樹間暮のきまぐれライフ

ゆったりと・・・残りの20年は過ごせそうにないけれど、きまぐれな日々の生活を少しだけでも記憶の底に残しておくきっかけに。

北海道新幹線

2017-06-30 07:24:26 | 日記
トンネルを抜けると
そこは雪国 ならぬ北海道 だった

盛岡から北海道新幹線にのって函館の旅
先週の週末久しぶりに娘と函館で待ち合わせて たび に出た。

盛岡の次は「新青森」
その次は「新函館北斗」
2時間の新幹線

青森から、乗務員交代で東日本JRから北海道JRに切り替え
青函トンネルを抜けると、ようこそ~北海道へ!という
観光満載のアナウンス

ただ、新幹線の旅はトンネルまたトンネル
時々防音壁ごしの風景・・・と
車窓を楽しむことはできない

そして、
新函館駅は、回りにお店も
町も何もない、寂しい場所だった。
ただ、湿気のないさらりとした
心地よい風とどこまでも広い空だけが、
私は北海道に居る!と感じさせてくれた。




娘との待ち合わせ時間までまだあったので
レンタカーで大沼公園を訪ねてみる。
とんがり山頂の駒ヶ岳をバックに大沼が
のんびりと横たわっている。
千の風になって という歌の歌詞はここの
湖畔生まれたそうだ。

耳を澄まさずとも木々の葉を揺らす風が
目に見えるように走り去る。1時間半ほど
遊歩道を散策し、島巡り。


大沼団子を今晩の食後のデザートに買い込んだ。
さあ、娘を空港に迎えにいかなくちゃ!
と、駒ヶ岳に別れを告げる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新日本百名山 | トップ | 恵山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL