無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

自然菜園スクール『自然育苗タネ採りコース7月』その1 自家採種

2017-07-18 08:55:09 | 自然菜園スクール
本日、のち


自然菜園スクールの自然育苗タネ採りコースでは、自然菜園を支える自然育苗と自家採種をテーマに、1年間通じてその時々の野菜ごとに学んでいきます。




今回秋野菜(キャベツ、ハクサイ、レタス)の育苗で、播く育てやすい品種の紹介やその特徴や向き不向きを知り、




種袋の読みとり方もアドバイスしました。

この品種の生産地は台湾なので、暑さに強いレタスということがわかります。実際に、耐暑性/中強とも書いてあります。

種の袋にはいいことしか書いていないものですが、そんな中でも、自然に育つかどうか(「根が強く」とわざわざ表記してある)、
農薬の使用の有無(今回は、「薬剤処理なし」と表記あり)など栽培上の必要なことが色々読みとれます。

実際にあとは育てて、向き不向きを見極め、自分の菜園に合う品種を見つけて行きながら、菜園も豊かにしていきます。








レタスの夏の芽出しは、冷蔵庫を使います。その過程をご紹介。


外でのフィールドワーク(実習)では、トウモロコシの人工受粉のタイミングを実践しました。


花粉が出ている雄株♂を見つけます。


受粉待ちの雌株♀に受粉させて


雄花♂は、切り取られてしまうので、この後のアワノメイガ対策にもなります。


この雌花♀は受粉が終わり、ひげが伸びてきています。実が太り自家採種できるのが楽しみですね。












根深ネギの自家採種後の調整を行いました。




ソラマメの自家採種












壬生菜の自家採種の調整も行いました。


タマネギの自家採種は、結構ハードルが高いのですが、自家採種すると育てやすくなるので、是非良い種を採りたいところです。


後半は、種まき育苗、土ボカシの切り返しです。(つづく)



2017年土内容充実で、
『無農薬・自然菜園入門講座』が第一水曜日長野市城山公民館で18:30~21:30までスタートしています。
城山公民館での「これならできる!自然菜園入門講座」講座が開催です。毎月の野菜と土づくりのテーマで質問時間もたっぷりあるので是非お越しください。

今年度は、いつもの第1水曜日に
城山公民館 18:30~21:25

18:30~19:45座学
19:50~21:25質疑応答


新年度も第一水曜日で、「無農薬・自然菜園入門講座」を行います。お楽しみに~
新年度スタート「これならできる!自然菜園入門講座~春編~」

8/2(水)夏野菜の延命法、秋野菜の真夏の種まき、定植のコツ


田んぼの見学会は、自然菜園スクール・自然稲作・発酵コースで
7月22日(土)
自然稲作講座⑦(水管理)
田んぼの見学会(信更・大岡)


もし単発参加の場合は、ホームページよりお申し込みください。、場所と車の関係で、先着15名限定でお受けします。
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋ジャガポット栽培「現代農... | トップ | 自然菜園スクール『自然育苗... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トウモロコシの人工授粉 (松尾吉高)
2017-07-19 12:24:29
再度確認なのですが 雌花への受粉のタイミングは頭から金髪の毛が少し顔をだしたころであり、金髪が青々と伸びきった段階ではすでに受粉がおわり受粉成功で
これに雄花の花粉をつけても遅いわけですね。つけるなら前者の状態のものを探してということになるわけですね?
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-07-20 06:50:21
松尾吉高さんへ

そうですね。正確には、

①雄花♂は2~8日間位天候(気温、乾燥、雨)に左右されながら開花しています。

開花している雄花♂の花粉の受粉能力は、24時間なので、花粉をとっておかず、その日のうちに全部使ってしまいます。

②雌花♀は、雄花に遅れること数日後に、絹糸(毛)を出し、10日間位受粉の能力があるといわれえています。(それが何センチか不明なのですが、)絹糸が伸び始めて受粉能力のある10日以内にすべての絹糸1本1本に花粉1粒以上をつけることができると、歯抜けのないトウモロコシが収穫できます。

③ちなみに受粉率を高める工夫としては、雄花の開花と雌花の開花の間を短くなるように、生育が順調であることが大切なので、

10本以上のトウモロコシを2条植えし、2~3割は数日遅れて栽培するといいでしょう。

その上で、雄花♂の開花1週間前に乾燥してそうなら、たっぷり朝夕灌水し、生育を促しましょう。

なお、受粉は正午が一番可能性が高いので、10~11時の間(晴れた温かい日)を狙って受粉させると受粉がより確実になります。

ご質問にストレートに答えるなら、絹糸が10日間受粉有効なので、まだ観が膨らんでいないもの全部に一応花粉をつけておくといいでしょう。

個人的な見解だと、1度の人工授粉では、不確実なので、1週間に2度人工授粉をしております。
トウモロコシの受粉 (松尾吉高)
2017-07-20 13:25:41
数値までありがとうございます。初めて定量的にそのタイミングのずれがわかりました。風が吹き葉も邪魔をする中で は抜けのない綺麗なトウモロコシが出てきているということは 絹糸の数:雄花の花粉の数=1:NでNはいくらぐらいの量なのでしょうか?Nは相当な数だと思われますが。ごぞんじあれば教えてください。
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-07-21 06:39:11
松尾吉高さんへ

そうですね。難しいご質問ですね。

元気な花粉で、雌花も受け入れ体制できるのであれば、絹糸1本:雄花の花粉=1:1以上で、花粉は受粉後、花粉管を伸ばすと他の花粉を排除するのが一般的。

トウモロコシ10本に対して、雄花が1本咲いていれば受粉可能というのが一般的なのはそのためです。

要は、タイミングが合えば、花粉はたくさん出ているので、雄花の数は少なくても、しっかりした実を熟すことができます。

ちなみに、梅雨明け後、受粉後に雨が少ない場合は、夕方に灌水してあげると生育がよくなります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。