無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

雑穀の刈り取り、調整(モチキビ、エゴマ、金ゴマ)

2013-10-09 09:06:40 | Azumino自給農スクール
本日、




Azumino自給農スクールでは、野菜の栽培だけでなく、自給できる農園づくりに関しても力を入れているため、
ソバを始め、五穀、雑穀の栽培、調整なども体験学習できるように心がけております。

雑穀は、育てるのは簡単なのですが、その後どのようにしたらいいのか不明な点が多く、実際に体験が必要な気がします。

写真はモチキビで、鳥にやられやすいので、場所によっては鳥よけネットが必要な位で、
今回は刈り取り後、束ねて屋根のあるところで鳥対策しながら乾燥させます。






エゴマです。

エゴマはシソ科の植物で、シソよりも巨大化し、種がとてもこぼれやすいので、枯れ始めてきたら、刈り取り地面に刈り倒しておくと、脱穀するまで重宝します。

その刈り倒しのタイミングは、葉が黄化してきたら、写真のように指で簡単に落ちるようになったときです。






先月のスクールで、サツマイモと混植してあった金ゴマを刈り取り、風通しの良いところでタライに逆さまにしておくと、
ほぼ全部のゴマが乾燥し、自然と脱穀できていました。

写真のように、ゴミを箕で風で飛ばすとほぼ売っているような金ゴマになりました。
この後水で洗って干せば、洗いゴマになります。

野菜を育て空いたスペースで、雑穀などを育てると、一層食卓が豊かになります。
10月は刈り取りの季節で、ちょっと忙しくなりますが、五穀豊穣に感謝して刈り取っていきます。
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Azumino自給農スクール10月(... | トップ | (続)雑穀の刈り取り、調整... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (チャーミー)
2013-10-12 10:36:24
いつもありがとうございます。

記事とは全然関係ないのですが、今年夏に太陽熱消毒をした場所に大根を蒔いたのですが、ここ半月ほど雨が無くかなり乾燥した状態になったせいかアブラムシ発生とキスジノミハムシが付き、大根の肌荒れがひどいのですが、
太陽熱消毒した場所は耕運しないほうがよいと書かれていていますが、大根のばあいはよく耕した方がよいのでしょうか?
ご質問ありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-10-13 07:37:50
チャーミーさんへ

そもそも、太陽熱消毒の技術の目的は、病虫害を減らし、好気性の善玉菌を増やすことにあります。

そこで、米ぬかなど有用微生物を増やす環境、餌などを撒き耕し、水をあげ、畝立て後、ビニールマルチをぴったり張り、地温を40℃以上にすることです。

うまくいったかどうかは、
1)ビニール内の土が40℃以上になっているのか、2週間以上経って、
2)米ぬかなど微生物を増やす資材が土に完全に分解していること、
3)ビニール内がしっとり湿度が50%以上残っていることです。
4)そして、作物が病虫害に侵されず育つことです。

太陽熱消毒後、土を混ぜると、消毒できなかった深いところの土が顔を出し、効果が半減するものです。

以上がポイントです。

タネを播く際に、土が乾燥していたことから、発酵・分解も止まり、太陽熱消毒が半減し、未熟な土にダイコンを蒔いたため、アブラムシとキスジノミハムシにやられやすい環境があったと思われます。

実は、太陽熱消毒もそうですが、高級技術の方法は、適正に行わないと、かえって失敗しやすくなります。高級料亭の味を出すには、高級料理術をマスターする必要があるようなものです。

ダイコンは、よく耕す必要性を感じるのは、元々田んぼだった場合などで、作土層が深い場合、土が生き物などで団粒化していれば、耕しても、耕さなくてもよく育ちます。

自然菜園では、高級技術が余り必要ありません。
それは、野菜を育てながら、草マルチを行い、必要であれば米ぬかなど補うことで、菜園が、里山のように生物多様性を高めておくことで、特定の病虫害が増えにくい環境になってしまうからです。

その上で、ダイコンの場合、未熟な有機物などがあると、発根障害が出やすいので、直前には絶対に堆肥など施すことはせず、前作の野菜がよく育った場所で、無肥料栽培で育てます。

前作によって土づくりしてもらうことで、綺麗で美味しいダイコンが自然に育ち、アブラムシとキスジノミハムシの天敵もいるため、被害が出たことがありません。

今回のご質問の内容は興味深く、誰しも失敗しがちな高級技術全般の要素を含んでいます。
失敗は成功の母なので、失敗の本当の理由を次の栽培に活かして見てください。
Unknown (チャーミー)
2013-10-14 21:52:44
ありがとうございます。
土作りがなかなか思うようにいかず、試行錯誤の毎日です。あれこれやりすぎていると言うのも原因のひとつかも。
これからも竹内さんのブログや本を参考に
勉強していきます。
けど、自然相手、天候相手に今年はかなり振り回されました。少雨だったことが私の地域ではかなり影響されました。
水遣り加減もなかなか難しいなと思ってます。
コメントありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-10-15 07:51:40
チャーミーさんへ

そうですね。土づくりは難しいので、土づくりはあきらめました。そして、水やり3年といわれる、野菜の欲求にあわせた難しい水やりもする必要がなくなりました。

私はある程度までは堆肥などを入れていわゆる土づくりをして、生き物が住みやすい最低限の環境はつくりますが、

その後は、作物の根の生長に合わせて株下の草を刈って、周囲の草をマルチしていくだけになりました。

そうすることで、どのような土質であっても水やりがほとんど要らなくなり、10日以上雨がなかった場合、雨が必要な野菜から順に水やりをするだけなので、今年は1回だけ水やりをやらっただけに済みました。

水やりも養分も、根が自分で求め、深く張り、地表が草マルチで覆われていれば、自給自足で野菜は生育できるように年々なってくるようです。

最低限の土づくり(生き物が住める環境づくり)の後は、野菜の根を守る草マルチをすることによって、根は自立し、深く潜ります。

また、草マルチをし、米ぬかなど微生物のエサをたまに補うだけでミミズを始め土の生き物が腐植をどんどんつくり、土を耕し肥沃な土にしてくれるため、土は団粒化し水持ち肥持ちもよくなり、年々良くなっていきます。

そのことが、土づくりをやめ、育土(生き物が土を育ててくれる)のみで、野菜が美味しく、簡単に育つようになった秘密です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。