ステージおきたま

無農薬百姓30年
舞台作り続けて20年
がむしゃら走り1年半
コントとランとご飯パンにうつつを抜かす老いの輝き

乗り捨ての車を取りに、駅まで走った、8.5km!

2017-03-30 09:14:20 | ランニング

 さて、弱った。神さんが介護に戻る日、これがちょうど公演日。こっちはまるまる1日劇場詰めだ。いつものように駅まで送っていけない。うーん、タクシーで行ってもらうか?高いし馬鹿々々しいしぃぃぃ。じゃ、歩く?2時間はちょっときついよなぁ。

 そうか!車、乗り捨てすればいいんだ。高畠駅、駐車はお気に召すまま、なんだ。農家だからね、当然、軽トラ含めて車は2台ある。軽トラで駅まで行って、そこでそのまま車を置いて、新幹線に乗ってしまえばいいんだよ。で、置き去りにされた軽トラどうする?

 公演翌日に走って取りに行けばいいじゃないか!おおーっ、これぞ名案!まさしく発想の転換!神さんは歩かずに済む、こっちはトレーニングになる、一石二鳥、そのものだ。えっ?キーはどうするか?って。そりゃ運転席のとある場所に隠しておけばいいのさ。いや、ダッシュボードの一隅にすぎんけどね。いいのいいの、こんな20年もののおんぼろトラック盗む人間なんていないから。大丈夫。

 翌日は、もううんざりの雪もよい。一日延ばして翌々日、天気予報は晴れ時々曇り、よしっ、行くぞ!駅で車拾った後は、ジムに直行するので、そう、お楽しみのZUMBAのレッスンあるからね、以前マラソン大会で参加賞にもらったランニングリュックに靴やら着替えやらギューギューに詰め込んで、いざ、スタート。

 走り出した途端に雪と西風!おいおい、なんなんだよ、天気予報は!?またもやテンツ予報か?たちまち指が凍えて来る。しまったなぁ、手袋してくりゃ良かった、なんて後の祭り。かじかむ手を、交互に首筋からウェアの中に突っ込んで温めつつ走る。やれやれ、もう一日待ちゃよかったか?駅までは8.5km、6分/kmのペースだと1時間弱、この拷問にたえにゃならんのか。

 おっ、雪、止んできたぞ。さすが、ウェザーリポート!ってすぐ変わるな!半分ほど走って平場に下りてきたら、雪も風もいつか止んでいた。あと3キロ、あと2キロ、残り1キロ。ここを左折、で駅が、見えた。さて、駐車場のどこに止めてあるのかなぁ。車のナンバー忘れたけど、ボロのスズキ軽トラ、迷うことなく見つかった。もちろん、鍵は打ち合わせの場所に。ほっと一息、記念撮影。

 盗まれるなんてありえないとは思っていても、一抹の不安てやつはあったわけよ。よしっ、エンジン始動、ジムに向けてゴー!すべては予定のタイムとおり、ZUMBAレッスンの始まる5分前にジムに到着。びっしり踊って45分間、物足りなねえなぁ、ランニングマシーンで坂道ラン1.5km 。

 ちょっぴり非日常のランニング体験だった。前回の街中ランとか、トレーニングも手を変え品を変えしないとね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シニア演劇学校5期生公演ア... | トップ | どっこい生きてる!井上ひさ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ランニング」カテゴリの最新記事