行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



NYタイムズ2010/1/24付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 バーナンキ氏の連邦準備制度理事会議長再任を積極的理由からでなく消去法で支持するというクルーグマンの立場を説明する。バーナンキ氏は、金融セクターと緊密な関係で働く多くの人々のように、結局世界を銀行家の目を通して見るようになってしまい、大銀行が救済された今となってはあたかも任務が達成されたかのように振舞っている。そして大量失業に . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ2010/1/17付け。先々週オバマ大統領が発表した銀行への課税提案に対して銀行業界ロビー団体が腕利きの弁護士を雇って最高裁に違憲として訴えることが可能かどうか検討しているという消息を伝える記事。 ●Wall St. Weighs a Challenge to a Proposed Tax Published: January 17, 2010 (Page 2 of 2) T . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ2010/1/17付け。先々週オバマ大統領が発表した銀行への課税提案に対して銀行業界ロビー団体が腕利きの弁護士を雇って最高裁に違憲として訴えることが可能かどうか検討しているという消息を伝える記事。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ2010/1/21付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 上院可決済みのヘルスケア法案を下院はこのまま可決して大統領署名に送り法を成立させよ。その他のオプションはない。法案を細切れにして共和党の気に入るものだけを通すなどとは保険のデス・スパイラルを導くありえない嘲笑すべき選択である。上院法案に欠点があっても何も存在しないよりははるかに良い。以上のクルーグマンが持論が展開され、民主党 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ2010/1/20の社説。内容はほぼP・クルーグマンが日頃指摘しているポイントと同様と思える。 Editorial ●The Massachusetts Election Published: January 20, 2010 If anyone should have seen it coming in Massachusetts, it is President Obam . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ1/19付け、マサチューセッツ州補選の民主党敗北の原因と今後を占うニュース分析。 ●A Year Later, Voters Send a Different Message By ADAM NAGOURNEY Published: January 19, 2010 BOSTON — Special elections come and go. And the p . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ2010/1/17付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 オバマ政権がいろいろなことに手を広げすぎた、もっと経済問題に集中すればよかったと多くの人が事後批判をしている。しかしこれは違う。単に政策を、政治判断を誤ったのだ。 財政刺激政策は小さすぎ、銀行への対処は生ぬるすぎた。またオバマはレーガンのように経済のトラブルを前政権の責任と繰り返し言わなかった。そのため、人々は財政刺激は機能しなかったと考え、政権は金融業界と同じ側として批判し、経済トラブルがブッシュ政権に始まったことをあまりに速く忘れてしまった。政権は次にどうすべきか。仕事創造ではもはや多くのことはできないだろうが、金融改革に全力を挙げ大衆の支持を取り戻すことだ。そしてヘルスケア法案の成立にできることはすべて行うことだ。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ2010/1/18付け。マサチューセッツ州のE・ケネディ上院議員死去に伴う補選で共和党候補が勝利した場合の医療改革法案の行方と民主党の方針についての予測記事。 驚いたことに本当に共和党が勝ってしまって、さてどうなるか。 参考1)米国:マサチューセッツ州上院補選 民主、歴史的敗北 オバマ政権に「無党派の反乱」参考2)米上院マサチューセッツ州補選が医療改革法案の成否左右する理由 ●De . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ2010/1/14付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 金融リフォーム法案のたたき台として金融危機査問委員会が水曜日宣誓証言を開始した。しかし、印象的な証言は「何が起こっているのか知る手掛かりがない」「危機は5~7年で起きるもので驚くにはあたらない、人生そのもの」「予測不能なハリケーンのようなもの。過剰反応すべきでない」というものだった。これは、今後連邦議会と政権が金融システムのリフォームを試みる際には、提供すべき知恵を持ち合わせていないウォールストリートの賢人と思われている人たちからのアドバイスは無視すべきだということを我々に教えてくれる。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ2010/1/13付け、Op-Ed 寄稿者トレイシー・キッダーのハイチに関するオピニオン。 ●Country Without a Net By TRACY KIDDER Published: January 13, 2010 THOSE who know a little of Haiti’s history might have watched the news last . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ