マタギ親爺の晴釣雨呑

定年退職したタヌキ親爺が魚釣りや狩猟などの日々の出来事

個人情報流失

2016-10-12 05:36:00 | 日記


先日有害捕獲の時、処理を終わって隊員皆と話をしている中で突然、副隊長がそう言えば先日警察に行ったらこの町の若いのが猟銃の免許を取るらしいと言われたが誰だろうと言い出した。

この副隊長は狩猟解禁日などに、警察とパトカーに乗って狩猟者が違反してないか一緒に見回っている人だから警察が喋ったのか。

私は知らない顔をしていたが、他の人がこの町に若いのは何人も居るので名前は聞いたのかと聞くと、そこまでは言わなかったと言った。

確かにこの中では皆より私は若いが、他に誰か受けるのがいるのかも知れないし、受かるまで絶対に言うつもりはまったくない。

数日後、他の隊員にお前さん、猟銃の試験受けるのかと聞かれた。 とぼけると、〇〇の〇〇と言えばあんたしか居ないやろ。  

具体的に名前までハッキリと言われる。  言い逃れ出来ない。 何でや。 誰から聞いた。 〇〇さんが言っていた。

この〇〇さんは名前は聞いたことあるが私は面識すらない人である。   どうなっているのや。  どこから情報が漏れた。

この人には、まだ試験を受けてないし、落ちたら恥ずかしいので内緒にしてくれと頼む。  しかし翌日他の隊員から免許取るのかと言われる。

なぜ知っている。 聞くと、これは絶対内緒やけど試験を受けるらしいぞと言っていたとのこと。 全く、個人情報がダダ漏れである。

知らないのは隊長だけになってしまった。  これで絶対に試験に落ちる訳にいかなくなった。  まったく誰が私の個人情報を流したのか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試験勉強 | トップ | 狩猟免許試験 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。