たおやかに・・・・・

優しい日々を・・・・・画像と共に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生きることを勝手に放棄してはなりません

2008年08月07日 | 言葉
       広島に原爆が投下されてから63回目の夏を迎えました
       今年も式典が行われたんですね
       テレビに映し出される映像を見ながら
       いつも思いだす言葉があります


       広島平和記念公園の原爆記念碑に刻まれた言葉です

        「安らかに眠ってください
            過ちは繰り返しませんから」



   
       



       8月6日
       原爆投下の時間
       8時15分
       町中にサイレンがなり響いたたそうです
       そのサイレンにまけないほどの
           セミの鳴き声が聞かれたとも・・・・・

       体験をしていない私ですが
       被爆者が癌に侵されることが多く苦しまれているようすを
          テレビで知っています
       2度とこのような悲劇が起きませんように
       そしてこの悲劇を知らない世代に
       語り継がなければならないことを改めて痛切に感じました

       生きたくても生きることができなかったこの時
       子供を助けるために
       瓦礫の下で子供の手を振りほどかなければなかった母親がいたのです

       生きることを勝手に放棄してはなりません
       

       子供二人がまだ幼かった頃
       この時期になるとテレビで必ず放映された
       「火垂るの墓」を親子3人
       ぼろぼろ泣きながら見ていました

       子どもたちもこのことを覚えています
       戦争を知らない子供にとって戦争を知る数少ない機会でした


       戦後63年
       亡き父を思い出します
       父は戦場でトラックにて移動中
       埋め込まれていた地雷にトラック毎吹き飛ばされ大怪我をしました

       生きている事が不思議だったそうです
       トラックには兵士が30人以上は乗っていたそうですが
       生き残ったのはたった2人
       父はその一人でした
       重傷をおい長年入院生活を余儀なくされました
       戦争が終わった後も
       その後遺症に苦しんでいました
       父は戦争の話が嫌いで殆ど話してくれませんでしたが
       お酒に酔うと時々断片的に独り言を言っていました

       その父も亡くなって7年が過ぎました
       残った色褪せた包帯に巻かれた父の写真に
         戦争のむごさを感じます

       二度と起こしてはならない戦争
       戦争のむごさを語り継ぐ事
       そんなことを心して行きたいと改めて思います   




       



       最後にこの言葉を・・・・・

       戦争は人間のしわざです
       戦争は人間の生命を奪います
       戦争は死そのものです
       過去を振り返る事は
         将来に対する責任をになう事です
       ヒロシマを考える事は
         核戦争を否定する事です
       ヒロシマを考える事は
         平和に対しての責任を取る事です  


          ローマ法王   ヨハネパウロ二世
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏色 | トップ | 心勝り »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
平和 (薩摩)
2008-08-07 16:40:59
ろこさん こんにちは
家庭菜園は、水不足で大変なようですね~
広島に原爆が投下されてから63年なんですね~テレビを観ていまして、同じく黙祷をいたしました。戦争は生きている人間の命を全て奪い去ってしまいます。この世で一番大事なのは命です。ろこさんの素晴らしい言葉をしっかり拝見いたしました。ありがとう。
Unknown (ろこ)
2008-08-07 21:43:48
我が家の家庭菜園は水不足でお野菜がかわいそうです。
最近ひょんなことから若い方と話す機会があったのですが、8月6日ってどんなことがあった日か尋ねたのですが、8割の方は知らなかったですね。
63年と言う年月はそう言うことなんですね。
戦争 (ココのママ)
2008-08-07 22:28:37
ろこさま
戦後63年経ったのですね。。
原爆投下。。定かではありませんが
神戸か広島かに原爆投下と言う事だったようです・・神戸は京都奈良が近いため、広島に投下されたと母から聞きました。
神戸であれば、今の私の存在は無かったでしょう。
だから、だから他人ごとではありません。

8月に入るとテレビ等で一揆に戦争の悲惨さを
伝える映像が流れますが・・この時期だけでいいのでしょうか。
Unknown (ああじゃん)
2008-08-07 22:43:38
広島の日の原爆の時間は通勤していました。
うちの祖父は太平洋戦争でなくなったのですが、祖母もなくなり悲惨さは語り継がれていない気がします。
広島へ行ってみたいです。
Unknown (メダカ)
2008-08-07 23:31:43
昨日8月6日は63回目の原爆の日でした
多分あの方向が広島でしょう…と 南の方向に黙祷しました
数年前 記念日の式典に参加し
現地の被災者の方から当時の話を聞きました。 
今まで想像していたものより 途方もなく厳しい現実を知らされ やはりこれは あの恐ろしい原爆を語り継がねば…と 思いました
父上も戦争の犠牲者だったのですね
そしてろこさんも 戦争の犠牲者だったのですね

ノーモア広島
ノーモア原爆 と言うことを
次世代に伝えていかなければ…
と強く思うのです
Unknown (三浦あぼりじに)
2008-08-08 11:30:12
私が小学生の時は、夏休みの登校日は原爆の日と終戦記念日でした。いま、それを復活させろとは言いませんが、何か記憶に留めておく機会が必要ですね。火垂の墓はうちの子も何度も見ています。最近はドラマにもなりましたね。
Unknown (ろこ)
2008-08-08 23:12:24
★ココのママさん
戦後63年が経ったのですよ。早いのかそれとも・・・・
>神戸か広島かに原爆投下と言う事だったようです・・神戸は京都奈良が近いため、広島に投下されたと母から聞きました。<
そうですか。
名所旧跡は避けられたということは聞いたことがあります。
>神戸であれば、今の私の存在は無かったでしょう。
だから、だから他人ごとではありません。

そうですね。他人ごとではないが実感でしょうね。
>8月に入るとテレビ等で一揆に戦争の悲惨さを
伝える映像が流れますが・・この時期だけでいいのでしょうか。

せめてこの時期だけでも伝え続けるには意味があるのかもしれませんね。


Unknown (ろこ)
2008-08-08 23:17:32
★ああじゃんさん
広島の日の原爆の時間は・・・そうですよね。通勤時間ですものね。同じですよ。
>うちの祖父は太平洋戦争でなくなったのですが、祖母もなくなり悲惨さは語り継がれていない気がします。<
そう言う方が多いのでしょうね。
広島へ行ってあのその当時のまま残されている破壊された建物を見ると身が引き締まる思いがしますよ。
広島平和記念公園の原爆記念碑に刻まれた言葉
「安らかに眠ってください
 過ちは繰り返しませんから」
この言葉に目が覚める思いがしました。
是非一度いらっしゃってくださいね。
何かが変わるでしょう。

Unknown (ろこ)
2008-08-08 23:25:32
★メダカさん
ありがとうございます。
そうでしたか。
>多分あの方向が広島でしょう…と 南の方向に黙祷しました<そう言う方もおられるんですよね。
記念日の式典に参加されたんですね。
私もかの地で現地の被災者の方から当時の話を聞きました。 
それまで想像していた様子とは全く違っていました。厳しい現実を知らされた思いを私もしました。
若い方にも是非この地を訪れてほしいですね。
父もある意味で戦争の犠牲者だったのでしょう。
私は何も知らずに・・・の仲間ですが、身内には命を落とした犠牲者を父に持ったり兄弟に持ったりしているものが多いです。

ノーモア広島
ノーモア原爆 
次世代に伝えていかなければならないのですが、戦争を知らない人たちに語り継ぐということは難しいことです。
せめて声を上げようと・・・・。
Unknown (ろこ)
2008-08-08 23:30:02
★三浦あぼりじにさん
夏休みの登校日は原爆の日と終戦記念日だったんですか?
三浦あぼりじにさんは横須賀生まれ?
戦争と大いに関係がある土地柄だから・・・?
何か記憶に留めて語り継ぐ手だてが必要ですよね。
火垂の墓はドラマにもなりましたね。

でもあのアニメがやはり印象深くて・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
戸締り用心 火の用心・・・・・&ヴェランダガーデンの花 (ろこのつれづれに・・・♪毎日が花曜日♪)
暑い朝が明けました ベランダで咲く花も朝からきつそう でも蒔いた水に元気を取り戻して・・・・元気です
原爆にも負けなかった夾竹桃 (My memory roko)
     広島が焼け野原になったその中で    赤々と燃えるように咲いていたとい