行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



2010/7/15付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。
共和党カイル上院議員が質問を受けた。「もし赤字がそんなに心配なら、富裕層向けブッシュ減税を延長することの予算上のコストについてはどうなのか?オバマ政権は期限切れにしたいと望んでいるが、共和党は恒久的にしたいと望んでいる。今後10年で6500億ドルかそれ以上の歳入の損失を何がカバーするのか?」彼の答えは息を呑むようなものだった。「増加した歳出のコストは埋め合わせる必要が本当にある。しかし、アメリカ国民への税率を下げるという慎重な決定のコストは決して埋め合わせる必要がないものだろう」
だから、300億ドルの失業者への援助は負担しきれないものであるが、その20倍の富裕層への減税は勘定に入れられないという。クルーグマンはこれを呪術経済と揶揄する。そして本体は「野獣=政府を飢えさせろ」にあるのではと危惧する。すなわち減税で歳入をカットしてからソーシャル・セキュリティのような歳出削減の難しそうな削減を目指すのではないかと。

Redo That Voodoo

By PAUL KRUGMAN
Published: July 15, 2010

Republicans are feeling good about the midterms — so good that they’ve started saying what they really think. This week the party’s Senate leadership stopped pretending that it cares about deficits, stating explicitly that while we can’t afford to aid the unemployed or prevent mass layoffs of schoolteachers, cost is literally no object when it comes to tax cuts for the affluent.

共和党は中間選挙についてよい感触を持っている。…あまりによいので、彼らは本当に考えていることを言い始めた。
今週、党の上院指導層は財政赤字について心配している振りを止め、我々は失業者を援助したり教師の大量レイオフを止めたりする余裕はないが、富裕層への減税ということになるとコストは文字通り目的ではないとはっきりと語った。

And that’s one reason — there are others — why you should fear the consequences if the G.O.P. actually does as well in November as it hopes.

そしてそれは一つの理由だ。…他にもある…何故、もし共和党が実際に11月に望んでいるようにうまくやったら、その帰結を恐れなければならないかの。

For a while, leading Republicans posed as stern foes of federal red ink. Two weeks ago, in the official G.O.P. response to President Obama’s weekly radio address, Senator Saxby Chambliss devoted his entire time to the evils of government debt, “one of the most dangerous threats confronting America today.” He went on, “At some point we have to say ‘enough is enough.’ ”

しばらくの間、共和党指導層は連邦財政赤字への厳格な反対者のポーズをとってきた。
2週間前、オバマ大統領の毎週のラジオ演説への公式な共和党の反応で、サックスビー・チャンブリス上院議員はすべての持ち時間を政府負債の悪に捧げた。「今日のアメリカが直面する最も危険な脅威の一つ」と。さらにこう続けた。「どこかの段階で、我々は“十分なものは十分だ”と言わなければならない」

But this past Monday Jon Kyl of Arizona, the second-ranking Republican in the Senate, was asked the obvious question: if deficits are so worrisome, what about the budgetary cost of extending the Bush tax cuts for the wealthy, which the Obama administration wants to let expire but Republicans want to make permanent? What should replace $650 billion or more in lost revenue over the next decade?

しかし、今週月曜日、上院共和党第2位のジョン・カイル(アリゾナ)は分かりきった質問を受けた。
:もし赤字がそんなに心配なら、富裕層向けブッシュ減税を延長することの予算上のコストについてはどうなのか?オバマ政権は期限切れにしたいと望んでいるが、共和党は恒久的にしたいと望んでいるが。
今後10年で6500億ドルかそれ以上の歳入の損失を何がカバーするのか?

His answer was breathtaking: “You do need to offset the cost of increased spending. And that’s what Republicans object to. But you should never have to offset the cost of a deliberate decision to reduce tax rates on Americans.” So $30 billion in aid to the unemployed is unaffordable, but 20 times that much in tax cuts for the rich doesn’t count.

彼の答えは息を呑むようなものだった。
:「増加した歳出のコストは埋め合わせる必要が本当にある。そしてそれは共和党が反対していることだ。しかし、アメリカ国民への税率を下げるという慎重な決定のコストは決して埋め合わせる必要がないものだろう」
だから、300億ドルの失業者への援助は負担しきれないものであるが、その20倍の富裕層への減税は勘定に入れられない。

The next day, Mitch McConnell, the Senate minority leader, confirmed that Mr. Kyl was giving the official party line: “There’s no evidence whatsoever that the Bush tax cuts actually diminished revenue. They increased revenue, because of the vibrancy of these tax cuts in the economy. So I think what Senator Kyl was expressing was the view of virtually every Republican on that subject.”

その翌日、上院少数派院内総務ミッチ・マコネルはカイル氏は公式の党の見解を伝えたものであると保証した。
:「ブッシュ減税が実際に歳入を減らしたという証拠はどんなものであれ存在しない。それは経済に活気を与えて歳入を増やした。だから私はカイル上院議員が表現したことは実質上すべての共和党員のこの問題に対する見解だと考える」

Now there are many things one could call the Bush economy, an economy that, even before recession struck, was characterized by sluggish job growth and stagnant family incomes; “vibrant” isn’t one of them. But the real news here is the confirmation that Republicans remain committed to deep voodoo, the claim that cutting taxes actually increases revenues.

今、ブッシュ経済をどう呼ぶかについては多くのものが存在する。それは、リセッションが襲う前でさえも、停滞した雇用増加と停滞した家計収入なで特徴付けられるものであり、;「活気ある」はそのうちの一つではない。
しかし、ここでの本当のニューズは共和党が依然として深いブードゥ呪術=減税は実際は歳入を増加させる=へコミットしていることは確かめられたことだ。

It’s not true, of course. Ronald Reagan said that his tax cuts would reduce deficits, then presided over a near-tripling of federal debt. When Bill Clinton raised taxes on top incomes, conservatives predicted economic disaster; what actually followed was an economic boom and a remarkable swing from budget deficit to surplus. Then the Bush tax cuts came along, helping turn that surplus into a persistent deficit, even before the crash.

もちろん、それは真実ではない。
ロナルド・レーガンは彼の減税は赤字を減らすだろうと言った。当時連邦負債の3倍近くあった。(累積赤字が?それとも減税が赤字の3倍?)
ビル・クリントンが最高収入層の税金を上げた時、保守派は経済的な災害を予言した。;実際に起こったことは経済ブームで、財政赤字から黒字への目覚しい振れだった。
それからブッシュ減税がやってきて黒字は持続する赤字に変った。経済危機の前でさえも。

But we’re talking about voodoo economics here, so perhaps it’s not surprising that belief in the magical powers of tax cuts is a zombie doctrine: no matter how many times you kill it with facts, it just keeps coming back. And despite repeated failure in practice, it is, more than ever, the official view of the G.O.P.

しかし我々はここでブードゥ経済について語っている。だから多分減税の魔法的力を信じることはゾンビ・ドクトリンであるということは驚くに当たらないのだろう。
:何回あなたがそれを事実でもって殺しても蘇り続ける。
実行面での繰り返す失敗にもかかわらず、それは、以前にもまして共和党の公式見解である。

Why should this scare you? On paper, solving America’s long-run fiscal problems is eminently doable: stronger cost control for Medicare plus a moderate rise in taxes would get us most of the way there. And the perception that the deficit is manageable has helped keep U.S. borrowing costs low.

なぜこれがあなたを脅えさせるのか?
理論上は、アメリカの長期財政問題を解決することは大いに実行可能なことである。
:メディケアのより強力なコストコントロールに加えて穏当な増税が殆どそれを可能にしてくれるだろう。
そして財政赤字は管理可能であるという認識がアメリカの借り入れコストを低く保つことを助けてきた。

But if politicians who insist that the way to reduce deficits is to cut taxes, not raise them, start winning elections again, how much faith can anyone have that we’ll do what needs to be done? Yes, we can have a fiscal crisis. But if we do, it won’t be because we’ve spent too much trying to create jobs and help the unemployed. It will be because investors have looked at our politics and concluded, with justification, that we’ve turned into a banana republic.

しかし、もし財政赤字を減らす方法は増税ではなく減税だと言い張る政治家が、再び選挙に勝ち始めたら、我々は行われなければならないことを行うだろうということについてどれだけ信頼が持てるだろうか?
イエス、我々は財政危機に遭遇しうる。
しかし、もしそうなった場合、それは我々が雇用の創造や失業者の救済に多くを費やし過ぎたからではないだろう。それは投資家が我々の政治を見て、我々はバナナ・リパブリックに変貌したと正当化して結論付けたからだろう。

Of course, flirting with crisis is arguably part of the plan. There has always been a sense in which voodoo economics was a cover story for the real doctrine, which was “starve the beast”: slash revenue with tax cuts, then demand spending cuts to close the resulting budget gap. The point is that starve the beast basically amounts to deliberately creating a fiscal crisis, in the belief that the crisis can be used to push through unpopular policies, like dismantling Social Security.

もちろん、危機をもてあそぶのも間違いなくプランの一部だ。
ブードゥ経済が真のドクトリンのカバー・ストーリーだというある種の感覚は常にあった。
それは「野獣を飢えさせろ」だった。
:減税で歳入をカットする。その後に予算ギャップを埋めるために歳出のカットを要求する。
ここでのポイントは「野獣を飢えさせろ」は基本的に、故意に財政危機を作り出すことになるということだ。危機は、たとえばソーシャル・セキュリティを解体することのような不人気な政策を推し進めるのに利用できるという信念でもって。

Anyway, we really should thank Senators Kyl and McConnell for their sudden outbursts of candor. They’ve now made it clear, in case anyone had doubts, that their previous posturing on the deficit was entirely hypocritical. If they really do have the kind of electoral win they’re expecting, they won’t try to reduce the deficit — they’ll try to make it explode by demanding even more budget-busting tax cuts.

いずれにせよ、我々は本当にカイルとマコネル上院議員に突然の率直さのほとばしりを感謝しなければならない。
彼らは今や、万一疑う人がいる場合に備えて、彼らの以前の財政赤字に対する態度は完全に偽善であったことを明らかにした。
もし彼らが本当に期待するような選挙での勝利を得たら、彼らは決して赤字を減らそうとはしないだろう。…更なる予算破壊的な減税を要求することで赤字を爆発させようとするだろう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 役に立たない... 専門家の妄想 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。