樹間暮のきまぐれライフ

ゆったりと・・・残りの20年は過ごせそうにないけれど、きまぐれな日々の生活を少しだけでも記憶の底に残しておくきっかけに。

黄昏

2017-07-12 22:59:45 | 日記

プレハブ市役所と夕焼け


雲の多い夕暮れだったけど
そこに映る落日の光

素晴らしく燃ゆる空


部屋を片付けていたら、
昔昔私が岐路で迷っている時に
兄から、父から、送られた書簡が
ひょいっと顔を出した。

家族のありがたみ・・・
家族を大事にしなきゃ、と
改めて染み入る言葉達

そんな中にある本からの引用の言葉
「過去の何もかもを肯定する勇気と
未来を生み出すこの現在を大切に
生きる喜びを永平寺の一年で学んだ」
と共に、こう結ばれていた。
「こうした勇気と喜びを拠り所にして
一日一日を明日につなげていくしかない」と。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月の輪酒造 | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トミー)
2017-07-13 08:50:45
「黄昏」という言葉は、わびしさをイメージさせますね。
特にに年齢を重ねた人達にとってはね。(一般論として)

でも沈むきれいな夕陽を見ながら、浜辺で語らう恋人
達は、どんな気持ちで見ているんですかね?
、、、知らんがな、、(笑)

人生の黄昏どき、なんて言葉あるが、お互いにまだ
少しはバリバリ遊んで、楽しく生活しましょう。
私にとっての黄昏どきは、「飲みどき」なのですよ(笑)

Unknown (樹間暮)
2017-07-20 00:20:52
トミーさん
返信遅くなりました。
「黄昏」という映画もあったような。
ちょうどいい時期かもしれませんよ。
確かに、「飲み時」(笑)
侘しさを払拭してください!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL