TAOコンサル『市民派アートコレクターズクラブ』

「注目の現代作家と画廊散歩」
「我がルオー・サロン」
「心に響いた名画・名品」
「アート市民たち(コレクター他)」

奥田良悦展、蟻の愛は人間の愛より深い・・ギャラリー惣

2016年10月14日 | 気になる展覧会探訪
銀座のギャラリー惣で、友人でもある奥田良悦さんの展覧会を開催中である。
奥田さんは一貫して蟻をテーマに描き続けている。顕微鏡で覗いたかのような蟻を拡大した作品であるが、擬人化された蟻の動きが面白い。しかし最近は蟻が2匹ないし集団で登場、巣のなかで語り合っているかのような作品が増えて来た。その語らいは愛であると作家は言うのである。そうか、❝蟻の愛は人間の愛より深い❞のか。いや、それほど奥田さんの蟻への思いが深いのだ。




作品鑑賞のあと作家の横田海さん・奥田さんを囲んで、やはり作家の横島庄司氏や美術愛好家Mさんと居酒屋へ。こうして時々画家や美術愛好家と一献交わすのだが、楽しいものだ。我々酔っ払いは「絵のテーマとして蟻は難しいよなー」等と勝手なことを言いながら、蟻の愛について語り合う。楽しき秋の夕べであった。
横田海氏  横島庄司氏
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心に響く香月泰男、丸木伊里... | トップ | パブリックアート散策・・六... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。