「原発と映画」プロジェクト準備ブログ

原発に関する映画の紹介や、首都圏で放射能から子どもを守る取り組みの紹介や、子育てしていて疑問に感じることのつぶやきなど

2011年3月の映画G。。。「スノーデン」は311を超えて上映が続きます。

2017-02-13 17:58:44 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

ここまで今年2017年の3月11日前後の映画情報を集めてきて、頑張っておられる方たちには申し訳ないですが、去年までに比べていまいち力が弱い(インパクトがない)気がしてしまっていました。

事態を打開する力が見えてこないという意味です。

せめて「スノーデン」の上映が、3.11まで続いてほしいと思って、劇場情報しらべてみたら、3.11から上映するところも三館ですが、ありました。

佐賀県の「シアター・シエマ」と

愛媛県の「シネマサンシャイン大街道」と

山形の「フォーラム山形」です。

1月27日から劇場公開がスタートしているTOHOシネマズ系映画館がひと段落してからということなのかもしれませんが、こういうところがあるのはうれしいことです。

2月25日からスタートの長野県の「佐久AMシネマ」と宮崎県の「宮崎キネマ館」はもちろん

2月18日からスタートの沖縄の「シネマパレット」も、3.11まで上映されるかもしれません。

普通の映画なら、初日舞台あいさつがあるように、どこかの映画館で、スノーデンのスカイブ講演をしてくれたならとも願います。(アメリカやヨーロッパでは無数にスカイブ講演がされたようですが、日本ではまだ一回だけなので。)

(それまで無事にロシアで暮らせていたらですが)

http://www.snowden-movie.jp/

 

追記

今日見たら新しく3月11日からの劇場公開のところが三館増えていました。

青森の「フォーラム八戸」

岩手の「フォーラム盛岡」

山形の「フォーラム東根」です。

本当にスノーデンのスカイブ講演が実現できますようにと祈ります。

日本でこれまでに唯一スノーデンのスカイブ講演会を実現されたのは、自由人権協会主催のシンポジウムでした。こちらです。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/306367

また唯一日本人として、単独インタビューされたのは小笠原みどりさんです。

その内容を本に書いたり、講演されたりもしていて、貴重なのですが、小笠原さんがスノーデンとスカイブでインタビューできたのは、二時間半だったそうで、本当はまだまだ語り尽くしていないこともあるのではという気はしています。

小笠原さんのインタビューはこちらにまとめられています。

http://blog.livedoor.jp/wakaben6888/archives/49155224.html

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月の映画F。。。まだ... | トップ | 「スノーデン」は、日本公開... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。