行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



NYタイムズ2010/1/17付け。先々週オバマ大統領が発表した銀行への課税提案に対して銀行業界ロビー団体が腕利きの弁護士を雇って最高裁に違憲として訴えることが可能かどうか検討しているという消息を伝える記事。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




●Paul A. Samuelson, Economist, Dies at 94 Published: December 13, 2009 (Page 2 of 4) Remarkably versatile, Mr. Samuelson reshaped academic thinking about nearly every economic subject, from what M . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今朝はたまたま新聞を見る時間がなく気が付かなかったのだが、新聞各紙の7/2朝刊でこの佐藤さんの最高裁上告が棄却され有罪確定となった旨の記事が出ている。 毎日新聞のWeb版が詳しくまとめているので、コピーを残しておく。 それにしても高裁判決から2年半か。元々何も期待できない日本の司法ではあり結果もまったく予想通りではあるが、最高裁はこの期間に何か審理でもしたのだろうか?この時期に発表した決め手は? . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




U.S. May Convert Banks’ Bailouts to Equity Share By EDMUND L. ANDREWS Published: April 19, 2009 WASHINGTON — President Obama’s top economic advisers have determined that they can shore up th . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




BBCの9/4ウクライナ訪問直後、9/5訪問後の連続記事を。 今までのグルジア訪問記事その他の情報が重複しているがそのままに訳す。 ① Cheney seeks to bolster Ukraine ★US Vice-President Dick Cheney is in Ukraine on the last stop on his tour of the region aimed at s . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




共和党副大統領候補にマケインが指名したサラ・ペイリンが大変なことになっている。 昨日、17歳の娘ブリストルが妊娠5ヶ月であると公表したのだが…これは元々ブログから噴出した別の噂の疑惑が大手メディアにも広まって押さえられなくなり、それを否定するための対抗手段として発表したものだ。 噂の疑惑とは、44歳の彼女が今年4月中旬に生んだというダウン症の5番目の子供トリグは実はブリストルの子供で、それを隠すた . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ8/11記事から。途中までのレーザー・レーサーにまつわる批判記事は面白い。後半は選手、スポーツ科学関係者らの言い分になる。 米国水泳チームのスポーツ科学ディレクターの結びの文句が巧まずして事の本質を考えさせるジョークになっている。本人は真面目なのかもしれないが…。 <もし、アスリートがより速く泳ぎたいと望めばテクノロジーは常にそこにある。私はそれを悪いことだとは思わない。水泳の人気には . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




語る内容にそれほど意味があるわけではない。立場上の制約も多くドイツに不人気のアフガン増派要求も唱えなければならない。 しかし、何をおいても、オバマ氏は彼がドイツで幅広く不人気なブッシュ氏ではないことで人気がある。何故オバマ支持かと聞かれると、イラク戦争への反対が通常最初の答えだ。 political pop starオバマを迎えたドイツの様子と演説の内容をNYタイムズ記事から。 ●Obama S . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本の各新聞でも昨日7/17付けのこのガーディアンの記事が紹介されているので、フルの内容をチェックしてみます。 また、本日7/18付けでも同じEwen MacAskill記者のフォロー記事が出ているので合わせてチェックします。 ●US plans to station diplomats in Iran for first time since 1979 Washington move sign . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今週末行われるイランと英、仏、ロシア、中国、ドイツの交渉会議にアメリカが国務省No.3のバーンズ国務次官を参加させる決断をくだした。 NYタイムズのNews Analysisからその舞台裏を読む。 NYタイムズではまだ未決定と言っているが、英ガーディアン紙の見出しは「1979年のテヘラン米大使館人質事件以来の外交官駐在を計画…ワシントンの動きは関係雪解けのシグナル」とされている。 US plan . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ