行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



非常に興味深い記事です。 記事中の「23日のテレビ番組」とはTV朝日サンプロでしたね。 ●森・元首相、4島一括路線を修正 プーチン会談で提起 asahi.com.2007年12月23日18時56分  21日にロシアのサンクトペテルブルクでプーチン大統領と会談した森喜朗元首相が、首相当時プーチン氏との間で合意した「イルクーツク声明」に基づいて今後の領土交渉を進めるよう呼びかけていたことが分かった . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10日程前、12/18(火)きょうの世界 NHK BS1の出だし、【パキスタンのタリバン】のタイトルでアルジャジーラの下記のようなニュースの断片を伝えていた。 パキスタンでは軍が武装勢力の掃討作戦を続行中です。 そんな中パキスタン北西部で7つの武装勢力が連合体を作りました。 その名もパキスタンのタリバン。 リーダーはアルジャジーラのインタビュウに答えました。 「米軍がアフガニスタンを空爆したあ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




朝日新聞12/27の「あしたを考える」竹信記者のすばらしい取材です。全文コピーさせていただきました。 テレビでも新聞でもまだまだ、競争入札=安い・効率化=公にとり善=納税者の利益の図式があまりにも単純に語られることが多すぎます。朝日新聞も主流は新自由主義に軸足を置いていて政治・経済面ではあいかわらず“ばらまき”批判、“改革”後戻り批判を繰り返しています。この記事にも紋切り型の三菱総研研究員が登場し . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




12/16日 NHKスペシャル ワーキングプアIII ~解決への道~ この番組を見た人は多いと思います。 私はうっかり頭の部分(非正規社員大国韓国)を見落としたのですが、途中で気付いて録画しながら見ました。 米ジャーナリスト、 バーバラ・エーレンライクさんが自ら低賃金労働に身を投じた体験をつづりベストセラーとなったNickel and Dimed と彼女のコメントがはたとヒザを打つ思いで記憶に残 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




●EU・米ロによる仲介失敗 首相候補 「決断の時」 2007.12.13朝日新聞 世界発2007 国運暫定統治下のセルビア・コソボ自治州。欧州連合(EU)、米国、ロシアが仲介した最終地位をめぐる交渉は、独立を求めるアルバニア系暫定自治政府と自治権拡大にとどめたいセルビアの溝が埋まらず失敗した。内外の対立を引きずったまま旧ユーゴスラビア連邦解体の最終章となる「独立」に向けて動き出しそうだ。バルカ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2007.12.20(木) きょうの世界 NHK BS1 「イランは核兵器の開発を停止している」 アメリカの情報機関がまとめたイランの核開発に関する報告書は、ブッシュ政権が繰り返してきた主張を真っ向から否定するものでした。 これを受けて、イランのアフマディネジャド大統領は「過ちはアメリカ側にあった」と高らかに宣言しました。 一方でブッシュ大統領はイランの脅威は変わらないとして国際的な包囲網のつな . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




アマチュアそれも高校生スポーツにまで蔓延しているアメリカのドーピングの根は深い。 メキシコからの禁止薬物流入のあきれた実態、コントロールの困難なネットを通じての販売、ドーピングはなくならないと言う密売人の告白。 98年にマーク・マグワイア選手がホームランを量産し、70本というシーズン最多記録を打ち立てたとき大リーグは筋肉増強作用のある薬物の使用を禁止しなかった。 確かにマグワイアはドーピングを公言 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最後のスイスの記事が興味深い。 イギリス、アイルランドはEUメンバーであるが、シェンゲン協定には加盟せず。 ノルウェー、アイスランドはEUメンバーではないが、シェンゲン協定に加盟。 スイスだけどちらにも加盟していない。(2008/11以降EU加盟予定) ●自由に国境往来、「旧東欧」でも 欧州協定24カ国に asahi.com.2007年12月21日20時09分  旅券審査なしで欧州の国境を行き . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2007.12.21 NHK BS1 きょうの世界  日本が南極海で行っている調査捕鯨をめぐって、オーストラリア政府が強く反発している問題で、日本政府は今日、ホエールウォッチングの対象としてとりわけ反発が強いザトウクジラを当面捕獲しない方針を表明しました。 今回の措置についてオーストラリアのテレビ局は、「2国間関係への配慮を優先したものだが、オーストラリア政府はあくまで、いかなる捕鯨にも反対し、 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日のニュースです。 オーストラリアのスミス外相は、ザトウクジラだけでなく調査捕鯨そのものをやめるよう求めていくと会見していましたが… ●ザトウクジラ捕獲を1、2年間中止に TBSニュース(21日19:21)  南極海での調査捕鯨をめぐり、町村官房長官は記者会見で、IWC=国際捕鯨委員会の要請を受け入れ、ザトウクジラの捕獲を1、2年の間中止することを明らかにしました。  「(国際捕鯨委員会の)正 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ