こどもたちの未来へ   《 脱原発と国際協力 》  

311避難者の支援活動や脱原発運動をしています。
golondrina643@yahoo.co.jp

ぜひ中部電力にも持って欲しい  「変化に挑戦する気概」

2016年12月10日 | 日記

先日の中日新聞の記事ですが、

 

就活する大学生に向けて、

 

中部電力の採用担当者がこう呼びかけています。

 

「自分もチェレンジしようという気概を持った学生さんに来てほしいですね。」

 

いつまでも浜岡原発に固執する中部電力。

 

いい加減あきらめて原発ゼロにチャレンジしてみませんか?

 

変化に挑戦する気概を 中部電力・採用担当者に聞く 

2016/12/6 朝刊

http://chuplus.jp/paper/article/detail.php?comment_id=418621&comment_sub_id=0&category_id=546 より

 愛知、岐阜、三重、静岡、長野県に電力を供給する中部電力(名古屋市東区)。人事部採用育成グループ長の阿藤裕彦さん(51)に求める人材について聞いた。

 -ことしの採用活動で力を入れた点は。

 まずは、会社説明会で学生に仕事の内容を分かりやすく伝えました。二十~三十代の若手や中堅の社員に説明会に来てもらい、経歴や仕事の内容、やりがいを語ってもらいました。学生と比較的年齢の近い社員の説明で、入社後の業務や働き方がイメージしやすくなったと思います。

 -近年、電力を取り巻く環境が変わってきています。

 今年四月から、一般家庭などを対象にした電力の小売り全面自由化が始まりました。当社は首都圏で電力の販売を始めました。来年四月にはガスの小売り全面自由化が始まるので、愛知、岐阜、三重県で販売に参入します。電力の安定供給に主眼を置く使命は変わりませんが、ガスの販売など新分野への進出を成長のチャンスととらえています。

 -入社を志す学生に期待することは。

 変化に挑戦する当社の姿勢に共感し、自分もチャレンジしようという気概を持った学生さんに来てほしいですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界一のプラネタリウム | トップ | むらのわ市場 2016・1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。