「ぽみえ」の樹・・・・・毎日の中にスピリチュアル

いつでも自分らしく・・・
なんとなく感じるままに・・・
気づけたら・・・
表現できたら・・・

自分の事大好きです(^o^)/

2017-05-16 | 日々気づき
  5日ほど前にこんな記事かいてた私・・・・・


私も自分と向き合うようになって自分の短所にも気づき、それを違う角度からみつめ、なぜ短所だと思うかについて、自分の小さい器の概念の中からしか答えが出ていない事にも気づき・・・・・


それを長所と捉えるように努め・・・・・・


それに伴い問題が出てきたならどうにか解決しようとしたり・・・・・・・・


その「短所だと思ってる自分自体」に気づけば問題を持ってくる必要もない事に気づき・・・・・


短所だって自分の一部分だと認めるようになって・・・・・・・


それも個性で、その個性を良い方向に表現出来るようにすれば、自分も悩む必要ないし・・・・・


他人に極端に不快感を与えなければ・・・・・・ホント全て個性


長所も短所も表裏一体・・・・・・全てなんやもんね


自分の中でも表裏一体だし、個人と個人、まあ他人と自分個人の間でも表裏一体なんよね


知る事と、認める事・・・・・・・


それをどう思われるかとか、どう思うかという事の本質にまた別の意味が含まれてる・・・・・


長所だと思えるようになったら好きになれるもんね


とにかく自分の好きなところ出せるように・・・・・・


出せない人は、自分の憧れの人がどんな人なのかを挙げてみるのも良いよね・・・・・まあこの時にはその憧れの人と比べない事は忘れたらだめやけどね



その好きなところを挙げるのにも・・・・ついつい自分でそれの100%を考えてしまうから言えないでいる


その100%ってどうなの?


自分の中だけなんだからそれがその時の100%で良いじゃないのかな


私も自分の好きなところ言ってみた事あるし、自分の全てが好きになって来たって言ってるけど、書き出してみた事ないんよね


もしかしたら、好きな事やってる瞬間が好きやなって思ってるだけかもしれないけど、それでもその好きが数%やったものがどんどん好きになって行くとまた嬉しいしね


こうやって、こんな事考えてる瞬間の自分も好きです


まだまだ100%じゃないと思ってる好きな部分を大きくしていくって事も楽しいかもね


という事で・・・・・・・・


私が自分の長所で好きだと思ってるところ


精神的・物理的バランス感覚が良い・優しい・明るい・気が利く・気が回る・気配りできる・段取りが良い・繊細・愛ある・よく考える・人の話が聞ける・約束は守る・ノリが良い・誘われたら断らない・協調性・順応性・涙もろい・真剣・真面目・冷静・霊性・頭の回転が速い・理解力・慎重・几帳面・綺麗好き・女らしい・艶っぽくなれる・整理整頓好き・熱心・情がある・思いが強い・出しゃばらない・潔癖・潔い・平等心・情熱がある・何でも美味しそうに食べる・こだわりがある・服にも拘ってるところ・単純・温和・楽天的・楽観的・我慢強い・おおらか・人を信じる・素直・心が広い・人を赦せる・人を癒せる・感謝の気持ちがある・人に惑わされない・頼りになる・しっかりしてる・たまに抜けてるところ・オープンマインド・責任感・純粋・個性的・顔・手・髪の毛・バランスよく太ってるところ・よく歩く・運転が上手い・器用・クリエイティブ・色彩感覚・ポジティブ・話してる時の自分・仕事も好きなところ・変わった性格・面白い・人間好き・リーダーシップがあるところ・柔軟性・独立心・向上心・センスがある・直感がある・・・・・・


こんなけ出してみました・・・・まだまだ少ないですね


詰め詰めに書いて分からんでしょうが・・・・・それも多少恥ずかしいから


分かりにくい様に・・・・・・こんなところも好きかな・・・・控えめと言いますか


反対に自分の短所・・・・・・・・・・・それもたまに出てくる


気が弱い・勇気が足りない・優柔不断・開き直るまでの時間が長い・生真面目・臆病・めんどくさがり・・やっぱり短所って反対に思うと長所でもあるの分かるね


好きなところだって、まだまだ未熟・・・・・でも愛おしく思う


人生、自分自身が生きてきた証(あかし)みたいなものやもんね


何回も書いて、増やして、空想して・・・・やってみよ


もっと自分に興味もとう


自分をもっと愛そう









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 感謝です(*^^)v | トップ | ゆるゆる~~(*^^*) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL