無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

タマネギの定植

2016-11-05 18:20:02 | 日々の自然菜園
本日、

朝は真っ白な霜の世界。こうなると、野良仕事は、完全に解凍するのを待ってからになります。
そうなると、11~17時と限られた時間になるので、段取りがとても大切です。


今年は、日照不足で、苗が遅れたため、うちでは連日育った分だけ、タマネギの定植を行っております。

無農薬・家庭菜園で、タマネギほど難しい野菜に入ります。

その一番の理由が、タマネギの苗に問題があります。
タマネギの栽培は、タマネギ苗が良くないと、まず失敗しやすいものです。

特に化学肥料と相性がよいタマネギは、有機物との相性の悪さもあって、抜きたてのタマネギ苗以外では失敗する率はさらに高くなります。

市販の苗は、写真のように、抜いてから数日たっている状態で売っていることもあり、この苗から育てるのは難しいものです。






この苗は、まだいい方で、抜いてから2日以内といった感じです。

それでも植えてから活着するのに時間がかかるので、


手当として、買った後すぐに根が乾かないように、水もしくは薄めた液肥に浸して回復させます。

購入苗は、まず化学肥料で育っているので、鮮度が良いものを選び、もし根の痛みが大きい場合などは、少し切った方がましといった感じです。

化学肥料は、根が多少傷んでいても、枯れていても水に溶けて強制的にタマネギに養分を送るので、このような苗でも植えてから水やりをすると、
しっかり活着しますが、

有機肥料栽培の場合、化学肥料の根がやり直しをし、回復した頃は、寒いので、どうしても活着が良くなくなります。


実際に10月末に、自家製の苗と市販の手当て苗を植え比べましたが、植えてから起き上がってくる(活着の合図)までの期間が10日位開きがありました。

自家製の苗は、植えて3日以内に起き上がってきており、遅れて市販の苗が2週間後に起き上がってきた感じです。


うちでは、2種類の自家製タマネギ苗を育成しております。




ポットで2~4本育てるもの


根はとても長く、しっかりしていて、必要な分だけポットから土を落として植えます。






もう一つは、セル苗。

1つのポットに、1~2本育てて、そのまま


線を頼りに植えていきます。セル苗は、植えた日から立っているので、植え痛みがないのが長所ですが、その分たくさんの苗を育てるのに場所が必要です。




ポット苗は、抜きたての根を切らずに、お隣さんと絡ませるように田植えのように同じ深さに植えていくのがいいようです。

タマネギ苗は、育てるのがとても難しいので、まず苗づくりで失敗しやすいので、どうしても市販の苗に頼りがちですが、なかなか良い抜きたての無農薬・市販苗がないのも事実。

そこで、ポット苗とセル苗で誰でもタマネギ苗が簡単に育てることができるように、研究中です。


新鮮な無農薬のタマネギ苗があれば、タマネギ栽培がより手軽になると思います。


2016年内容充実で、
『無農薬・自然菜園入門講座』が第一水曜日長野市城山公民館で18:30~21:30までスタートしています。
城山公民館での「これならできる!自然菜園入門講座」講座が開催です。毎月の野菜と土づくりのテーマで質問時間もたっぷりあるので是非お越しください。

来月は12/7(水)は、18:30~長野市城山公民館で自然菜園講座です。

・冬の土づくり/米ぬか、クン炭づくり
・無農薬野菜の種や品種の選び方など
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オクラのタネ採り | トップ | いよいよ秋も深まり、越冬準備 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
玉ねぎ苗 (橋本力男)
2016-11-05 21:39:24
確かに玉ねぎ栽培は苗できあるのですが、その苗はたねまきすば培養土で決まります。
コメントありがとうございます。 (竹内 孝功)
2016-11-06 07:31:03
橋本力男さんへ

ご無沙汰しております。
先生から教わった堆肥造りを家庭菜園でも活かせるように伝えさせていただいております。

教室では、春は、踏みこみ温床、秋は田んぼのワラ堆肥と畑の草を使った草質堆肥を通じて、堆肥造りの基本と考え方、その活用法などです。

おっしゃるように、タマネギはまさに、育苗中の培養土できまりますね。

現在は、家庭菜園でも使えるように、市販の育苗土に、クン炭、バッドグアノ、ゼオライトを加え誰でもできる育苗方法を研究していると同時に、

モミガラ堆肥と土ボカシのブレンドにクン炭を加えて、オリジナルポット用培土も模索しております。

培土がよければ、もしくは自分で造れるなら、いいのですが、畑の苗代でタマネギ苗を育てるのが、農家さんプロの技の見せ所ですが、家庭菜園では毎日畑に通って、草取り、水やりができないため、家庭菜園用のポット、セル苗を考案しました。

まだまだ微力ですが、家庭菜園でタマネギ栽培も楽しめるようになると、美味しいタマネギが自給できて幸せだと思います。
又質問させて下さい (あつこ)
2016-11-08 11:12:36
今日ホームセンターへ行って牛ふん堆肥や腐葉土等を買って来る予定です
楽しみだぁー

質問
薔薇の肥料にこの堆肥をあげてもいいですか?
又、来ますね
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2016-11-08 17:54:56
あつこさんへ

そうですか。
バラはとてもデリケートで、ピン切りなので、良くわかりません。

複数のバラがあれば、あげたのとあげないのを比較してみて答えをバラに聴いてみてください。
ジガイモ (萩守正造)
2016-11-10 11:30:26
植えたジガイモはいのししに食べられ全滅、春に収穫したジガイモに芽がでいたので改めて10月下旬植えました、初めての経験です、芽は出ますか
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2016-11-10 12:33:54
萩守正造さんへ

そうですか。それは残念ですね。

去年、イノシシの被害は、ゼロでしょうか?なにかしらサインがありませんでしたか。

また、栽培地と標高など教えてください。暖地、寒冷地など風土によってご質問についてご返信できません。もう少し教えてください。

なお、明日から長期出張に行きますので、明日以降では、すぐにご返信できませんので。申し訳ございませんが、16日以降になります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。