無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

タマネギの育苗

2011-09-15 12:53:06 | 自然栽培講座(技術編)
まずは、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村


好評配信中、メールマガジンで学ぶ
月に4回発信。自然菜園のコツや無農薬菜園の新常識をご紹介!!
「プロの家庭菜園講師・竹内孝功が教える
『5分で学ぶ超カンタン週末無農薬栽培のコツのコツ』
当月無料サービス実施中!
登録申込当月分の1ヶ月は無料でお読み頂けます 詳細



本日、

真夏のような天気が続きます。
熱中症など、油断禁物ですね。


昨日は、NHKカルチャーでの「失敗しない無農薬野菜の育て方」の夏3回講座が無事終わりました。
ありがとうございました。
次回10月12日(水)~秋シリーズが(全3回)がはじまります。
10月は、新講座がたくさんあるので、お知らせ致します。

「繰り返し使える無農薬・エコ菜園プランター講座 (秋)」10/24(月)13:30~16:00

「はじめようマクロビオティック料理&キッチンガーデン」10/29(土)10:15~14:00


先日、タマネギの育苗をはじめました。

ハウス内の踏み込み温床跡地を利用した、再利用の苗床です。


タマネギの自家採種はまだ安定せず、なかなか難しい野菜です。

今回は、自家採種できるお気に入りの品種を2種類を苗床に蒔きました。


タマネギの育苗はとても難しいものです。
それに対して、長ネギの育苗は、簡単なので、ブログを参考に是非やってみてください。

まず整地した平らな苗床に、板などで溝を切ります。


種子を5mm間隔になるように丁寧にねじり蒔きしていきます。


土を覆土した後、しっかりかかとのない足袋のようなもので踏むのがポイントです。

この後写真を撮り忘れましたが、
モミガラを敷きつめ、再度足袋で踏みます。

今回は、ハウス内の温床跡地で乾燥しやすいことと、タマネギだったので、しっかり踏んだ後水をたっぷりあげて、発芽を促します。

屋外の苗床の場合は踏んだ後、発芽するまで水をあげない方が、発芽がうまく揃います。
その後、草を除草しながら、苗が定植に向いた大きさまで育苗していきます。

タマネギの栽培は、まさに苗半作で、苗の出来で、その後の生育が決まってしまいます。

*****************************

9月の菜園教室の予定

あずみの自然農塾2011
9月17日(土)~18日(日)
ニンニク・タマネギの播種夏秋野菜の収穫
田んぼにレンゲ蒔き草刈り
シャロムヒュッテで、自然農を自分の区画を持ちながら学べます。
単発参加できます。



Azumino自給農スクール(畑コース)
9月25日(日)ニンニク・タマネギの植え付け、秋野菜の収穫、サツマイモ収穫はじめ
自然農園の作り方から、栽培の基本を体験しながら学べます。


『ずくなし家庭菜園教室』
9月28日(水) 
内容:越冬野菜の育て方、緑肥・麦栽培で畑が育つ
場所:ずくなし2階にあるどんぐり公民館
時:毎月第4水曜日 19:00~20:30 
参加費:2,000円 希望者20:30~1階で交流会

*******************************

松本浅間温泉の玉之湯旅館さんとコラボ企画
「究極の信州そば」講座(2)が生徒募集中です。

究極の蕎麦づくりを栽培から、手打ちまで学べて、老舗温泉旅館で、
信州の四季を感じてみませんか?

詳しくは、ふれあい企画スペシャル究極の信州そば
次回は、10月6日(木),7日(金)
蕎麦の収穫 手作業で刈り取り、天日乾燥させます。

■お申し込み・お問い合わせ先
「ホテル玉之湯 担当:山崎礼美(れいみ)」まで、お気軽にどうぞ!
TEL:0263-46-0575
e-mail:reimi@asama-tamanoyu.co.jp
『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初秋のトマトの摘心 | トップ | カラシナの自家採種から自家... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タマネギ ()
2011-09-16 04:18:32
タマネギ、うまくできたことがなくて今年もゼロからの挑戦です。
自家採種できる品種とありましたが、他とどのように異なるものですか?

下の記事、トマトの止め方もすごく勉強になりました。
たしかに、脇芽をつめばいいとだけ思いがちなので目から鱗です。
ご質問ありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2011-09-16 08:56:15
直さんへ

タマネギのF1品種(一代交配)は、全く自家採種できません。

というのは、雄性不稔遺伝子があるからです。
つまり、男性性がない(インポ?)のため、
自家採種できない野菜の一つです。

雄性不稔を利用したF1品種の野菜は、
タマネギ以外にもニンジン、キャベツなどいろいろあります。

そこで、固定種の正常なタマネギ(遺伝子)で自家採種していきます。

雄性不稔の野菜は、種子の表示ではわかりにくく、
遺伝子組み換えではないので、安全だということになっています。
そうなんですか!? ()
2011-09-17 04:34:27
雄性不稔、
えー、そうなんですか。

ニンジンもキャベツも・・・。
初めて知りました。けっこうショックですね。

先日初めて野口種苗さんから種を買ってみましたが、これまでは市販の種からずっとどうにか自然に自家採種しようとたくらんでました。
ちなみに袋の表示を見ても分からないんですよね?
コメントありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2011-09-17 07:50:57
直さんへ

野口種苗さんがそこのところ詳しいですよ。

ニンジンとタマネギの交配に不稔技術は、一般的なやり方として定着しました。

キャベツはまだ一般化していないようで、
spやexなど品種の後についていますので、
今は不稔出ないキャベツかどうかわかりますよ。
玉ねぎの育苗 (mot)
2011-09-17 08:54:47
トマトについての対策、とても参考になりました。
玉ねぎの育苗、毎年挑戦しているのですが、育ちが悪く結局市販の苗を植え付けています。
発芽してから植え付けまでの手入れで、
注意することはありますか?
人参の種まきの時も、もみがらを使われていましたが、種まきの時は草より籾殻の方が良いのですか?
コメントありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2011-09-17 13:25:25
motさんへ

タマネギの育苗は難しいですよね。
手入れに関して、改めて、ブログに書こうと思います。

モミガラに関してですが、
もともと私は草を敷いていたのですが、
草の場合、以下の点に気をつけなければいけません。

1)発芽までは、草をタップリ敷いておきます。

2)発芽してから、草を取りの除きます。

3)ネギ苗が大きくなるまで生えてくる草を小さな内に取り除いてあげます。

モミガラにすると、
発芽しても取り除かなくてよいですし、
生えてくる草もモミガラの色で目立ちます。
またもモミガラを敷くと草がきれいに抑えてくれるので、
発芽が難しい野菜に向いています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。