TAOコンサル『市民派アートコレクターズクラブ』

「注目の現代作家と画廊散歩」
「我がルオー・サロン」
「心に響いた名画・名品」
「アート市民たち(コレクター他)」

木村繁之展・・ギャラリー椿

2017年06月30日 | 気になる展覧会探訪

我がアート遍歴の初期のほぼ10年はアメリカ現代美術を中心としたミュージアムピース探索であった。フランク・ステラやマックス・ノイマン、ジャン・シャルル・ブレ、ハワード・ホジキンなどを購入することもあったが、銀座の画廊を出入りすることはなかった。初めて覗いた画廊がギャラリー椿で、ちょうど木村繁之展をやっていた。木版画やテラコッタを得意とするやさしい画風の作家だ。



先日、ビジネスパートナーのSさんとギャラリー椿の木村繁之展に出かけた。
星空の木版画などどれも深みのある作品であったが、木彫の作品に魅かれた。冬枯れの木立の中で男が一人思索しているような構図だ。木彫だが、人物のまわりには白い磁器を削って溶いた絵の具が塗ってある。木の肌触りと石の触感が混じり合っていい雰囲気の作品である。


右側のお二人・・作家木村繁之氏とギャラリーオーナー椿原氏


       中央:作家の木村繁之氏 ・・・・ 右端:我がビジネスパートナーのSさん

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕の好きなこの一点・・アル... | トップ | 銀座Aの顧客小林由果さんは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。