無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

田んぼの初期除草と抑草(チェーン除草機と竹ぼうき除草機)

2017-06-16 12:52:12 | 日々の自然菜園
本日、

今日は、強風7mの予報です。
過労で、ブログなどパソコンでできず久々のブログ更新です。


昨日まで、近くて遠い隣町(長野県内の移動は、大変です)、クボタeプロジェクト地球小屋の打ち合わせのため、1泊2日で池田町にあるカミツレ荘に行っておりました。

ここのところ多忙を極め、身体が休みたがっていたので、野良仕事を一休みし、行ってきました。




桑の実も色づき、




田んぼも1回目の除草が終わってから、10日目。

7日目で入ろうにも忙しかったので、場所によっては、1㎡に2~10個くらいの割合で、草がちょっと出始めておりました。


この位の大きさになる、草が本格的に根を張ってしまう前に、チェーン除草などで田んぼ全面を除草&抑草するのがお奨めです。










今回は、友人のお奨めの竹ぼうき除草機を、ホームセンター買ってきた竹ぼうき(\198)2本とある材料で作ってみました。

ビスだけだと竹が抜けやすかったので、トイレ型コンポスト建設で、余ったボンドを使ってみました。







初号機を早速使用してみることに、1,000円以内にできそうな除草機は、初期除草にはコツを得ればよさそうでした。

チェーン除草の欠点、小さな田んぼや四角くない田んぼ、稲が倒れやすい田んぼにはむいていそうですが、
初号機の除草効果は、チェーン除草よりも薄そうなので、ちょっと改良が必要そうですね。









チェーン除草機は、稲を倒すほどの圧倒的な重さがあり、両手が空くので、四角い田んぼや、藻が生えていない場合は、チェーン除草が効果的だと思います。

おまけで、









長野は、水温が低く気温も低いので、如何に水を温めるのかが最大の課題です。

塩ビ管などで、水位を安定させたり、暖かい上水などを循環するように、工夫します。

田んぼと畑がお世話の同じ時期なので、田んぼは草が生えないように、稲が生育よくなるようにWダブル相乗効果が期待できるように、タイミング命でお世話を重ねていきます。

まだまだ過労が抜けていない身体なので、無茶をしないように、回復させながら、だけどやることをやっていきたいと思います。

明日は、自然菜園スクールの自然菜園/実践コース、明後日は、自然育苗タネ採りコース開催日です。


2017年土内容充実で、
『無農薬・自然菜園入門講座』が第一水曜日長野市城山公民館で18:30~21:30までスタートしています。
城山公民館での「これならできる!自然菜園入門講座」講座が開催です。毎月の野菜と土づくりのテーマで質問時間もたっぷりあるので是非お越しください。

今年度は、いつもの第1水曜日に
城山公民館 18:30~21:25

18:30~19:45座学
19:50~21:25質疑応答


新年度も第一水曜日で、「無農薬・自然菜園入門講座」を行います。お楽しみに~
新年度スタート「これならできる!自然菜園入門講座~春編~」

7/5(水)― 梅雨の草対策、夏野菜の種まき、ニンジンの種まき
8/2(水)夏野菜の延命法、秋野菜の真夏の種まき、定植のコツ

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道法流「垂直仕立て栽培」を... | トップ | 自然菜園スクール/実践コース »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チェーン&米糠除草の際の水張 (松尾吉高)
2017-06-16 22:34:46
今年もこれでうまく除草できていそうですが、深水でやるとチェーンで倒された稲がところによってはなかなか起き上がらない、上がっても半分は折れたまま水中に頭をつけています。なので浅水でやった方がいいと思うのですが、直後の米ぬか散布の効果も併せ考えると水張の深さはどう設定すればいいでしょうか?
Unknown (ゆきんこ)
2017-06-16 22:43:03
泥を掻いて、浮いた田の草(主にコナギ)は、
また着床してしまうように思うのですが、
工夫はありますか?
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-06-17 05:02:31
松尾吉高さんへ

ご質問もっともです。

私もその点研究しまだはっきりは言えませんが、

チェーン除草は倒れるものなので、ある程度水があった方が起き上がりがよく、浅水にすると泥や藻が乗った場合起き上がれなくなります。

米ぬかの散布の目安は、チェーン除草前後の稲の葉がが濡れていないときなので、

倒れがすごい場合は、チェーン除草をする前に撒くか、翌日~3日以内に葉が濡れていない状態で、生の米ぬかは避け、沈みやすい状態で播くのがいいと思います。
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-06-17 05:06:12
ゆきんこさんへ

そうですね。
水さえあれば浮いたままなので、それでいいです。

私の場合、チェーン除草後、翌日にボカシや米ぬかを撒いてしまうので、米ぬかなどと一緒に沈む分には、草の根なども発酵してしまうので大丈夫です。

大量に草が浮いた場合や、その場合排水ができる場合は、ネットを用いて他の田んぼに迷惑にならないように排水する方法もありますが、養分水分も流れてしまうので勿体ないと思います。
畑の水やり (あおき)
2017-06-17 15:26:54
水やりに関してです。田んぼの記事のところにすみません。。

5月下旬にたっぷり降った後、梅雨入りした今まで雨らしい雨が降っていません。むしろ乾燥注意報が出ているくらいで、天気予報を見てもこの先しっかり降る気配がありません。
自然菜園ではむやみに水やりしない方が良いとは思いますが、このままだと干からびてしまいそうなので、川からポンプで引き上げてたっぷり散水しようと思っています。(今まで10日に1回くらいの頻度でやりました。)

そこで、水やりのタイミングですが、
朝、昼、夕方、いつが良いでしょうか。
日中は日差しが強いので葉に水滴がつくのは良くない気がして夕方にやった事があったのですが、少し前まで朝晩が寒いくらいで濡れた自分がこごえて風邪をひきました。夏野菜も風邪を引くのでは?と思いました。育苗の時はなるべく午前中に水やりでした。真夏は夕立のように夕方でした。植えた後のまだ暑くない時期の水やりのタイミングはどう考えたら良いでしょうか。

あと、株周りの草刈り草マルチ+米ぬかのお世話です。
水やりの前後どちらが良いでしょうか。
水やりの前の方が蒸発のフタの役目をしそうですし、水やりの翌日の方が草に水分を含んでいて「補い」としての効果がありそうです。
どちらが良いでしょうか。

お忙しい中、長文失礼しました。
昨年以上の乾燥と低温でこの先も心配ですが、なるべく野菜自身が頑張れるお世話ができたらと思います。
よろしくお願いいたします。
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-06-18 07:38:57
あおきさんへ

そうですね。いい質問だと思います。
そのような悩みは野菜の立場になっていないと出て来ないものです。

そして、答えは野菜が出してくれるので、
目安や考え方は如何に書きますが、その通りでなくても野菜が喜んでくれたらいいと思います。

1)灌水のタイミング
そうですね。
①日中晴れ間には避けた方がいいですね。曇っていれば、可能です。

②夜が寒いときなどは(温かくなるまでは)、夕方に水をかけると地温などを奪ってしまうので、日の出前(今なら早朝4時半~7時まで)に灌水を行うといいでしょう。

③夜が寒くない日(通年今頃は)は、夕方が一番いい水やりのタイミングになります。日没近く(今なら16~19時半)にたっぷりあげた方が、朝までにゆっくり地下に水が浸透するように、根も深く入るので、最高です。

2)灌水と草マルチと補いのタイミング
①絶対に避けたいのは、葉が濡れているタイミングで米ぬかを撒いて、葉の気孔などを防ぐのは避けたいこと

②水やりする前に、草マルチを行っておくこと。

③水やりをしてから畑に入らないこと。(土を固く踏み固めてしまうので。)

⇒それらを考慮すると、まず草刈りをし、草マルチを行い、保湿し、水の泥の跳ね返りなどを予防しておき、草マルチの上から米ぬかを補い、灌水するのがベターです。
水やり (あおき)
2017-06-20 08:05:23
ようやく今日の夜中から雨が降りそうです。
たっぷり降ってくれることを祈るばかりです。
そして朝晩も少しずつ暖かくなってきていて、ほっとしています。
毎年こんな気候だと根本的な四季の感覚が変わってしまいますね。

昨年、育苗種とりコースで勉強させて頂きながら、見よう見まねで採った種がそれぞれ苗となって無事に畑に帰って行きました!
育苗種とりコースでは、「種」というものについて改めて意識させてもらった貴重な時間だったと思います。
今年の菜園仕事は向き合い方がちょっと変わって来た気がします。

教えていただいた水やりと草マルチのタイミングでお世話していきたいと思います。
ありがとうございます!

あと、質問を重ねてすみません。
もともと田んぼだった事もあって、川から水を引き込む穴があります。
荒技として、ひどい干ばつの際にはそこから水を引き込んで通路を水浸しにしても良いのでしょうか。近所の方にオススメされました。ヘタに散水すると病気になるから、と。
全体に行き渡るようにするには水口付近がかなり水没すると思いますが、団粒構造や微生物に影響を与えないでしょうか。

よろしくお願いいたします。
レレレのおじさん (村田哲也)
2017-06-20 21:13:21
こんにちは。私の田んぼは1畝ですので、竹ぼうき1本でこまめにやってみております。
何をどんなタイミングでやるとよいのか。
それは自然がその時々で条件が変わりますので、少しずつ出してくれる答えや状況を見ながら試していってみたいと思います。
過労に十分ご注意されますよう。
ご質問ありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-06-21 08:28:46
あおきさんへ

そうですね。育苗をきっかけに、野菜を知り、野菜の声に耳を傾けられるのは素敵なことですね。

元田んぼや粘土質の土では、不耕起栽培は水はけを良くしてくれるので、相性はいいのですが、

干ばつは弱点ともいえます。

下手に灌水すると、雨の跳ね返りの泥などで病気になりやすいです。

その点、畝間灌水(畝の間に水を通し灌水すること)を早朝か夕方行っておくと、泥の跳ね返りもなくとても良いものです。

ただし、
ヒビがはいる位乾燥してから行うと、根が切れており、水も畑全体に行き届きにくく、急な灌水で根ぐされなどもおこりやすいので、

本当に乾いてしまう1歩手前に、さっと(短期間で)畝間灌水を数回に分けて行えるのが理想です。

そうなると、はじめから畝間灌水できるように、水の道を整えておく(排水まで行う)ことがベストです。

干ばつも、土の生き物、根を苦しめ、長期間の灌水(湛水)もまた苦しめます。

根や生き物が苦しまないように、喜ぶようにさっと行うのが畝間灌水のポイントです。
コメントありがとうございます。 (竹内 孝功)
2017-06-21 08:32:04
村田哲也さんへ

本当にそうですね。

稲の葉は、1週間に1枚でるように、根も1週間毎に出ていると思います。

だから、稲の根を育てるために、抑草するためにも除草は、7~10日おきに行っております。

育苗と田植えが終わり、燃え尽き症候群のようになっておりますが、日々の野良仕事やパソコン業務に追われております。トホホ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。