これは得かも!ネット探訪

ネット探訪し便利な情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これは得かも!ネット探訪 【有限会社AbilityWave】

2010-08-13 06:59:34 | 日記
【有限会社AbilityWave】

ほとんどの企業がWebサイトを持つ現代、今やITなしでビジネスは語れない時代です。さて一口にITといって、「ポータルサイト」や、ネットショップに代表される「ECサイト」、一般企業の「IT推進部」もあれば、デザインを制作している「制作会社」など業態もさまざま。これからIT業界で働きたいという方には、どんな業種・業態がトレンドなのか、またどの仕事が自分にあっているのか、情報をしっかり見極めていく必要があります。IT業界は専門職限定、と思っていませんか?いいえ、今やあらゆるジャンルでチャンスが広がっているのです。最近のIT業界は、ある情報に特化した専門性の高いサイトを運営する企業が伸びているように思います。たとえば、高級ホテル・高級レストランのみの予約情報を提供するサイト、ネット通販だけを扱うECサイト、ブログ事業を全面に押し出し多数のユーザーを獲得したサイト、などの運営会社がこれにあたります。その一方で、こうした会社が求める人材は総合的なスキルを持つ人。たとえばECサイト運営で制作スキルに優れていても、サイトを作る力と「売れるサイト」を作る力とは、全く別のものです。即戦力として重用視されるのは、やはりSEOや、サイトの導線等の設計など総合的に考慮できる人材ということになります。また、ECという切り口で考えてみても、ポータルサイトでの告知、露出は重要ですし、もちろん販売サイトの力やデザイン力も必要です。それぞれが補完し合いながらシナジー(相乗作用)を生み出せるか、それがこれからの企業には重要になってくるのです。 こういった業種に転職する際、要求されるスキルは会社や業務内容によって当然変わってきます。もちろん、エンジニア等専門職の場合はいうまでもなく技術に精通している必要がありますが、総合職の場合は、むしろマネジメント能力やクリエイティブな発想を重視されているようです。たとえば、あらゆるサイトで今もっとも重要なのは、コンテンツ力と情報の信用性です。情報ソースについては人海戦術でいくらでも集めることは可能ですが、重要なのはその後、つまり編集作業です。編集作業は非常にクリエイティブな作業となる上、全体を俯瞰する力が必要となります。相互の部署との連携も重要になりますので、トータル的なマネジメントスキルが要求されるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これは得かも!ネット探訪 【有限会社AbilityWave】

2010-08-13 06:59:07 | 日記
【有限会社AbilityWave】

日常生活の中の意外な出来事から、恋愛に発展するというケースもあります。 出会いのきっかけ、それは実にさまざまなものがあります。中には、予想もしなかったきっかけで恋愛に発展し、結婚にたどり着いたといったケースもあります。 例えば、こういったケースもあります。病院の受付で知り合い、それがきっかけでお付き合いするようになり、結婚に至った。バー等で偶然隣同士になり、お店の人に紹介された。その時から一緒に飲むようになって、なんとなくお付き合いするようになった。 ・同窓会で、同じ学校の先輩に偶然会って一緒に飲んだのがきっかけ。その後何度か遊びに行くようになって付き合うようになった。ネットで、同じ趣味を通して知り合った。そこから話が盛り上がり、いつの間にか付き合うようになった。この他にも、さまざまなケースが考えられると思います。要は、日常生活の中のある出来事がきっかけで、なんとなくお付き合いが始まるようになり、そのお付き合いが発展してやがて「結婚」までたどり着くといったケースもあるということです。「出会い」といっても、何も特別視する必要はないのです。上記のケースは、意外なきっかけで恋愛に発展したというケースです。ですから、普段の日常生活の中でも、小さなチャンスを逃さないようにすることも大切です。これを聞くと、「偶然に期待しよう。」と考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。だが、それはあまりにも消極的だと思います。偶然に期待するといった方法は、私としてはあまりおススメしたくありません。偶然の出会いというものは、誰にでも必ず起こるという保証はありません。ですから、積極的に出会いを求めて行動するということも大切です。これから最も注目されるのは、「結婚相談所」 そして…。 出会いの場所として私が最も注目したいものは、2つあります。そのうちの1つが、「結婚相談所」です。 これは、今後最も注目されていくことと思います。独立開業ブームも手伝ってか、脱サラして結婚相談所を開業したり、結婚相談を副業としたりしているところもあるようです。私も、今は副業として未婚者支援をやっておりますが、やがては結婚相談の仕事もしていきたいと考えているところであります。 結婚相談所というと、「お見合い」をイメージする方もたくさんいらっしゃるかと思います。だが、そのお見合いも、昔と今とではだいぶ様変わりしているようです。 昔のお見合いというと、最初は仲人がおたがいの紹介をして、「あとは若い方たちだけで…」と言って立ち去り、お見合い開始といったパターンが主流のようでした。男性はスーツ、女性は着物を着て、場所は獅子脅しが「カコーン」と鳴る、庭園の見える和室でお見合いをするというイメージを思い浮かべる人も多いと思います。今となっては、こういった形式のお見合いはほとんど見かけません。今となっては、昔のような堅苦しい感じのものではなく、ホテルのロビーだとかファミリーレストラン等、日常利用するような場所で行うカジュアルスタイルのお見合いが増えてきているようです。服装においても男性はスーツにネクタイが定番でしたが、特にスーツにこだわる必要もなく、清潔感のあるものであればそれでOKというような、自然な出会いをイメージしたような形式が主流のようです。 私も正直、堅苦しい感じのものは苦手です。…と言っている割には、服装はスーツにネクタイです(笑)。初対面だからということもあるのですが、私の経験上では、やはりスーツにネクタイの方が、清潔感があるように見え、好印象を持たれることが多いようです。 そしてもう1つ、お見合いで昔と大きく変化したのは、相手を選べるということです。昔のお見合いでは、よほどのことがない限り断られることはなく、そのまま結婚が決まってしまうといったケースがほとんどでしたが、今となっては、理想の相手が見つかるまで何人の人とお見合いしてもいいということになっています。お見合いをして自分に合わないと判断したら、お断りされてしまうというケースが多いのです。 中には、何十回お見合いしても断られてしまうといった人たちもいらっしゃるようです。お相手の方に選ばれるようになる為にも、自分磨きが必要になってきます。当サイトでは、「自分磨き」に役立つ情報を掲載しております。自分磨きの参考にしてみて下さい。今の結婚相談所でのお見合いというものは、仲人がついて紹介するというものではなく、結婚相談所からお相手の方のプロフィールが届けられ、おたがいが「お付き合いしてもいいかな?」と思うようになったら、おたがいに連絡を取り合い、いつ、どこで会う約束をするといったパターンが主流のようです。そこから恋愛に発展し、やがては結婚といった形になります。ですから、どちらかというと「見合い結婚」というよりは、むしろ友人の紹介による「恋愛結婚」に近いような感じです。友人の紹介ですと友人に色々と気を遣わなければならないということもあり、なかなか断りにくいといったこともあります。結婚相談所ですと、自分に合わないと思ったらお断りして、また次の方を紹介してもらえるので、友人の紹介と比べて気を遣わずに済むといった利点があげられます。お見合いやお相手の方の紹介だけでなく、出会いパーティーを開催し、出会いの機会を作るといった結婚相談所もあるようです。結婚相談所では、さまざまな形で出会いの機会を提供しております。最近では少子化問題ということもあり、1人でも多くの人に幸せになっていただきたいということで、懸命に会員をサポートしている結婚相談所も増えてきているようです。結婚相談所に入会することで、出会える確率が高くなることと思います。当サイトでは、優良な結婚相談所を厳選し、紹介していきます。結婚相談所は、出会いを求めるのに最も有効な方法だと私は考えております。もう1つ注目したいもの、それは「ネット」での出会いです。出会いの場所でもう1つ私が注目したいものをあげるとするならば、「ネット」での出会いを取り上げます。最近になってインターネットが普及するようになりました。今となっては「Web2.0」という言葉をよく聞くようになりました。 これまでのインターネットの活用法と言えば、会社やお店側が紹介用のホームページを作成し、利用者側がこれを閲覧するといった利用法が主流でしたが、「Web2.0」が導入されるようになってからは、利用者側も気軽に情報発信できるようになり、ネット上での人と人との交流の場が提供されるようになりました。 その活用法として最もよく知られているのが、「ブログ」や「SNS」です。ブログといいますのは、みなさんもご存知の通り、暮らしに役立つ情報や自分の趣味について等、自分の発信したい情報を日記形式で自由に記入するというものです。SNSといいますのは、「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で、去年の流行語にもなりました「mixi」がその代表です。mixiはSNSの1つなのですが、おかしなことに、mixiは知っていてもSNSを知らないという人が意外に多いのです(笑)。SNSといいますのは、ブログのように日記を書いたり、コミュニティという、いわゆるサークルのようなものに加入して、共通の趣味や話題等で盛り上げて、色々な情報を収集したり、人と人とのつながりを楽しんでいくというものです。こういったものを活用して色々な人たちと知り合い、ネット上だけでなく実際に会うことでより親密になったり、人脈を形成できるということで、最近になって最も注目を集めるようになりました。中にはmixiがきっかけで恋愛が始まり、結婚していった人もいるくらいです。結婚相談所と同様、上手に活用すればいい出会いも生まれるっていうことですね。私も活用しているのですが、どうも上手に使いこなせるところまでは至っておりません。それどころか、あちこちのSNSに顔を出しております(笑)。SNSの中で、私が最もよく活用しているものを紹介します。恋愛に役立つかどうかはわかりませんが、私が初めた最初のSNSで、そこで実にさまざまな人たちと出会うようになりました。これをやることで、話題が増えます。やりたいことがどんどん増えてくるようになります。夢について語り合えるようになります。人生が変わります。まさにいいこと尽くしです。 星占いが毎日配信され、また荒れることがないので安心して利用できるということで、女性に人気があるようです。恋愛に直接関係していなくても、自分磨きには役立っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これは得かも!ネット探訪 【有限会社AbilityWave】

2010-08-13 06:58:09 | 日記
【有限会社AbilityWave】

新聞や雑誌で、「優良企業のランキング」といった記事を見かけることがしばしばある。どんな会社が優良企業なのか、という尺度は、思いつくだけでも数多い。 株主による評価が重要だと考えた場合、「時価総額」が大きな会社は、株式市場からの評価が高い会社だと見ることが出来よう。売り上げが大きいということは、経済に占める存在感が大きいということだと考えて、「売上高」を取る方法もあるだろう。単に商品を右から左に動かしただけでも売り上げは増えるから、その企業の付加価値に着目して、たとえば「営業利益」のようなデータに着目することも出来る。これらは少しずつ傾向が違うが、大まかに言って、規模の大きな企業ほど大きな数字が出るから、企業規模に関連する尺度のグループだといえるだろう。一方、優良という言葉には質的なニュアンスも入るから、効率ということにも評価のウェイトを置きたくなる。たとえば、社員一人当たりの売上高とか、営業利益に着目する考え方もある。そういえば、国別の「先進国度合い」を比べる際には、一人当たり国民所得がよく出てくる。また株式会社の場合、株主が持っている資本に対して、どれだけ利益が上がったかという株主資本利益率(ROE)にも注目したい。 一方、「優良」という言葉の中には、「成長している」「勢いがある」といったイメージも含まれる。売上や営業利益の、過去3年といった期間の成長率、あるいは株価の上昇度合いなどを、尺度に加えたくなることもあろう。更に付け加えると、例えばお金を貸すとか、就職するといった観点で考えると、企業の財務などの安定性にウェイトを置きたくなることもある。この場合は、どれくらい現預金や換金できる資産を持っているかとか、自己資本比率の大きさとか、もちろん借り入れの少なさといったことにも、プラスの評価が置かれることになる。雑誌の記事などで見かける優良企業ランキングは、たとえば経済記者や識者などに、優良企業を順序付きでリストアップしてもらう。これを統計的に分析して、先に述べたような指標をどれくらいの比率で組み合わせると、一番この順位の説明力が高くなるかを見て項目ごとのウェイトを決め、改めてデータによって計算して順位を作り直す、といった手順を取るものが多い。回りくどい方法だとも言えるが、いわば美人コンテストで、顔、体型、ファッション、会話など、どの項目にどれくらいの採点ウェイトを置くかを決めてから、改めてランク付けを行っているようなものだと考えると、分かりやすいだろう。 こうした「優良企業イメージ」は、もちろん株価に影響すると考えていい。ところが、それでは優良企業ランキングの上位企業に投資するといいのか、というと、話はそう簡単ではない。むしろ、逆だと言った方がいいかも知れない。なぜなら、現在の評価が高い企業については、世間の好みということも含めて、株価にはプラスの評価が十二分に反映していると推測でき、今後少しであってもマイナス方向の変化があると、その反動が大きいからだ。 逆に現在問題のある会社や、注目されていない地味な会社は、株価がこうした低い評価に見合ったものであるなら、むしろ今後のプラス材料が発生したときに、株価の変化に与えるインパクトが期待できる。しかもそのプラス材料は、マイナスの要素が少し改善する、といったものでもいい。もちろん、優良企業と非優良企業の投資対象としての差は、確率的に割が良いか悪いかといった微妙なものであり、大差があるわけではない。ただどちらかと言えば、既に多くの人がほめて優良企業だと認めているような会社ではない会社の方が、株を買う対象として「率がいい」ことが多いものだ。「株式投資は美人投票だ」とはよく言われる台詞だが、実は「性格のいい不美人」(経営努力している非優良会社)を選ぶのがコツなのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【迷惑SPAM出会い系】真理子の部屋と田中章 アイエイコミュニケーションズ(ATネクスト)

2010-08-04 07:10:20 | 日記
掲示板やブログのコメント欄など幅広くSPAM投稿していた悪質業者がいます。しかも、しつこい!ことも特徴です。



-----------------------

はじめまして。何となくプロフィールを見ていたら気になったので思い切ってメッセージ送ってみました。
よかったら私のプロフィールも見てくれると嬉しいです。​

↓私のプロフィールです♪
p18​.no​nea​sh.​com​/mr​k/


​気になってくれたら友達希望です(*^​-^*​)
宜しくお願いします。真理子

-------------------------



はじめは短縮URLサイトを使い、リダイレクトさせて誘導していますが、リダイレクト先のサイトも所謂、誘導サイトで、どこに誘導しているかはソースを閲覧することで明らかになります。

すると、階層下のPHPを使用し、メールアドレスなどの情報を登録していることや、「ブログ奈保美先生の特別授業」というサイト名に誘導しようとする意図が見られます。

まず、階層下のPHPというのは、「ナデシコ PLATINUM」と同一の登録させるPHPです。

つまり、「真理子の部屋」という個人サイトに見せかけた「ナデシコ PLATINUM」登録サイトであると。

ちなみに、ナデシコ PLATINUM は有料サイトです。

そして、運営者は、SPAMを繰り返し、迷惑行為を平然と行う悪質業者と同じでした。

運営元 : 株式会社アイエイコミュニケーションズ
責任者 : 田中 章
東京都港区南麻布2-2-26ヒルトン麻布105号


一方、「ブログ奈保美先生の特別授業」というサイトに誘導しています。

「ブログ奈保美先生の特別授業」というサイトは複数存在しますが、これもまた、「ナデシコ PLATINUM」への誘導、もしくは、「ナデシコ  PLATINUM」と同一PHPを使い、登録させることが目的の誘導サイトです。

「ナデシコ PLATINUM」の責任者 : 田中 章は、株式会社アイエイコミュニケーションズだけでなく、有限会社ATネクスト(旧有限会社AbilityWave)など、複数の会社を運営しているようです。

実際、誘導サイトは通報され削除されることを前提に無料ホームページサービスなどを使い、大量に開設しており、誘導先となる出会い系サイトですら、サイト名をコロコロと変えているのが現状。

サイト名などで云々と判断するよりは、登録用のPHPが設置してあるサイトの運営会社と運営者などは、最終的に口座などが必要となるため比較的ある程度の期間までは変えることはないので、またコイツか!!と思うわけです。

しかし、真理子の部屋からの「ナデシコ PLATINUM」誘導では、真理子が登録されており、さくらとしてポイントを使わせることもしています。

試しに複数の男性が真理子に対してやり取りをしたのですが、男性名だけを変えたコピペ文章で、住居もそれぞれの男性に合わせていました。

さくらとして、何とか請求金額をあげようと励んでいるようです。

ちなみに、ウソだと見抜いたと返事後、早急にアクセス禁止となりました。
これで、さくらであり、運営者が関係しているこいうことは明らかに!

しかし、真理子ということでの使われている女性は、spamで写真をばら撒かれ、さくらとして業者に使われていることまで、承諾しているのでしょうか?

業者に加担してようが、してまいが、迷惑!悪徳!のレッテルを貼られることでしょう。嫌なら、本人が対応するしかないのだが・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加