行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



NYタイムズ2010/8/15付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。
アメリカでも年金支給年齢が引き上げられようとしている。アメリカが日本よりやっかいなのはイデオロギー的に大きな政府の象徴であるソーシャル・セキュリティを憎んでいる
保守派の存在だ。その成功は政府は常に問題で決して解決ではないという彼らの主張を根底から覆すからだ。ソーシャル・セキュリティの攻撃者たちはプログラムの資金的将来を懸念していると主張する。しかし、彼らの計算はつじつまが会わない。そして彼らの敵意は実際には金銭についてではない。イデオロギーと姿勢についてのものだ。

Attacking Social Security

By PAUL KRUGMAN
Published: August 15, 2010

Social Security turned 75 last week. It should have been a joyous occasion, a time to celebrate a program that has brought dignity and decency to the lives of older Americans.

ソーシャル・セキュリティが先週誕生75年を迎えた。
それは、年配のアメリカ人の生活に品位をもたらしたプログラムを祝う、喜びに満ちた機会となるはずであった。

But the program is under attack, with some Democrats as well as nearly all Republicans joining the assault. Rumor has it that President Obama’s deficit commission may call for deep benefit cuts, in particular a sharp rise in the retirement age.

しかしプログラムは攻撃にさらされている。殆どすべての共和党議員のみならず何人かの民主党議員もまた攻撃に加わる中で。
噂はオバマ大統領の財政赤字のつけがおおきな給付カットを必要とし、とりわけ退職年齢の引き上げを必要とするかもしれないというものだ。

Social Security’s attackers claim that they’re concerned about the program’s financial future. But their math doesn’t add up, and their hostility isn’t really about dollars and cents. Instead, it’s about ideology and posturing. And underneath it all is ignorance of or indifference to the realities of life for many Americans.

ソーシャル・セキュリティの攻撃者たちはプログラムの資金的将来を懸念していると主張する。
しかし、彼らの計算はつじつまが会わない。そして彼らの敵意は実際には金銭についてではない。そうではなく、イデオロギーと姿勢についてのものだ。
そして心の底ではすべての人が多くのアメリカ人の生活の現実に無関心ないし無視をしている。

About that math: Legally, Social Security has its own, dedicated funding, via the payroll tax (“FICA” on your pay statement). But it’s also part of the broader federal budget. This dual accounting means that there are two ways Social Security could face financial problems. First, that dedicated funding could prove inadequate, forcing the program either to cut benefits or to turn to Congress for aid. Second, Social Security costs could prove unsupportable for the federal budget as a whole.

計算について
:法的にソーシャル・セキュリティは給与税ペイロール・タッククスを通じて専用の資金源を持っている。(給与明細のFICA)
しかし、それはより広い連邦予算の一部でもある。
この2重の会計はソーシャル・セキュリティが資金問題に直面する2つの道があることを意味する。
第1に、専用の資金が十分でないことが実証され、プログラムをして給付をカットするか連邦議会に援助を求めることを余儀なくさせる可能性がある。
第2に、ソーシャル・セキュリティのコストが全体として連邦予算を支えられないことが判明する可能性がある。

But neither of these potential problems is a clear and present danger. Social Security has been running surpluses for the last quarter-century, banking those surpluses in a special account, the so-called trust fund. The program won’t have to turn to Congress for help or cut benefits until or unless the trust fund is exhausted, which the program’s actuaries don’t expect to happen until 2037 — and there’s a significant chance, according to their estimates, that that day will never come.

しかし、これらのありうる問題についてはどちらも明確ではなく現在の危険でもない。
ソーシャル・セキュリティはこの4半世紀黒字で運営されてきて、その余剰をいわゆるトラストファンドという特別会計で運用してきた。
このトラストファンドが枯渇しない限りプログラムは連邦議会に援助を求めたり給付をカットしたりする必要がない。そしてプログラムの保険数理士は2037年まで起きないと予期しており、そして彼らの推計によればそのような日は決して訪れないだろうというかなりの公算がある。

Meanwhile, an aging population will eventually (over the course of the next 20 years) cause the cost of paying Social Security benefits to rise from its current 4.8 percent of G.D.P. to about 6 percent of G.D.P. To give you some perspective, that’s a significantly smaller increase than the rise in defense spending since 2001, which Washington certainly didn’t consider a crisis, or even a reason to rethink some of the Bush tax cuts.

一方で、人口の老齢化はゆくゆくは(これから20年の間には)ソーシャル・セキュリティ支給のコストを引き上げGDPの4.8%から約6%にするだろう。
あなたがたにある視点を与えると、これは2001年以来の防衛費支出の増加に較べて著しく小さな増加だ。防衛費についてはワシントンはもちろん危機とは考えず、ブッシュ減税の一部を再考する理由とも考えていない。

So where do claims of crisis come from? To a large extent they rely on bad-faith accounting. In particular, they rely on an exercise in three-card monte in which the surpluses Social Security has been running for a quarter-century don’t count — because hey, the program doesn’t have any independent existence; it’s just part of the general federal budget — while future Social Security deficits are unacceptable — because hey, the program has to stand on its own.

では、危機の主張はどこから出てきたのか?
かなりの部分が不誠実な会計のせいだ。
とりわけ、彼らはスリーカード・モンテ(3枚のトランプのうちの1枚を当てるインチキな賭け)のエクササイズに信頼を置いている。そこではソーシャル・セキュリティが1/4世紀にわたり黒字で運営されてきたことが考慮されない…なぜなら、ヘイ、プログラムはいかなる独立の存在を持っていないから。;それは単に一般的な連邦政府の予算の一部だ。…一方、将来のソーシャル・セキュリティの赤字は受け入れられない。…なぜなら、ヘイ、プログラムは自立しなければならないから。

It would be easy to dismiss this bait-and-switch as obvious nonsense, except for one thing: many influential people — including Alan Simpson, co-chairman of the president’s deficit commission — are peddling this nonsense.

このおとり販売を明らかにナンセンスだとして退けることは簡単だろう。一つのことを除いては。
:多くの影響力ある人々…大統領赤字財政コミッションの共同議長であるアラン・シンプソンなど…がこのナンセンスを売り歩いている。

And having invented a crisis, what do Social Security’s attackers want to do? They don’t propose cutting benefits to current retirees; invariably the plan is, instead, to cut benefits many years in the future. So think about it this way: In order to avoid the possibility of future benefit cuts, we must cut future benefits. O.K.

そして危機を創作してしまって、ソーシャル・セキュリティ攻撃者たちは何をしたいのか?
彼らは現在の退職者たちへの給付をカットすることを提案しない。;そのかわり、このプランは必ず将来の多くの年で支給をカットすることになる
そこで、これをこういう風に考えよう。
:将来の支給カットの可能性を避けるために、我々は将来の支給をカットしなければならない。OK

What’s really going on here? Conservatives hate Social Security for ideological reasons: its success undermines their claim that government is always the problem, never the solution. But they receive crucial support from Washington insiders, for whom a declared willingness to cut Social Security has long served as a badge of fiscal seriousness, never mind the arithmetic.

ここで本当は何が進行しているのか?
保守派はイデオロギー的な理由でソーシャル・セキュリティを憎んでいる。
:その成功は政府は常に問題で決して解決ではないという彼らの主張を根底から覆す。
しかし、彼らはワシントンのインサイダーたちから重大なサポートを受けており、彼らのためにはソーシャル・セキュリティのカットに対する賛同の表明が長らく財政的真剣さの烙印となってきた。算術的なことは気にするなだ。

And neither wing of the anti-Social-Security coalition seems to know or care about the hardship its favorite proposals would cause.

そして反ソーシャル・セキュリティ連合のどちらの左右どちらの翼も、お気に入りの提案が引き起こすであろう困難について知らないか気にしないかのように見える。

The currently fashionable idea of raising the retirement age even more than it will rise under existing law — it has already gone from 65 to 66, it’s scheduled to rise to 67, but now some are proposing that it go to 70 — is usually justified with assertions that life expectancy has risen, so people can easily work later into life. But that’s only true for affluent, white-collar workers — the people who need Social Security least.

現行法の元に引き上げられるよりも更に退職年齢を引き上げようという現在のファッショナブルなアイデアは、平均寿命が上がって人々は人生の晩年も容易に働くことができるという主張で通常は正当化される。…すでに65歳から66歳になった。そして67歳がスケジュールされている。しかし今一部が70歳を提案している。
しかし、それは裕福なホワイトカラー労働者…ソーシャル・セキュリティを最も必要としていない人々…だけに限っての真実だ。

I’m not just talking about the fact that it’s a lot easier to imagine working until you’re 70 if you have a comfortable office job than if you’re engaged in manual labor. America is becoming an increasingly unequal society — and the growing disparities extend to matters of life and death. Life expectancy at age 65 has risen a lot at the top of the income distribution, but much less for lower-income workers. And remember, the retirement age is already scheduled to rise under current law.

私は肉体労働従事者より快適なオフィス仕事をしていれば70歳まで働くことがずっと楽に想像できるということだけを述べているのではない。
アメリカはますます特異な社会になっている。…そして増大する格差が生と死の問題まで拡大している。
65歳での平均余命はトップの所得分配においては大変上昇している。しかし、低所得者層ではずっと低い。
そして、思い出して欲しい。退職年齢はすでに現行法の下でも引き上げられる予定なのだということを。

So let’s beat back this unnecessary, unfair and — let’s not mince words — cruel attack on working Americans. Big cuts in Social Security should not be on the table.

だからこの不必要な、不公正な、そして…言葉を選ぶことはよそう…残酷なアメリカの勤労者に対する攻撃を跳ね返そうではないか。
ソーシャル・セキュリティの大幅カットが審議のテーブルに上るべきではない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« アメリカは今... 2010年の1938... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。