無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

Azumino自給農スクール10月(蕎麦の刈り取り)

2013-10-06 20:58:30 | 自然菜園で自給できる喜び
本日、




2日間に渡り、ソバの刈り取りなどを行いました。

信州蕎麦といわれるように、標高が高く、お米や小麦が育たない厳しい風土でもよく育つソバは、長野県ではソールフードの一つであり、貴重な自給作物でした。

わずか70日で収穫できるソバは、小麦や大豆の輪作としても重宝し、
Azumino自給農スクールでも、全コース共通の作物として、みんなで刈り取りをしました。


ソバの実は、脱粒しやすくうまく刈り取らなければほとんどこぼれてしまい育てるのは簡単でも収穫し、食べるまでにはコツが要ります。

そしてなにより、今回台風で倒れ気味になってしまったソバを上手く刈ることで、草刈りの高い技術が習得できる機会にもなりました。

自然菜園では、草と作物が共生できるように、草を上手に刈って敷く草マルチが特徴であり、
そのために草を上手に刈る技術やタイミングなどは多くの経験を積み身につける必要があります。

そのための訓練として、ソバ、コムギ、稲の刈り取りは、のこぎり鎌の使い方のいい勉強になります。




刈ったソバは、まだ未熟な実があったり、落ちそうな完熟の実が混ざった状態なので、
伝統的な島立てという方法で、ゆっくりと乾燥させ、実の登熟をさせながら脱粒をふせぎます。


稲刈り準備や、他の雑穀を収穫しながら2日間で、たくさんのソバを刈って島立てしました。

この蕎麦は、12月のスクールで、育てた合鴨などと一緒に美味しくいただこうと思います。
育てる楽しさ、みんなで協力しながら育て、食べる幸せを分かち合えるのが楽しいです。

1週間ほど天日干しをして、来週、みんなで脱穀しようと思います。
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『東京で自然農をはじめよう... | トップ | 雑穀の刈り取り、調整(モチ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蕎麦の収穫、タイミング (kei)
2013-10-07 23:37:21
初めての蕎麦収穫。
やっと茶色になり始めたところ。
どのタイミングが収穫どきなのか、迷っていました。

こちらには、しっかり写真が・・・
初めてですし、量はそんなにありません。実験程度の栽培ですが、これで、収穫のイメージがわきました。

こんなにも茶色になってから収穫するんですね。
イメージがはっきりしました。
ありがとうございます。m(__)m
コメントありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-10-08 09:25:33
keiさんへ

お役に立ってよかったです。
ソバや雑穀などは、資料が少なく実際にやってみるとわからないことだらけ。

しかも、脱粒しやすい雑穀は、育てるよりもその後の調整が不明点が多く、食べるところまでなかなかいかないものです。

タネを自家採種するつもりで最初は少し栽培して、
自分が欲しい分に広げていくと無難です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。