幸せのカケラたち

ちょっと気になる子ども達と家族の成長を綴るお父さんのブログです。週1~2回(土・日)の更新を目指しています。

小さな変化

2016-11-03 21:37:51 | 日記
前期の成績が散々だったタオタオは、高校生になってから初めて僕に「英語を教えてくれないか」とヘルプを求めてきました。
中間試験の後で、僕の方から休みの日に一緒に勉強してみないかと誘った時は断れたのですが、前期の結果が返ってきたことで、いよいよもって危機感を強めたのだろうと思います。
後期の中間試験まで後2週間ちょっとと迫ってきました。
休みの日だけでは心もとないので、話し合って、平日もタオタオの集中力が何とか持続しそうな30分ずつ取り組むことにしました。
月曜日から取り組み始め、今日で4日目になります。
初日は最悪のスタートでした。
英文を日本文に訳す問題で、主旨と関係ないところでタオタオのこだわりがしつこく出て、つい怒鳴ってしまいました。
中学時代なら、ここで「父さんと勉強するのは、もういいや」という展開になっていたと思うのですが、翌日「さあ、英語の勉強しようか」と声を掛けると素直に勉強道具を持ってきました。
あれ?なんか変わった?という感じがしました。
タオタオは、中学時代、英語は得意教科ではありませんでしたが、英検3級まで取っていました。
決して苦手なわけではなかったはずなのに、見事なまでに力が落ちていました。
たぶん、英検が終わった後、高校に合格した後、などのそれぞれの時に、無意識に白紙にリセットしてしまったのではないかと想像します。
今回、僕が選んだのは少し古い音読のテキストとタオタオの学校の教科書です。
音読はウォーミングアップとして10分程度行い、後半で教科書を進めようと思ったのですが、2日目までは音読で手間取り教科書まで進めませんでした。
タオタオの学校の英語の教科書は決して難しい内容ではありません。
3日目にようやく音読を予定の10分で切り上げられたので、教科書をざっとめくりながら、最初の部分だけだけど、中学校までに習った学習との関連を確認しました。
文型の説明も主語+動詞+目的語(補語)がSVO(C)のような語句になるだけで混乱していたようでした。
今日も夕食後、30分ほど一緒に勉強しましたが、少しずつ勘所を取り戻してきている感じがしました。
自分なりの勉強の仕方(手順)も探せるといいなと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それぞれの休日 | トップ | 夢解釈 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事