「原発と映画」プロジェクト準備ブログ

原発に関する映画の紹介や、首都圏で放射能から子どもを守る取り組みの紹介や、子育てしていて疑問に感じることのつぶやきなど

ベルリンのウラン国際映画祭おわったそうです

2016-10-17 09:03:39 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

今年で六年目となるベルリンのウラン国際映画祭は、今まで300本以上の核関連の映画が上映されているのだそうです。

以下のHPには、今年の注目のドキュメンタリー映画などが解説されています。核実験や核事故に関わる健康被害(直接の被害とともに、後処理に関わった人々への被害も)に関しての映画など注目だそうです。

http://uraniumfilmfestival.org/en/atomic-films-in-berlin-2016-four-highlights

おそらくは日本ではみられない貴重な映像もあったと思います。

残念ながら私は英語がわからないのですが、すぐわかる人もいると思い、リンクしておきます。

自分でも翻訳誰かに頼むなどして、内容を理解できたならまた書きます。

日本では、東京平和映画祭も今年の予定がなかなか発表されないなど、原発の映画の映画祭は、ますますむずかしい状況も感じますが、被害現地から離れている場所の方がやりやすいということもあるのかとも思います。

引き続き気にしていきたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「いのちのかたち」という映... | トップ | 「残されし大地」という映画... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。