「ぽみえ」の樹・・・・・毎日の中にスピリチュアル

いつでも自分らしく・・・
なんとなく感じるままに・・・
気づけたら・・・
表現できたら・・・

宗像大社!

2016-12-31 | お出かけ
 冬至の前で本来の年変わりのお蔭参りとなった宗像大社

今年もありがとうございました

来年は世界文化遺産登録されるかもしれないと言われてて、今年はいろんな番組で見ました


その前に行けて良かったなぁ~~~と



宗像大社のご祭神は・・・・・・

天照大神の三柱の御子神がご祭神・・・三女神は、 田心姫神(たごりひめのかみ)、湍津姫神(たぎつひめのかみ)、 市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)と申し上げ、田心姫神は 沖津宮(おきつぐう)、湍津姫神は 中津宮(なかつぐう)、市杵島姫神は 辺津宮 (へつぐう)におまつりされており、この三宮を総称して「宗像大社」となります

九州本土にあるのが総社で辺津宮
今回はここしか行ってないのですが、この総社の境内にちゃんと全て参れるように三宮がお祀りされてました

ここ宗像の地は、中国大陸や朝鮮半島に最も近く、外国との貿易や進んだ文化を受け入れる窓口として、重要な位置にあり、 日本最古の歴史書「日本書紀」には、「歴代天皇のまつりごとを助け、丁重な祭祀を受けられよ」との 神勅(しんちょく)(天照大神のお言葉)により、三女神がこの宗像の地に降りられ、おまつりされるようになったことが記されているという事です

中津宮へは行けるらしいんですが、沖ノ島は一般人は行けません、九州と朝鮮半島とを結ぶ玄界灘のほぼ中央にあり、この島からは、鏡、勾玉、金製の指輪など、約十万点にのぼる貴重な宝物が見つかり、そのうち八万点が国宝に指定され、これらの宝物は国家の繁栄と海上交通の安全を祈るために、神様にお供えされたものだと・・・・その内容や遺跡の規模の大きさなどからも、沖ノ島は「海の正倉院」とも言われているんだそうです・・・


未だにここは住人はなく、辺津宮より 神職が10日交代で365日たった一人で奉仕していて、上陸時の海中での禊とか、一木一草一石たりとも持ち出すことは禁ずるなどの掟があり、ずっと守られているそうです

この島での見聞きしたことも漏らす事さえ破ってはいけないと・・・


神聖さを余計に感じますよね









この切妻造り、カッコよくて好きです
三女神の姫なのに千木の部分が男神になってた~~なんでかなぁ~~~
まあいいか・・・・・・・気づくけどそんなに気にならない私










第二宮・・・沖津宮の分室


第三宮・・・中津宮の分室


この二宮を参って、全部参拝したことになるわけなんだって


この二つ並んだお社の真ん中に立つと、天地人がおさまった感覚が私の体の中を走った


丁度、この三宮(沖津宮・中津宮・辺津宮)の並びで天地人のエネルギーの完結なんだな


調和が取れて、たくさんの人にエネルギーを放って頂けるよう祈ります





宗像三女神が降臨した地とも言われ、奈良時代以前は社殿が無く、神奈備(かんなび)としての杜や山や島などを聖なる所と祀られていて、 いにしえの時を今に伝える高宮祭場は、今日では数少ない神籬(ひもろぎ)の古代祭場であり、古神道の聖地としてもよく知られてるそうです
神籬(ひもろぎ)って言うのは、神道において神社や神棚以外の場所において祭を行う場合の対象物の事

沖縄へ行った時の御嶽みたいなものなんだと・・・・でもその時よりしっくりきました


  この前へ立った瞬間、八百万神のエネルギーが一斉に降りてきました

そしていつも見守り応援して下さってる事に私の内側から凄い感謝していると感じたんでしょう・・・・「ありがとうございます」という言葉が止まりませんでした

  空気も全然違いました


このツアーでのこの宗像大社の滞在時間は1時間でした

このツアーの一番の目的でもあったところに1時間もおれて、ゆっくり参拝出来て、この一番奥の高宮祭場に来れたのも偶然やったし、時間が無かったら絶対来てなかったし、気づかなかったこの場所・・・・・それにギリギリの上、結構階段上ったんで諦めなくて良かったなって感じです


バスの集合には間に合ったけど、もうみんなすでに待ってくれてたので申し訳なかったかな
よっぽど興味がある人でないと、1時間も要らんもんね
皆さん快く待ってくださりそれも感謝でした


来年に向けて、今の世の中も益々色んな変化が現れると感じてます

それは良くなるためのバランスを取る現象だと信じてます・・・

そのバランスを取る時に波動がついて行けるように・・・・・

そんな時に『天地人』がぶれないように今一度確認させられたように感じました

要らない意識はバランスを取りながら解放していき、手放していきます・・・・・


感謝







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯布院! | トップ | ゆく年くる年(*^-^*) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2016年の終わりに (スイトピー)
2017-01-01 00:00:20
素晴らしい場所を見せて頂き、同じく感謝の気持ち...ありがとうがいっぱいです。
スイートピーさんへ (pomme)
2017-01-01 00:32:48
コメントありがとうございました☆
お互い新しい年もまた感謝の年になりますように☆☆☆

コメントを投稿

お出かけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL