行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



NYタイムズ2010/8/1日付、P・クルーグマンのOp-Edコラム。
アメリカを統治しているエリートたちが、高い失業を構造的なものだとして異常状態から正常状態に定義を引き下げて言い訳をしている。
連邦議会の大部分は人口の1%の最富裕層の税金を大変に気にしているが、職を見つけられないアメリカ人の苦難は殆ど気にしていない。Fedも経済低迷の責任は自分にはなく、未来の規制の不確定性がビジネスの活気を阻害しているためだとし、インフレ目標も従来の2%程度ではなく限りなく低く安定させることが目標と言うような人物も出てきた。
時が経つにつれこのような言い訳が自己満足の予言に転化するだろう。長期失業者が彼らのスキルを失い労働者とのつながりを失い雇用不能者になってゆくなかで。

Defining Prosperity Down

By PAUL KRUGMAN
Published: August 1, 2010

I’m starting to have a sick feeling about prospects for American workers — but not, or not entirely, for the reasons you might think.

私はアメリカの労働者の前途に不快な感じを持ち始めている。…しかし、必ずしもあなた方が考えるであろう理由からではない。

Yes, growth is slowing, and the odds are that unemployment will rise, not fall, in the months ahead. That’s bad. But what’s worse is the growing evidence that our governing elite just doesn’t care — that a once-unthinkable level of economic distress is in the process of becoming the new normal.

そう、成長は鈍化していて、この先数ヶ月で失業率は下がるのではなく上がる公算が高い。これは悪いことだ。
しかし、もっと悪いことは、我々を統治しているエリートが全く気にしていないという証拠がますます明らかになっていることだ。…かつて考えられなかったレベルの経済的苦痛が新たな正常状態になろうとしているプロセスにあるということを。

And I worry that those in power, rather than taking responsibility for job creation, will soon declare that high unemployment is “structural,” a permanent part of the economic landscape — and that by condemning large numbers of Americans to long-term joblessness, they’ll turn that excuse into dismal reality.

そして、私は権力の座にある者たちが、雇用創造の責任を取るのではなくむしろ、すぐに高失業率は、経済の風景の中の「構造的」恒久的な部分であると宣言するであろうことを懸念する。…そして、大勢のアメリカ人に長期の失業を宣告することで、彼らがその言い訳を陰惨な現実に化してしまうであろうことを。

Not long ago, anyone predicting that one in six American workers would soon be unemployed or underemployed, and that the average unemployed worker would have been jobless for 35 weeks, would have been dismissed as outlandishly pessimistic — in part because if anything like that happened, policy makers would surely be pulling out all the stops on behalf of job creation.

そう遠くない昔、6人のうちの1人が失業するか不完全雇用になり、平均35週失業状態が続くだろうと予測する者がいたなら誰であっても、奇異に悲観的だとして退けられただろう。…それは一部には、そんなことが起きたら、政策担当者は間違いなく雇用創造のためにあらゆる障害を取り除いただろうからでもある。

But now it has happened, and what do we see?

しかし、今それは起きてしまった。そして我々は何を目撃しているだろうか?

First, we see Congress sitting on its hands, with Republicans and conservative Democrats refusing to spend anything to create jobs, and unwilling even to mitigate the suffering of the jobless.

第1に、我々は連邦議会が手をこまねいているのを見る。共和党と民主党保守派が雇用創造に向けたあらゆる歳出を拒んで、そして失業者の痛みを緩和することさえ嫌がって。

We’re told that we can’t afford to help the unemployed — that we must get budget deficits down immediately or the “bond vigilantes” will send U.S. borrowing costs sky-high. Some of us have tried to point out that those bond vigilantes are, as far as anyone can tell, figments of the deficit hawks’ imagination — far from fleeing U.S. debt, investors have been buying it eagerly, driving interest rates to historic lows. But the fearmongers are unmoved: fighting deficits, they insist, must take priority over everything else — everything else, that is, except tax cuts for the rich, which must be extended, no matter how much red ink they create.

我々は言われている。我々は失業者を助ける余裕がないのだと。…我々は財政赤字をすぐにでも削減しなければならない、そうしないと「債権自警団」がアメリカの借り入れコストをとてつもなく高くするだろうからだと。
我々のうちの幾人かがそのような債権自警団は、おそらく財政赤字タカ派の想像力が生んだ絵空事だと指摘しようとした。…アメリカの負債から逃げ出すどころではなく、投資家はそれを熱心に買い、金利を歴史的な低さに押し下げたという現実から。
しかし、恐怖を声高に広める者たちは動かされなかった。
:彼らは言い張る。財政赤字と戦うことは他の何にも勝る優先事項でなければならないと。…何にも勝るが、富裕層への減税は例外で、それは延長されなければならない。たとえそれがどれほど財政赤字を作り出そうとも。

The point is that a large part of Congress — large enough to block any action on jobs — cares a lot about taxes on the richest 1 percent of the population, but very little about the plight of Americans who can’t find work.

ポイントは連邦議会の大部分…雇用に関するいかなるアクションも阻止するに十分な…は人口の1%の最富裕層の税金を大変に気にしているが、職を見つけられないアメリカ人の苦難は殆ど気にしていないということだ。

Well, if Congress won’t act, what about the Federal Reserve? The Fed, after all, is supposed to pursue two goals: full employment and price stability, usually defined in practice as an inflation rate of about 2 percent. Since unemployment is very high and inflation well below target, you might expect the Fed to be taking aggressive action to boost the economy. But it isn’t.

さて、もし連邦議会が動かないのなら、連邦準備制度についてはどうだ?
Fedは結局2つのゴールを追い求めている。
:完全雇用と物価の安定で、通常はインフレ率がおよそ2%という運用で定義されるものだ。
失業率が大変に高く、インフレ率がターゲットよりかなり低いのであるから、あなたはFedが経済を活性化させるための積極的アクションをとることを期待するだろう。
しかし、そうではない。

It’s true that the Fed has already pushed one pedal to the metal: short-term interest rates, its usual policy tool, are near zero. Still, Ben Bernanke, the Fed chairman, has assured us that he has other options, like holding more mortgage-backed securities and promising to keep short-term rates low. And a large body of research suggests that the Fed could boost the economy by committing to an inflation target higher than 2 percent.

Fedがすでに全力を挙げてペダルを踏んだことは真実だ。
:短期金利、Fedのいつもの政策ツールは、ゼロに近い。
それでも、ベン・バーナンキFed議長は、他のオプションもあると我々を安心させた。住宅ローン担保債権をもっと抱えることとか、短期金利を低く保つことを約束するとか。
そして調査の多くがFedはインフレ・ターゲットを2%以上にすることをコミットすることで経済を活性化できることを示唆している。

But the Fed hasn’t done any of these things. Instead, some officials are defining success down.

しかし、Fedはこれらのどれもしていない。
そのかわり、何人かのofficialsが成功の定義を下げようとしている。

For example, last week Richard Fisher, president of the Federal Reserve Bank of Dallas, argued that the Fed bears no responsibility for the economy’s weakness, which he attributed to business uncertainty about future regulations — a view that’s popular in conservative circles, but completely at odds with all the actual evidence. In effect, he responded to the Fed’s failure to achieve one of its two main goals by taking down the goalpost.

例えば、先週、ダラス連銀頭取リチャード・フィッシャーは、Fedは経済の弱さに対して何の責任もないと主張し、それを将来の規制に対するビジネスの不確定さのせいだとした。…これは保守派サークルでポピュラーな見解であるが、現実の証拠には完全に反するものだ。
事実上、彼はFedの2つの主要ゴールのうちの一つを達成できないことに、ゴールポストを下ろすことで答えたのだ。

He then moved the other goalpost, defining the Fed’s aim not as roughly 2 percent inflation, but rather as that of “keeping inflation extremely low and stable.”

その後、彼はもう一つのゴールに移り、Fedの狙いはおよそ2%のインフレではなく、「インフレを極端に低く安定させること」にあると定義した。

In short, it’s all good. And I predict — having seen this movie before, in Japan — that if and when prices start falling, when below-target inflation becomes deflation, some Fed officials will explain that that’s O.K., too.

早い話が、Fedはすべて正しいというわけだ。
そして私は予言する。…日本で、この映画を以前に見たから…もし物価が下がり始めたら、ターゲット以下のインフレがデフレになるとき、何人かのFedのofficialsはまた、それはOKだと説明するだろうと。

What lies down this path? Here’s what I consider all too likely: Two years from now unemployment will still be extremely high, quite possibly higher than it is now. But instead of taking responsibility for fixing the situation, politicians and Fed officials alike will declare that high unemployment is structural, beyond their control. And as I said, over time these excuses may turn into a self-fulfilling prophecy, as the long-term unemployed lose their skills and their connections with the work force, and become unemployable.

この道の先には何が待っているか?
以下が私が残念なほどにありそうだと考えるものである。
:今から2年後、失業率は依然として極めて高く、かなりの確率で現在より高いだろう。
しかし、状況を修復する責任を取ることなく、政治家もFedの役人も同じように、高失業率は構造的なもので彼らのコントロール外にあると宣言するだろう。
そして私が述べたように、時が経つにつれこのような言い訳が自己満足の予言に転化するだろう。長期失業者が彼らのスキルを失い労働者とのつながりを失い雇用不能者になってゆくなかで。

I’d like to imagine that public outrage will prevent this outcome. But while Americans are indeed angry, their anger is unfocused. And so I worry that our governing elite, which just isn’t all that into the unemployed, will allow the jobs slump to go on and on and on.

公衆の激怒がこのような結果になることを防ぐということを想像したいと思う。
しかし、アメリカ人が実際に怒っていても、彼らの怒りは焦点が合っていない。
だから私は失業者にそれほど関心を持っていない我々の統治エリートが、雇用の不振をいつまでもそのままにし続けることを許容してしまうだろうことを恐れる。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ブッシュ中毒 アメリカは今... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。