つれづれの日記          (Since 2014.12.6)

庭・バラ・畑つくりや花、昆虫、PCのことなど日々の暮らしから思いつくままにあれやこれやと写真で綴っています。

光の粉   (File No.674)

2016年10月13日 | 秋の景色
 朝の内は青空も見られました。
 隣町古川との境にある山田柏原の入り口、無住の里巣山への分岐点です。

今の時期、朝日は山の端に光の粉をかけてくれます。



ススキも精一杯背伸びして光の粉を身にまといます。



粉が山の端にとどまるのは僅かの間、すぐに辺りに広がってゆきます。



のどかな初秋・・、ここは高地、まだコガネの稲穂が



帰り道、山田湖を覗くと、鷺が4羽・・? いえ2羽



湖面から飛び立ち帰って行くところでした。





今日もお立寄りいただきありがとうございました。またぜひおいでください。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 里-初秋   (File No.673) | トップ | さようならメダカたち-古里... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (tango)
2016-10-13 07:02:44
上手いこと光が段差の美しさを
描いて見せてくれます~~
瞬間に見られる美しい自然の光景に
出会えたのですね
本当に安らぐ雰囲気です
Unknown (fukurou0731)
2016-10-13 09:03:21
おはようございます。
素敵な写真ですね!
逆光をうまく利用するとこんな風景写真になるのですね。素晴らしいです!
おはようございます (はく)
2016-10-13 09:13:14
鮮やかな 赤、黄、緑、、
あまりにも鮮やかで シャキっと目が覚めました
鷺も うちの辺りで見るのと大違いで美しい~~!
こんな景色が身近で見られるなんて羨ましいです
tangoさん (tappe)
2016-10-13 17:39:04
何回か通っていましたが、ようやく出会えました。もう少し紅葉が進むといいのですが・・・。
瞬く間に光の当たり具合が変わっていくので早めに出かけ待っています。
fukurou0731さん (Unknown)
2016-10-13 17:39:30
順光で見るとなんともない景色でも光の当たり方によっていろいろ面白くなりますね。
また、霜や雪が降ると全く別の風景になり、またむこれも楽しみです。
はくさん (tappe)
2016-10-13 17:40:56
鷺に気づいたのは飛び立った瞬間、悔やまれます。緑の中、しかも水鏡、絵になったのに・・・。
気温が下がって花や稲穂など色が濃くなったような気がします。
こんばんは(^-^) (だんちょう)
2016-10-13 19:26:47
tappeさんの写真は色鮮やかでとても綺麗ですね

今から帰りますが、疲れたので今日もtappさんの写真にいやされました、ありがとうございます!

光の粉とはまた面白い表現をするなぁと思いました、さすがはtappeさん、表現が豊かです(~▽~@)♪♪♪
だんちょうさん (tappe)
2016-10-13 20:04:24
写真ではわかりませんが、光が通過する空気の道に細かな粒状のものが光って見えました。そんなことから思いつきました。
仕事、お疲れ様。これからまた勉強ですか。
こんばんは (anna)
2016-10-13 20:55:10
鮮やかな色彩と、秋の朝の空気がこちらに伝わってきます。
湖面に映る深い緑と白鷺、綺麗ですね!とても躍動的です。
素敵ですね (利休母)
2016-10-13 21:50:36
色の魔術師の様に秋の山々を彩ってますね。
tappeさんは光を味方に綺麗な写真を次々にカメラの納めて
気分いいでしょうね(*^_^*)
見ている私も癒されます~
annaさん (tappe)
2016-10-13 22:44:08
朝の光がまぶされた空気感がなんとも言えません。
鷺はレンズの中に納めるのがやっとでした。もう少し早く気がつけば・・・。
利休母さん (tappe)
2016-10-13 22:44:48
ついつい逆光か斜光の景色に目が移ってしまいます。偶然の面白さがたくさんあるような気がします。
紅葉が始まると更に面白くなりますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL