たぴ(仮)四十路一夫一子あり、時々仕事。

44歳兼業主婦母。小荷物主義、6パック礼讃者。

本日の、そしてこれからのタマサン2016

2016年12月28日 01時35分25秒 | 日記
たぴ(仮)でございます。
今日は昼にタマサン(タマゴサンド)を食べたいと思って、事務所近くのカフェドクリエで【厚焼き玉子サンド】をお願いしました。寒かったのでドリンクセットでブレンドコーヒー付です。

神楽坂ラカグ内のマドラグのコロナタマゴサンドを経験すると、「厚み」の度合がハードル上がってしまい、他のものは大概、あ、このくらいか、というリアクションになってしまいます。太刀打ちできるのは松露くらいなのか。

なので、今回も、期待はそこそこにトライしたのですが…卵とは別に色々と惜しい点が。

惜しい点① 厚焼き玉子だけでなく、ハムとキュウリのスライスが同封してある…卵焼きは厚さ1cm弱、そこにハムキュウそれぞれ1mmくらい加わると、結構存在感があります。2人とももっとぺろぺろに薄い方が良かった。いっそのこと無くても…

惜しい点② パンが薄い。…10枚切り食パンを3分割してあるのですが、耳がほぼない中央部は具が厚く、パンの強度が厚焼き玉子(とハムキュウ)の重みに耐えきれずにめくれ、大惨事に。

惜しい点③ 辛子マヨがきつい…辛子マヨネーズは確かに卵と合いますが、サンドにかぶりついた時に反対側から滴るほどの量は多すぎではなかろうか。前述2つとも関係するが、両手でサンドを持ち上げるだけで、大量のマヨで厚いキュウリのスライスが滑り出て来るのは、あまり良い絵ではなかった。

文句ばかりつけてごめんなさい。
サンドイッチ伯爵ジョン・モンタギューが華麗に召し上がったはずの「これ」は、やっぱり手早く美しく食べたいのです…!

だんだんと、タマサンの理想を考えだすように!タマサンハンターとしての自覚が芽生えてきたのでしょうか。このブログもそのうちそっち方面に寄っていくかもしれませんね。

読んでくださりありがとうございました。
もうすぐ新しい年が明けます。2017年もたくさんの発見ができる日々でありますように!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日の魅惑のサンド | トップ | 我にアミノ酸を与えよ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。