【足尾周辺】餅ヶ瀬林道から中尾根コースで袈裟丸山

                         賽ノ河原付近のミツバツツジ

【日 程】2012年5月30日(水)日帰り
【山 域】足尾周辺
【山 名】中袈裟、後袈裟丸山、前袈裟丸山、小袈裟
【メンバ】単独
【天 候】曇り
【コース】原向駅(9:30)→中尾根取付(11:30)→中袈裟(14:40)→賽ノ河原(17:00)→沢入駅(19:30)

袈裟丸山は車利用の登山者が多く、電車・バスでは不便な山と言えます。餅ヶ瀬川沿いの長い林道歩きから中尾根コースで中袈裟に登り、折場登山口に下って沢入駅まで長い車道を歩きました。餅ヶ瀬川沿いの林道は途中で通行止めになっており、工事関係者も入っていましたが、止められることはありませんでした。林道から餅ヶ瀬川に下る場所は道の反対側に赤テープも見られ、バイクが一台止まっていました。バイクで来て中尾根を登ったのかも知れません。餅ヶ瀬川はけっこう水量がありましたが、なんとか靴を脱がずに濡れないで対岸に渡れるところを見つけました。踏み跡は比較的明瞭であり、見失っても尾根に忠実に登れば問題ありません。いきなり長い急登があり、やがて少し緩むもののなかなかの傾斜が続きます。ぐんぐん高度が上がる証拠にミツバツツジが盛り過ぎ→見頃→蕾とどんどん若返ります。その後、アップダウンが続いてしばらく高度が上がらない部分ではアカヤシオの群落が見られますが、盛りは過ぎており、一週間ほど早ければ素晴らしい花園が見られたことと思います。再び激しい急登となり、ルートは笹薮を避けるためあえて崖の近くに寄ります。ここでは息が上がってしまいました。一息入って最後の急登になりますが、途中で進退窮まるのではないかと心配になるほど手ごたえのある登りが続きます。
傾斜が緩むと目印がやたら多い場所に出ました。ここが縦走路の分岐で、間違えて中尾根に入らないように多くの目印を付けているのでしょう。中尾根を下るのはロープが無いと難しいでしょう。分岐から中袈裟方面に向かうと、縦走路なのに石楠花などの藪のうるさい道になります。後袈裟丸山から前袈裟丸山にかけては山桜が見られ、前袈裟丸山から小袈裟にかけて石楠花が開き始めていましたが、蕾はあまり多くありません。安定した曇りで展望はほとんどありませんでした。天気予報では安定した晴れとのことだったのに・・。小袈裟あたりのアカヤシオもすでに盛りを過ぎていましたが、賽ノ河原ではミツバツツジの花盛りでした。時刻は夕刻になってガスも出てきていましたが、思わず声も出る美しさでした。シロヤシオも開き始めており、もっと早ければアカヤシオも素晴らしいこの場所はツツジの名所と言えるのでしょう。折場登山口に下る途中、見晴らしの良い笹の斜面に出ます。向こうの尾根には点々と赤いツツジが見え、沢筋には何段にも続く滝が見られる美しいところです。折場登山口では車で来ていて、ここで泊まって明日に登るという方に会いました。本日たった一人だけ出会った登山者でした。

 

山域別山行一覧

形態別山行一覧

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【奥武蔵】聖尾根から熊倉山

                   山頂直下のアカヤシオ

【日 程】2012年5月12日(土)日帰り
【山 域】奥武蔵
【山 名】熊倉山、城山
【メンバ】単独
【天 候】曇り時々晴
【コース】三峰口駅(8:15)→大峠(10:30)→熊倉山頂(14:00)→城山(15:30)→白久駅(16:30)
【参 考】電子国土地形図

三峰口駅から荒川上流へ向かい、白川橋を少し過ぎた所で林道擁壁に作られている階段を登って聖尾根の末端に取り付きました。初めのうち急斜面が続いてルートファインディングが必要ですが、ある程度登っていくと穏やかになります。やがて尾根の右側に聖岩が見え急登をこなすと岩場の上に出ます。左から巻くように下ると「聖尾根の大峠」の看板があります。聖尾根は道標が少なくて途中のピークで方向が変わるので、見通しが利かない時には迷う恐れがあると思います。アカヤシオには遅すぎたかと思いましたが、高根の手前でようやく散り残っている花がありました。熊倉山頂の一つ手前の岩のピークでもやや盛りは過ぎていましたがアカヤシオが楽しめました。頂上直下の分岐では「林道コースは一部崩壊のため通行禁止で城山・日野コースを利用してください」との張り紙がありました。この一般登山道の下り始めにある、アカヤシオの大きな株は蕾をわずかに残す満開状態でした。城山コースを下り、林道に出るあたりでグループに追いつきました。林道を歩くのは嫌なので、突っ切って城山を通るコースに入りましたが、けっこうアップダウンのある道でした。

 

山域別山行一覧

形態別山行一覧

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

【渡良瀬川左岸】十二時山~鍋足沢の頭~鳴神山~大形山

                      イカリソウ(岡平付近)

【日 程】2012年5月7日(月)日帰り
【山 域】桐生市・みどり市
【山 名】十二時山、丸山、鍋足沢の頭、鳴神山、三峰山、大形山
【メンバ】単独
【天 候】晴れ
【コース】小中駅(9:00)→十二時山→鍋足沢の頭(12:00)→鳴神山→大形山(15:40)→岡平→村松峠→桐生駅(17:30)
【参 考】電子国土地形図

十二時山は昨年(2011年12月27日のブログ参照)、わたらせ渓谷鉄道の花輪駅から小夜戸山経由で登っていますが、今回は小中駅から目指しました。渡良瀬川をつり橋で渡って上流に向かい、沢を過ぎてから右に分岐する道を登ります。適当な所から山に入っていくと古い鳥居をくぐる道があります。辿っていくと先ほどの沢沿いの道になり、沢の分岐を左へ左へと取って行き、水が枯れるあたりで尾根を目指して登りました。急斜面の岩場となり、ルートファインディングが必要となります。這い上がった尾根上には踏み跡はありません。尾根を登って頂上に近づく頃、いまさらのように目印が出てきます。前回歩いた小夜戸山からの道に合流して、十二時山に至りました。ここから前回と同様に林道を突っ切り、丸山を経由して鍋足沢の頭に至ります。踏み跡と目印がありますが、丸山で分岐する別のルートにも目印が付いているので、間違ったルートに入らないように注意が必要です。
鍋足沢の頭から鳴神山に向かう道でも、別ルートにも目印が付いているので注意が必要です。鳴神山手前の椚田峠下のカッコソウは咲き始めたばかりで、囲いの近くに花が無く良い写真が取れませんでした。また、アカヤシオもほとんど散ってしまっていました。鳴神山から吾妻山へ向かう道は道標などが良く整備されており、新緑が綺麗でした。大形山を越えて岡平という伐採地に出ると桐生の町が良く見えました。吾妻山の手前の村松峠から左へ宮本町に下り、桐生駅まで歩きました。

 

山域別山行一覧

形態別山行一覧

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )