォンデュ~イチゴ・ハートブレッド・マシュマロ・バナナなど
・スコーン
・プチガトー
・スイーツ
・飲み物(コーヒー、紅茶、中国茶など。自由に飲める)


席に案内されると、まず、飲み物を何にするか聞かれた。
コーヒー、紅茶、中国茶、ハーブティから選べる。
それぞれの種類数は他のアフタヌーンティーと比べて多い方ではない(個人的には全く気にならない)。

紅茶はクラシックティーとフレーバー物から選べる。
クラシックティーのラインナップは「ダージリン・セカンドフラッシュ・プレミアム」「ダージリン・セカンドフラッシュ」「アッサム・カルカッタオークション」だった。
「アッサム・カルカッタオークション」やフレーバー物のメニュー名(シャンパーニュ・ロゼとかウメ・ヴェール)からすると、ここの紅茶はルピシアのもの。

私は「ダージリン・セカンドフラッシュ・プレミアム」を選んだ。


普通に美味しかった。
個人的には、もう少し濃く入っている方が好みかな。
それにしても、人に入れて貰う紅茶はいいなあ。

さて、バレンタインメニューの目玉、「チョコレートフォンデュ」が出てきた。



真ん中のチョコの入った器が、温め器(とでも言うのだろうか)のような物に入っており、ずっと温められている。
なので、いつお菓子をくぐらせても、チョコが柔らかい。
このチョコレートフォンデュ、1時間くらいテーブルで温められていたけど、最後の方はさすがに固まり気味だった。

チョコ自体は苦めで大人の味。
付け合わせは、マシュマロとラディッシュ、プレッツェルのようなスナック、薄いトーストのようなものだった。

全体的に量は軽めで、少し足りないなー、ホットチョコレート(これもアフタヌーンティーの飲み物メニューにあった)を頼もうかなと迷っていると、スコーンが出てきた。



スコーンはごく普通(3センチくらい)の大きさ。
手前から時計回りに、イチゴ、カラメル、プレーン味。
どれも単品で食べても十分なくらい、味がちゃんとあっておいしかった。
でも、せっかくなので、クロテッドクリーム等を付けて食べた。
写真真ん中のオレンジ色の物体は、「ママレードと練乳を混ぜたもの」なんだけど、私はこれがおいしかった。

でも、友人は「ママレードと練乳を混ぜた物」には殆ど手を付けていなかったので、本当に好みはそれぞれ。

しゃべりながら、スコーンとチョコフォンデュをちまちま食べていると、アフタヌーンティーにつきものの「2段皿のアレ(場所によっては3段皿)」が出てきた。


(私のコートが写りこんでしまってすみません)

しゃべりながらだらだら食べていたため、2段皿が出てきた時点でかなりお腹がいっぱいになっていた。
紅茶をかなり飲んでいたのも、災いしたかも。
このアフタヌーンティーのために、朝食も昼食も軽めにしたのに!

上の皿のチョコアイスのパフェは、見た目ほどには甘くなく、おいしかった。
下のお皿のゼリーもマカロンもおいしかった。
他のお菓子もおいしいけど…もう…お腹がいっぱい…。
甘い物は当分見たくない…。

と、お菓子を1/3程度残してぜいぜいしているところへ、特典として選んだ「プチガトーワゴン」がやってきた。
ワゴンには、マカロン(この時は抹茶味)、クッキー、チーズケーキ等(他にも1~2種類あった)が乗っている。
どれか1つを選ばせるのだろう。

ワゴンを押してきたお姉さんが「どれになさいますか?」とニッコリ微笑んだ。
正直、もう甘い物は入らない。
だけどここで食べなかったら、絶対後悔する!

なので、意地で「マカロンをお願いします」とお姉さんに言った。
お姉さんはマカロンを1つお皿に取り分けると、また微笑みながら「他には何になさいますか」と言った。

…ワゴンから1種類だけお菓子を選ぶのではなく、1回に限りお菓子を取り放題なんだ!
もうお菓子は食べられない。
だけど、そう来るなら、受けてたってやりますともっ(何と戦っているんだ)。

私「では、クッキーを2枚お願いします」
(お姉さんがクッキーを2枚取る)
姉「他には、何になさいますか(ニッコリ)」
私「では、ニューヨークチーズケーキをお願いします」
(お姉さんがケーキを取る)
姉「他には、何になさいますか(ニッコリ)」
私「(ま、負けた…)もう、結構です…」



結局、私が取り分けたお菓子はこれだけ。
ううう、食べるスピードを速くしていたら、もっと沢山食べられたのにー。
友人も「もう食べられないよ」とへたり込みながら、「せっかくだから」と抹茶のケーキとマカロンを頼んでいた。

飲み物については、クラシックティーは全部飲み、「完熟マンゴー烏龍」も飲んだ。
最後は、コーヒーも頼んでしまった。
ここのメニューは、紅茶ではなくコーヒーがトップにきている。
なので、コーヒーの方が売りなのかな?と思い、「プレミアムコーヒー」を頼んでみた。



おいしかった。
個人的には、紅茶よりコーヒーの方がほどよく苦みも味もあって好みだった。

それにしてもお腹がいっぱいになった。
誰かとしゃべりながら、お腹いっぱいでおいしいアフタヌーンティーをしたい人におすすめ。
(接客もきちんとしていました)
その際の特典は、勿論「プチガトーワゴン」で。

-----------
ニューヨークラウンジ
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
〒105-8576 東京都港区海岸1丁目16番2号
TEL:03-5404-2222(代表)

関連記事

紅茶好きが勧める絶対に行っておきたい東京の紅茶専門店7つ
今まで行った喫茶店のレビュー


ランキングに参加してます。
よろしければクリックをお願いします。↓

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

キャラメル(フィーユブルー)

2014年01月14日 | 紅茶屋さんのフレーバードティーの感想
何度か飲んでいるのにレビューがなかったので追加。
先日もティーバッグで飲んだ。

【商品説明】
ロースト香が漂うビターなカラメルを加えた大人のキャラメルティー。

【入れてみた】
ティーバッグ(ピトレ)1つに対しお湯200cc、蒸らし時間2分(メーカー推奨)。

【飲んでみた】
紅茶の味がしっかり出ている。
キャラメルの香りも強く出過ぎず、味を邪魔していない。
紅茶の味を楽しみながら、おまけのようにキャラメルの香りも楽しめるという、いい感じのバランス。

評価は★★★★☆。
(これだけ評価して★が一つ少ないのは、個人的にキャラメルの香りが好きではないため。あまりに私的な理由での★減ですが…)

関連記事

★★★★☆(★4)の紅茶一覧
フィーユ・ブルーの紅茶一覧


ランキングに参加してます。
よろしければクリックをお願いします。↓

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加