All about … my things!

誰も君を責めやしない 君は君でいれば いいさ

本日のフレーズ #804 gap

2016年10月15日 14時11分19秒 | 英語関係
本日の フレーズ は

gap
いえいえ 洋服屋さんではありません (もっともあれは そういう意味から来てるのかも…でもよく知らなくてすみません )

The gap of the temperature these days made me exhausted. 「ここのところの 温度差で 疲れちゃってる」
はい gap は 『何かと何かの間にある《差》』のことで ビルと ビルのあいだにあるのも gap ですし
generation gap 『世代による 差』とか もよく知られてますよね
温度差でも使えます
本当に 最近 もう勘弁してよ Give me a break !
じゃないですか?
なに着ていいのか迷うし~ I don't know what to wear. ちなみに 日本語では どちらも『着る』になりますが英語では wear と put on が あります
「何を《着たら》いいかな?」とか 「今日は ワンピースを《着て》いる」の時は wear
「着る」「身につける」アクションが put on です
ので 「靴を履きなさい」は Put on your shoes. になります あ!右と左がありますので複数形にすることをお忘れなく… というより 日本語には シューズ shoes ブーツ boots ソックス socks という『複数形』が入ってますよね 単数の shoe シュー あまり聞かないとは思いますが 英語を話すときは 《ちゃんとだけ 頭のすみに 「いくつあるかな?」》気にしていてください
さて 《make 誰かさん 状態》 とても良く使います これが使いこなせると とっても 英語上級っぽいのでぜひ!使ってみてね
日本語のほうを「温度差が嫌だ」から →「温度差が私を疲れさせる」と出来るようになるといいですよ
なにしろ英語の世界では だいたいが「な二回が 私を そうさせる」世界だからです

びっくりしても You scared me ! 「あなた私を驚かした!」の世界ですよ~
英語では『自分が世界の中心』にいますので感情さえも『外から刺激を受けて初めて発動する』イメージなのです!

面白いでしょ?! 外国語を学ぶと 世界は広がるのです!
ジャンル:
モブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日のフレーズ #803 We're... | TOP | 本日のメインイベント 『幸せ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics