All about … my things!

誰も君を責めやしない 君は君でいれば いいさ

『村上春樹は癖になる』清水 良典

2016年10月20日 08時16分26秒 | 展覧会、コンサート、本などについて
久しぶりだと思います… 本のおすすめ

たまにはちゃんとやらないとね とか思いまして…

なんだか毎年 ノミネート?(ノーベル賞はそんな言い方はしないのでしたっけね) されながら 毎年 逃している 村上 春樹さまにさまにささげます…
『村上春樹は癖になる』清水 良典

面白かったです ぜひ! 特に ハルキスト のかたの意見を聞いてみたいです

p. 20 堅実で真面目な日常を送ってきた しっかりした人たちが 誠実に話そうとしてもうまく言えないような経験をしてしまった 言葉に現れないその空白 言葉の損なわれ方に むしろ事件の恐ろしい性格が 表れている

p. 39 物語というのは ある意味では この世のものではないんだ 本当の物語は こちら側と あちら側 を結びつけるための、呪術的な洗礼が必要とされる

p. 91 もちろん、あらゆるものから何かを学びとろうとする姿勢を持ち続ける限り 年老いることは それほどの苦痛ではない。これは一般論だ 二十歳を過ぎたばかりの頃からずっと 僕はそついった生き方を取ろうと努めてきた おかげで 他人から何度となく手痛い打撃を受け 欺かれ また同時に多くの不思議な体験もした

p. 91-92 今 僕は語ろうと思う。 もちろん問題は何一つ解決してはいないし、語り終えた時点でも、あるいは事態は全く同じということになるかもしれない。結局のところ文章を書くということは
自己療養の手段ではなく、 自己療養へのささやかな試みにしか過ぎないからだ。しかし 正直に語ることはひどく難しい。僕が正直になろうすればするほど 正確な言葉は闇の奥へとへと逃げ込んでいく

p. 106 どうにも気になって仕方のない 『いやな奴』がいるとする そいつぐなぜ不快で仕方ないのかというと、たいていの場合 自分にそっくりの《影》である場合が多い

p. 209-210 答えがわからない謎かけ というのは、頭の良い人西海岸わからない『謎解き』とは違う これが大きな違いである 謎には魅力がある 人間は謎が好きなのである たとえば子供は なぞなぞが大好きだ 理由がわからない 不思議な怖い話も好きだ 世界中のおとぎ話のほとんどは 謎だらけで、理由がわからない それが人間の心の奥底に通じる力を持っている。
村上春樹の小説は その意味で現代の大人の おとぎ話なのだ

…そう思いますか?
感想聞かせてくださいませね 私は 村上春樹はけっこう好きですが 初期の作品の方が好きです (*^^*)
ジャンル:
モブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日の ボランティア! | TOP | ハロウィンネイル~o(*⌒―⌒*)o »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics