All about … my things!

誰も君を責めやしない 君は君でいれば いいさ

本日のフレーズ #904 What is wrong with you ?

2017年01月25日 13時56分03秒 | 英語関係
本日のフレーズ

もうおわっちゃいましたが ドラマ 『クワンティコ』より ← このドラマしかし凄かったですねぇ…
What is wrong with you ? is が離れてて What と wrong を強めに発音するのがミソ
日本語訳は 「どうしちゃったの?」
What's wrong with you ? は おそらく 中学生でも知ってる? 英検三級くらい? の表現で あちこちで聴くと思いますが
英語ってほんとに 《耳の》または 《音の》言語 『言い方ですごくニュアンスが違ってくる』と思います もちろん 日本語でもなくはないですが 日本語はどちらかと言うと 《目の》《読む》言語ですので 『言葉そのものにこだわって』『言葉を選ぶ』言語だと思います
英語は この What's wrong with you? でも軽~く言えば 「どうしたの?」と機嫌を尋ねる感じですし (もっと軽くなると wrong を抜かして What's with you ? とも言います)
区切って はっきり言うと 「あなたどこかおかしいんじゃないの?」となります (まあこっちのほうが『直訳』っぽいですが)英語 (他の外国語でも) レベルを上げて ボキャブラリーはたくさんあるのになぜか あか抜けて聞こえない人が玉でいます そういう人は『イントネーションが違う』ことが多いです ECCのせんでんで出てくる子供たちも 英語としては つまりに『それが書かれた言葉なら』全く問題点ないのに イントネーションが 日本語のまま というスピーチが なされています それってねぇ すごくもったいないですよぉ~!! 単語も知ってる 文法もそこそこ ボキャブラリーもまあまあ でも なんか変… おそらく イントネーションです
反対に 私のように 物まねが得意?な人間には イントネーションを真似ることが簡単なので そんなにボキャブラリーとかなくても 「とっても上手に話してますね!」とっても誤解されることが多いのですよ… やあネタバレしちゃった ( ̄∇ ̄*)ゞ ← その昔 タモリさんが 外国語の物まねしてたのと同じです

ので! そこそこのレベルのかたは いや初心者でも 単語やフレーズに あまりに集中し過ぎず《イントネーションに気をつけてみる》こと オススメします
とにかく 「生の英語を たくさん 聞くこと!」オススメします 脳の英語フィールドは 出来てますか?
あともうひとつ 《大好きな映画をひとつ見つけること》いいな と思います
昔 生徒さんが 『アナと雪の女王』を
7回観て かなり英語上達しました 同じ映画 何度も観る オススメです
だんだん 「ここではこんなことを言う」のがわかるので より 理解できます
また もうひとつの効果としては
『自分で 自分の上達がわかる』ことです
なかなか 自分で自分の自分づね分かりにくいですよね 専門家にはわかっても
でも! 全く同じ映画を しばらくしてから観ると
「前に…観たときより 聞こえる!」とはげみになりますよ 私の場合は フランス語の 映画 『taxi』久しぶりに観たら おおー まえよりわかる! と感激しました こちらは そうですね 3ヶ月おきとか 半年後に
やってみてください でも 気長にね~ (ノ´∀`*)
ジャンル:
モブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クイズ 賞品 送りました~ | TOP | ジェジュンの お誕生日プレゼ... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 英語関係