無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

堆肥の切り返し(育苗土用の土ボカシ)

2017-06-28 12:53:01 | 自然菜園の技術 基本
本日、




空梅雨が続き、昨日ようやくまとまったゲリラ豪雨のような雨が1時間だけ降りました。

夜中でしたが、堆肥の切り返し前日だったので、かけてある薄地のブルーシートを剥ぎ、雨に当てて吸水させておきました。
堆肥の切り返し1回目には結構水がいる場合が多いので、乾いている表面だけでも雨を当てることができて良かったです。


表面は、40℃


7合目の中心温度は、50℃。

先週、自然菜園スクールの自然育苗タネ採りコーで、育苗土の再生として、育苗土と余った苗をきっちり計り、土ボカシとして発酵させた最初の切り返しです。

最初の切り返しは特に大切だと思っております。

最初の切り返しを、7合目で45~50℃の内に、積み込んでから7日で行うと、水分調整、切り返しなどとても楽になります。


切り返しの前に、表面に米ぬかをうっすらかけて、




切り返すと、中心は、ちょうどいい水分量で熱く発酵しており、表面あたりは菌の発酵によって真っ白く産毛立っていました。

もう少し、日にちが経っていたら、水分不足で、発酵が止まるか、過発酵で焼け堆肥になる一歩手前だったので、そうなる前の理想的な切り返しのタイミングだったようです。


水分不足が始まっている場所に、水をかけてあげます。




切り返して発酵が止まっている水不足の場所にも水をたっぷりかけてあげてから、


堆肥の発酵の偏りをなくすようによく混ぜながら、隣に切り返し積み直します。


富士山型に積み上げます。


切り返しは同じ場所で行わないのが基本です。

元々切り返す前のところは、一番下に敷いたモミガラの層が見えています。


切り返し前

切り返し後

右から左に移動しました。


元々あった場所は、腐敗しないように、クン炭などをで覆っておき、乾燥させておくと、今度の切り返しの際に重宝します。

一度堆肥を造っている場所を腐敗させてしまうと、二度と良質な堆肥が仕込めなくなるので、気を使うところです。


♯1100の薄地の通気性のあるブルーシートをかけて完成です。

表面の温度計で、次の切り返しを予想できるようにしておき、再発酵を待ちます。


雨の多い時期なので、雨が多い日は、さらに、写真のように厚地の♯3000ブルーシートで覆い、水がしみこまない、下に溜まらないようにします。


今回は、タイヤの上に厚地のブルーシートをかけて、まさに富士山といった感じに、薄地のブルーシートの上にふんわり厚地のブルーシートで、急な大雨に備える梅雨バージョンをやってみました。

梅雨を味方につけると、ほどよい気温と雨水で、発酵が促されますが、
梅雨は敵にまわりやすく、そうなると腐敗、虫が卵を産みに来てしまいます。

この時期から育苗土を仕込むことができると、来年に間に合うので助かります。



2017年土内容充実で、
『無農薬・自然菜園入門講座』が第一水曜日長野市城山公民館で18:30~21:30までスタートしています。
城山公民館での「これならできる!自然菜園入門講座」講座が開催です。毎月の野菜と土づくりのテーマで質問時間もたっぷりあるので是非お越しください。

今年度は、いつもの第1水曜日に
城山公民館 18:30~21:25

18:30~19:45座学
19:50~21:25質疑応答


新年度も第一水曜日で、「無農薬・自然菜園入門講座」を行います。お楽しみに~
新年度スタート「これならできる!自然菜園入門講座~春編~」

7/5(水)― 梅雨の草対策、夏野菜の種まき、ニンジンの種まき
8/2(水)夏野菜の延命法、秋野菜の真夏の種まき、定植のコツ
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然菜園スクール(自然稲作/... | トップ | 自然菜園スクール/自然菜園見... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです。 (石黒匠)
2017-06-28 14:30:02
堆肥の件、またまた勉強させてもらいました。

質問なんですが、堆肥床が写真から見ると少し窪んでいる様に映っていますが、意図的でしょうか?
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-06-28 19:37:03
石黒匠さんへ

そうですね、手前の窪みは、クン炭を焼くところですので、堆肥の切り返しとは関係ありません。

堆肥は、切り返しに二山以上のスペースが必要です。

うちでは、水を運びやすい菜園の隅に、
1)クン炭を焼くスペース
2)堆肥の切り返し×2
3)草など堆肥の材料を積んでおく場所
になっております。

今回は、育苗土の再生の1度めの切り返しに、新たに出た余り苗と草を加えて切り返ししました。
堆肥作り‼️ (川原健二)
2017-06-28 19:43:08
なかなか、一から堆肥を作る事が出来ません。
市販の腐葉土などを使ったオリジナルのしかも良質な堆肥を作る方法があれば教えて下さい。
よろしくお願いします。
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-06-29 07:39:49
川原健二さんへ

早速のご質問ありがとうございます。

そうですね。
一番簡単なのは、
①市販の腐葉土:クン炭:米ぬか:畑の土=8:1:2:1でよく混ぜて、ビニール袋の中に入れて、雨が当たらないように温かい日の当るところにし、塊になったら、ほぐしてあげるを繰り返し1カ月後に使用する方法です。

市販の腐葉土が湿っている場合は、そのまま材料を混ぜるだけでいいのですが、もし乾いている、発酵中に乾いたようであれば、水分量50~60%(しっとり、畑の土の湿度)を加えるといいでしょう。

②出来上がって、保存する場合は、発酵腐葉土:畑の土(赤玉土小)=8:2で混ぜて袋に入れておき、雨の入らないところに保存しておくと、置けばおくほど質の良い土ボカシとして、1年おくと育苗土にもなり重宝しますよ。
回答ありがとうございます。 (石黒匠)
2017-06-29 10:39:54
此方では、フェースブックのこれなら出来るで投稿した通り、圃場堆肥は密封段階に漸く入れました。

屋内(駐車場での)籾殻堆肥の方は、高温期を保持できたのははギリギリの一月ほどでしたが、実際に手に取って見ると、未だ進行度が足りず、米糠以外にも自然由来の貝化石を交えて再発酵を試み、昨日までで60℃以上を確保出来ています。

今朝から、50℃台に入りましたがこれでスムーズに発酵、熟成へと進んで行くと思われます。

これから暑くなりますが、2週間後をメドに切り返しを続け、安定期に入ってくれたらと思っています。

山中落ち葉堆肥は、4回目も糠を加えながら10日前に切り返しを終えていますが、なかなか足を運べず、やはり堆肥化度はゆっくりです。
囲いの上から薄手のブルーシートを3回目の切り返しまでは被せていましたが、4回目后からはシートを外し、直接覆う麻袋と、その上からの熊笹を被せるだけにしています。
これまでの経験からすると、堆肥山の底は燻炭や熊笹で底上げしてあり、周りに茂っている木々が在る為、余計に雨が浸入する恐れも少ないと判断したのでシートを外した訳です。
これで、山中堆肥を作り始めて102日経過しましたが高温期は、多分、一月には足りていないですが、もう、糠は使わずに自然に任せてみようと思っております。
月に一度は、山中生姜栽培も始めた事もあり、軽く切り返しは続けて行きます。
書き漏れです。 (石黒匠)
2017-06-29 10:45:59
屋内堆肥の60℃以上保持は、これで40日を確保出来ています。

これからも、手で触り、匂いを嗅ぎ、色合い、しっとり感を肌で感じ取りながら続けて行きます。
コメントありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-06-29 23:02:30
石黒匠さんへ

そうですか。順調そうでなによりです。

圃場堆肥は密封は腐敗しやすく、前回見学コースでご相談あったので、ネズミの件と合わせて微妙だと思っております。

年間参加で、今回6月の見学コース2回目が無断欠席だったので、どうされたのかと思っておりました。

堆肥の声は正直なので、本物の堆肥を橋本先生のところで観たわけですから、是非、本物を醸してくださいね。

薄地のブルーシートは、保湿性、通気性、保温性、雨でのチッソ流失防止に優れているので、私は発酵中はかけるようにしておりますが、堆肥の状態次第で工夫されるのはいいと思いました。

私は、堆肥は、菜園が軌道に乗るまでの名わき役出ムードメーカーだと思っております。その反面、菜園が軌道に乗ったら、菜園で草マルチや野菜や草の根で十分耕され、腐植化が進み、団粒化されるので、必要なくなっていくものと実感しております。

堆肥で培ったことは、堆肥に限らず、菜園の生き物(土壌生物、草、野菜】たちの働きによって野菜が支えられて育っている証拠であり、菜園出の生き物の営みの凄さを垣間見せてくれたと思います。

是非、ネズミの被害を他に広げぬよう、生き物によって支えれるよき菜園になってくれることを祈っております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。