「ぽみえ」の樹

いつでも自分らしく
なんとなく感じるままに
気づけたら
表現できたら
毎日の中にスピリチュアル

ボブ・ディラン(*^^*)

2016-10-18 | 日日是好日
  ロック界のカリスマ

  ボブ・ディランがノーベル賞でしたね


昔から洋楽・洋画となると中々覚えられないから有名な人・グループしか知らないけど


勿論、、名前は知ってます


曲も何度も耳に入ってきてましたよね


私は、音楽は凄く好きで、ヘビーロック以外だったら何でも聞いてました


聞くだけで、よっぽどじゃないと、歌手や題名を覚えるまでに至らないけど


洋楽やったら、カーペンターズかビートルズ、アバ、みたいなメジャーなのは大好きでした


小さい頃から日曜日になると、雑誌の明星や平凡に付録で付いてた歌詞本を見て、ほぼ一日歌ってました


でもあんまり、歌詞には興味がなく、歌いながらも音が重視でした


歌詞の言葉とか意味とかは全然理解しようとも思う事なかったんですよね


そんな事って、勉強の延長みたいやもんね・・・・苦手でした


でも耳に入ってくるメロディーは、体中に染みこむぐらい気持ちいい


いろんなメロディーに酔いしれる感じ


無意識に音で波動で、何か感じてたんだろうね


メロディーとか音だけでも優しいさとか喜びとか悲しみとか怒りって、何となく感じるもんね


オーケストラの奏でる音みたいに


でも今になると、言葉とか文章の訴える力の強さやそれにのせる気持ちももっと凄いんだろうなってやっと感じるようになってきた


このボブ・ディランの「風に吹かれて」って曲も何度もどこかで流れてて、聞いた事があって、声も優しいし、力強い音だったりするけど、どこか切ない感じが、自分のどんな感情にも乗せれるような耳障りの良い曲だったような


でも今回、ノーベル文学賞だという事は、「詩」とかからくる表現とメッセージ性みたいなものが認められたんやろうと、歌詞を私もググってみた


けど、すんなりヒットしなかったので、「風に吹かれて」って曲について見てみたら・・・・・


かなりの訴えるメッセージソングなんやね


丁度、日本の学生運動してた時代のフォークソングの様な・・・・・


その歌詞の説明にもあったけど、「答えは全て風の中にある、でも風に飛ばされ舞い踊っている、紙吹雪の様に、いつかは落ちてくる、でもその落ちてる事に気付かない、それに、落ちてきてても拾って見るものがいない」


なんか切なく、今の世の中にリンクするなぁ~~~


大切なものでもただの紙切れだと思ったら見て見ぬふりしてしまうもんね


横にお金が落ちてたらそっち拾ってしまうもんね


でもどこかに答を求めて彷徨ってしまうみたいな・・・・


こんな昔に、こんな若者がこんなメッセージを音にのせて、世界中の人達に贈ってたんやね


今になって、ノーベル賞という形でまた世界中の人達へ再び知らされる事となったのは、今の人の心へ届く準備があるようになったのか・・・・・


今の世の中が、最悪なのか・・・・・


拾って見つける人がいるって思いたいよね


どんな悪の心にも善が宿っているって思うし、世界中が平和になってもらいたいもん


今のノーベル賞に輝く人達の物理や化学や哲学もすべて人類にとって必要な事で、それがもうすでに昔からあった答えで、今になって表面化されたという事は全て必然必要な瞬間なんやねって思う


神様の絶妙なタイミングに感謝です


それに少しでも気づき、知る事ができる人間に成長している自分でいますよ~~~


いつでも風を感じていたい


そうやって、いつでも神様も感じていたいな






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残骸! | トップ | 笑う! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL