無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

田鯉をさばいてみました。(鯉の洗い編)

2012-12-25 23:15:10 | 日々の自給農園
本日、

連日、マイナスの朝夕の寒波。
冬至も過ぎ、一日一日、日が長くなって早く温かい春になってほしいものです。




今日は、Azumino自給農スクールの田んぼコースでお米の栽培中、田んぼに放していた田鯉を捕まえるために、
久々に預かったくれている友人の池に行きました。

信州長野では、昔から田んぼで鯉を養鯉してきた歴史があります。
海がない長野県では、川魚は貴重なタンパク源であったこと、田んぼの稲の害虫などを食べてくれ、除草効果もあり、
しかも鯉を出荷して副収入にもなる田鯉農法は、つい最近まで盛んに行われていました。

しかし、化学農法が主流になると、手間もかかる田鯉農法は廃れてしまいました。

今回、数匹の食用の鯉を田んぼに合鴨と一緒に放ち、稲作と鯉の関係を実験的に行ってみましたが、
合鴨農法と相性もよく、田んぼでの繁殖、養殖の効果も実証され、とてもよい勉強になりました。


また鯉は登竜門で縁起の良い魚で、全国的には男の子の節句時に鯉のぼりなどで登場します。
現在も長野県佐久市を筆頭に、お正月や、結婚、出産の縁起の良いものとされ、お祝い事に欠かせない魚で、
鯉こくや、鯉のお刺身(洗い)、旨煮(大和煮)に料理されて出されます。

わたしも小さい頃から、父が鯉こくを作ってくれ、大好きなお味噌汁でしたし、
鯉こくが食べたくて、魚釣りを始め、川で釣って、泥を吐かせて調理して食べていました。


今回は、田んぼに放していたこともあり、念入りに泥を吐かせること、そして旨みを増すためにも清流で寒締めしたいところ、
友人のおじいちゃん家の湧き水の池をお借りして、10月から2カ月間飼ってもらっておりました。




鯉は、昔から母乳の出が悪い女性に重宝がられ、
肉食をせず、玄米菜食であるマクロビオティック(玄米菜食)でも例外的に調理され食べられる動物性タンパクでもあります。

今回は、マクロビオティック大家の大森一慧先生のレシピで鯉こくを作ろうと思い、
池に氷が張る前に、捕まえようと今日の捕獲に至ったわけです。

捕まえた鯉には、生命をいただく感謝の祈りをささげてから締めました。
マクロビオティックの鯉こくでは、「食物全体」の考えから内臓も鱗も骨も全部食べるため、
鱗をつけたままさばくのが特徴です。




田んぼで自由に泳ぎ、冷たい綺麗な清水で泥を吐かせたためか、
身が締り今までさばいた鯉の中で一番美味しそうだったので、鯉こくに調理する前に、
毒見で鯉の刺身「洗い」にしてみました。


さばきたての鯉の身を清水で清め締めた「洗い」は、臭みは全くなく、歯ごたえよく噛みしめると甘みがあり、

海の魚でいえば、ブリの若い時のイナダっぽい感じでした。

伝統的なつけダレの酢味噌だけでなく、醤油にワサビでも美味しかったです。

食べるための農業、自給農では、田鯉農法も一つの方法かと思いました。

もちろん、帰ってからさばいた鯉を鯉こくに調理したので、今後のブログでご紹介出来ればと思います。

2013年度の自然菜園講座の一つ「あずみの自然農塾2013(第7期)」の募集が始まりました!(12/25~2月末)

2012年12月の講座での集合写真
「あずみの自然農塾2013(第7期)」の募集が始まりました!(12/25~2月末)
先着24名。耕さず、草と虫を敵としない川口由一さんのはじめた自然農に特化したシャロムヒュッテに1泊2日しながら、全10回の体験型ワークショップです。

耕さない田んぼに、畑で実際に、自然の理を学び、実践できます。
しかも、自分の小さな菜園区画が付いているので、3~12月の間自然農で野菜を育てることができます。

半農半Xの暮らし、自然農にご興味がある方にお奨めの講座です。

只今準備中ですが、
自然農法で自給自足の農園が学べる「Azumino自給農スクール2013」
穂高養生園で、日帰りも食事、宿泊もできる自然菜園入門講座も間もなく募集がはじまります。
お好みでお選びください。

【お迷いの方へ】
・耕さない自然農を学びたいなら→「あずみの自然農塾2013(第7期)」
・無農薬栽培の基本から応用を学び、我が家の自給率をアップしたいなら→「Azumino自給農スクール2013」


1月23日(水)は長野、9日(水)松本で、
無農薬ずくなし家庭菜園教室の菜園プランと土づくりをテーマに、「春準備号」がはじまります。

長野メルパルク教室
長野城山公民館教室
松本教室

【拙著のご紹介】

『これならできる!自然菜園』


『コンパニオンプランツで失敗しらずのコンテナ菜園』

好評発売中~
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイケルジャクソンと在来蕎... | トップ | 重粘土(田畑)の畑化について »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おじゃまします (日本マウント株式会社 WEB事業部 小塩)
2012-12-27 12:25:47
田んぼに鴨だけでなく
鯉もいるんですか

鴨は避難させられるけど
鯉は田んぼで
作業中踏んだり
しないのでしょうかね?

動物性タンパクまで
田んぼから供給するなんて
すごすぎます・・・Σ(@Д@)
コメントありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2012-12-27 20:50:31
日本マウント株式会社 WEB事業部 小塩さんへ

そうなんです。田んぼは、食べ物を育て、そこにオタマジャクシやヤゴなどいろいろな生き物も育てています。

凄すぎます。
あけましておめでとうございます (日本マウント株式会社 WEB事業部 小塩)
2013-01-04 13:52:12
本年もよろしくお願いいたします。
m(_ _)m

オタマは自然発生ではないのですか^^
コメントありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-01-05 15:47:37
日本マウント株式会社 WEB事業部 小塩さんへ

こちらこそよろしくお願いいたします。

周りの田んぼにはたくさんいますが
オタマジャクシはいませんね。もしかしたら、食べられた?
たけさんに質問です。 (坂井清香)
2013-01-10 12:51:45
動物性タンパクの自給、近い将来叶えたい夢です。

ところで、この場を借りて、たけさんに質問です。
畑の土に苦戦しています。

水はけが極端に悪く、日照りの日はカチカチに固まり、雨が続くと海苔のような苔が生えてきてしまう、
いわゆる重粘土質です。

昨年、自然農にチャレンジしましたが、作物の成長はすこぶる悪く、麦と大豆だけ辛うじて育ったような状態でした。

畑の現状を整理すると、以下のような状態です。
・重粘土質
・10年程前から耕すのみで作付けはしていない
・それ以前は、農薬除草剤化学肥料をバリバリ使用

春に向けて少しでも土を良くしたいと考えていますが、
今からできることはありますでしょうか。

以前のたけさんの記事を参考に、一部の畑で麦類とレンゲとクローバーをばらまいています。

村の農業者の集いに参加した際も話題になっており、
有機栽培はできない土地という認識になっているようです。
そんな風向きもちょっとでも変えていけたらと思ってますー。
ご質問ありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-01-12 11:01:09
坂井清香さんへ

ご返事遅くなり申し訳ございませんでした。

重粘土質の畑化については、よく菜園教室でご質問受ける内容ですが、

私は、家庭菜園ではなく、本格的に農業される場合は、
抜本的に考えるようにしております。

コメント欄では書けないないようなので、本日のブログにてご返信させていただきます。
Unknown (max)
2016-02-02 17:24:07
寄生虫にくれぐれ気を付けないだめですよ。特に内臓の毒素と寄生虫には気を付けて
コメントありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2016-02-02 22:22:04
maxさんへ

そうですね。川魚はその問題がつきません。

地元長野伝統の料理方法と、お酒造りにも使われているほどの清流で美味しくいただきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。