無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

元田んぼを自然菜園に移行中~イネ科で来年の準備

2013-10-19 08:00:08 | 自然菜園の技術 応用編
本日、


元々田んぼだったところを緑肥作物をブレンドして1年半育ててから、
畝立てして、通路に緑肥mixを播いたので、ようやく自然菜園らしくなってきました。

表面的に自然菜園にするのは短期間で出来ますが、今後野菜を自然に育んでくれる菜園を育てるには、時間を味方するといいですよ。
年々よくなるタネ(コツ)をまいて(仕掛けて)おくと、自然菜園は知らない間に時間が過ぎ、どんどん土が良くなっていくから面白いです。


緑肥作物に耕してもらい、畝立てをし、生えてきた草を畝の敷いておき、通路に緑肥mixを蒔いた来年から野菜を本格的に育てるつもりです。

元々田んぼなので、重粘土なので、畝は高さを地域に合わせて立て、自然菜園では畝幅が100㎝以上と広めです。相性の良い野菜をどうしで混植するために、広くするのです。

この自然菜園では、特に畝幅140㎝と広めです。


80㎝の通路には、3条の緑肥mixが育っております。


こちらの畝は、サツマイモの連作畝。つまりサツマイモ専用の畝です。

今年はサツマイモは育てず、とことん緑肥作物で育土します。サツマイモは来年からです。
そのため、ライムギ、クリムソンクローバーを年内から育てておきます。


こちらの畝は、すでに栽培を始めてみました。

ゴボウ、ホウレンソウ、ニンジンの連作畝です。
今年は、ダイコン、ゴボウ、ホウレンソウなど来年のために、年内から連作できるように訓練しはじめました。


先ほどの畝に戻ります。

この畝は、来年夏野菜を育てるつもりなので、




来年中央にトマト、ナス、ピーマンなど育てるために、両脇に小麦を種まきしました。

小麦に根を張ってもらい、土を耕してもらい、刈って脱穀した後の麦ワラを夏野菜の草マルチの仕上げとして敷くつもりです。




小麦を種まきした後、米ぬかを撒きました。

養分としてだけではなく、菜園の土の生き物に餌をあげる感覚です。
土の生き物が元気なられば、結果として根が張れて、野菜が育つという感じです。


この自然菜園は、元々1反の田んぼを半分を自然菜園に、半分を田んぼに残しています。

そのため、稲刈り後には田んぼに稲ワラが大量に出ます。


そこで、元々田んぼなので、土の生き物はまだだま未熟です。
土の生き物は、住みか、食べ物、乾燥から守る、いわゆる「衣・食・住」が揃って増えます、そして調和が図れます。

そこで、稲ワラを菜園に草マルチの上から敷いてあげます。


左は、稲ワラマルチ完成。
右は、草マルチのみ。

暇をつくって、どんどん稲ワラマルチを敷いていこうと思います。

田んぼと一体の自然菜園、今後もいろいろご紹介して行きたいです。

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風を無事乗り切りました!! | トップ | サツマイモ掘りをしました。 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教えてください。 (ホットママ)
2013-10-20 05:36:38
今回の写真とても参考になりました。
今の私の週末菜園は夏草の処理と冬野菜植え付けの準備にかかっていますが、悩みつつ作業をしています。そこで、質問があります。

質問1 今年になってカヤ?どくだみに似た根っこでどんどん増えて、土を掘って根を取ろうか土の中に鎌の刃を入れて一本ずつ切り取ろうか悩んでいます。ホットママの週末菜園で根っこの写真を載せました。

質問2 11月に入ると玉ねぎ苗の植え付けですが、草マルチの所にネギ苗を差し込んで植え付けてもよいのでしょうか。それとも刈った草は通路に置き苗を植え付けた方が良いのでしょうか。

来年のナス科のところは草マルチのままと考えていましたが、今年作った麦茶が美味しかったので両脇に6条大麦をまいてみようと思います。また、「住む」の先生の講義勉強になりました。ありがとうございます。
Unknown (naka屋敷)
2013-10-20 11:34:43
いつも、参考になるブログをみせていただきありがとうございます。
 
 たくさん伺いたいことがあるのですが、二つほど教えていただけますか。

 何十年前か田んぼに使っていた、手つかずの場所があります。半分は、何年か前から耕して、有機農法で使っていましたが、この春から自然農にかえ、先生の出された本をバイブルに、見よう見まねで楽しませていただいているのですが、もう少し広げたくて、どうしたらいいかと、考え中です。畑に行く時間がまとまってとれないので、畑にしたい場所に、麦を植えて耕してもらうといいのかなと思うのですが、一度、掘り起こしみた方がいいのでしょうか。洪水のあと、土砂崩れがあり、そこには赤い泥が何センチか積もっていたりもしてます。酸性が強そうなんです。

 もうひとつ、いつもどうなんだろうかと思いながらしていることがあります。
 
 夫に周りの草を草刈り機で刈ってもらうのですが、すぐに、からからの乾草のようになります。そういう草でも草マルチにして米ぬかを播いておくと、効果があるのでしょうか。生草だと効き目があるような気がするのですが。  みていても、米ぬかだけ姿がなくなり、枯草だけがそのままのこっているようにみえるんです。

 試行錯誤の毎日ですが、8月の洪水で、丸一日水に使ていた畑で、あきらめていたピーマンとトマトが息を吹き返し、また実をつけてくれています。植物の生命力の強さにとても元気をもらい、愛おしさも何倍かになり、わが子のような気持ちにさせられてます。
 自然農法と、先生との出会いに感謝です。

 長くなりました。すみません。
ご質問ありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-10-22 09:27:21
ホットママさんへ

ブログ拝見しました。

質問1に関して、カヤの種類かと思います。これらは根でも増えることができるため、へたに根を切ると、根を増やしどんどん増えるのでご注意ください。

私の場合、畝を立てる際に、野菜と共生しにくい宿根草類の草の根は、熊手などで一掃し、畝立て後残って芽を出し復活した残った宿根草類も回収します。

質問2に関して、タマネギだけでないのですが、菜園は一様ではなく、多様なので、その場その場に合った植え方をし、そこで刈った草は草マルチとして野菜の根元に戻してあげます。

タマネギの植え方は、拙著『これならできる!自然菜園』p135をご参照し、自分の畑に合ったやり方にアレンジしてください。

あとブログを拝見して思ったのは、毎回耕して草マルチだけする方法ですと、草に呑まれやすく、草負けしやすいので、拙著でご紹介した不耕起(自然耕)の自然菜園の場合に比べ、頻繁に株元や周囲の草を刈ってあげる必要があります。

耕す方法の場合、毎年草がすごくなりますので、耕すタイミングや耕し方、草とのつきあい方が拙著でご紹介したやり方では間に合わず、工夫が必要です。
ご質問ありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-10-22 09:39:55
naka屋敷さんへ

そうですね。菜園を広げたい場合や忙しい場合にアドバイスしていることに、手をかけられるスペース以上は広げないこと。手がかけられない場所は、緑肥作物など育て、草マルチの材料に緑肥の草原にしておくのはいかがでしょう。と答えております。

菜園は、狭くても手をかけた方が、手をかけれない広い菜園よりも収穫ができ、忙しくても楽しくできるからです。

また田んぼであれば、自給分の田んぼにした方が、菜園よりも手がかかりませんし、お米も自給できお奨めです。

また、菜園の土と田んぼの土は、土の生き物も異なり、田んぼの土のままでは、サトイモやダイズ以外の野菜が育てにくく、連作障害も出やすく、改良する必要が出てきます。

刈った草に関してですが、
私の場合、野菜の株下に敷くことができる分を、その都度刈って、刈ったその日のうちに、草マルチとして利用しております。

刈ったばかりの草は、生き物が分解しやすく、栄養もありますが、乾燥してしまった草は、ワラ(ミイラ)なので、分解しにくく、栄養も失われつつあります。

また、一度に刈らないのは、生物多様性にも欠かせないことで、刈った草の場所にいた生き物が、刈っていない草に移動(逃避)できるので、多様性が維持できます。

枯れた草も野菜の根の乾燥防止には役立つので、草マルチに役立ててください。
Unknown (naka屋敷)
2013-10-22 17:57:57
ありがとうございます。無理のないようやってみます。
考えながら… (ホットママ)
2013-10-22 21:28:06
早速のお返事ありがとうございます。
宿根草などの根は取り除き袋に入れ処分することにします。

先生の本を読んではいるのですが、まだ不耕起の意味が理解できていないんだな~と思いました。もっとしっかり本を読みこみます。

nakaさんへのお返事もとても参考になりました。
インターネットでの教室は考えていらっしゃらないのでしょうか。以前そのようなお話が合ったように思いましたが。

コメントありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-10-24 14:04:12
naka屋敷さんへ

そうですね。私はついつい無理しがちなので、無理しないことをお奨めいたします。

ホットママさんへ

私も8年間の失敗と師匠たちとの修業期間があって、今があります。

不耕起とは耕さないことではなく、生き物によって自然に耕される環境を調えること、いわば「自然耕」と呼んでいます。

本だけではなかなか伝わらないので、何か遠方の方でも学べるように考えておりますが、忙しすぎて手が回っておりません。

その代わり、各雑誌の取材やブログで少しでもつ渡るように現在しております。

通信教育のような在宅で学べる何かがあればいいなーと思ってはおります。
楽しみに… (ホットママ)
2013-10-24 19:05:48
遠方のため講座に参加できませんが、写真はとても参考になります。
今回の多くの写真は特に興味深いものでした。
住む…の本も購入しましたが、な~るほどと再認識をしました。これからもブログ・本など楽しみにしております。
来年からは週1の畑ではなくもう少し時間が取れそうですので本を片手に楽しみたいと思います。
Unknown (チャーミー)
2013-10-24 19:11:46
いつも参考になる記事読ませていただいてます。
またつまらない質問ですが、私も色々緑肥を取り入れたいと思い、蒔くのですが通路に蒔くとその通路を歩いたりしにくくなるのですが緑肥の部分は歩かない通路なんでしょうか?
ご質問ありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-10-24 21:53:25
チャーミーさんへ

私の場合、通路の幅に合わせて、踏まないように、真ん中にモヒカン状に蒔いたり、

今回ご紹介したように、80㎝の幅広通路には3条に播いて、踏まないように跨いで育てます。
コメントありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-10-24 21:54:35
ホットママさんへ

参考にしてみてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。