【渡良瀬川左岸】小夜戸山~十二時山~丸山~鍋足沢の頭

                       十二時山

【日 程】2011年12月27日(火)日帰り
【山 域】桐生市・みどり市
【山 名】小夜戸山、十二時山、丸山(離山)二等三角点、鍋足沢の頭
【メンバ】単独
【天 候】曇り一時雪
【コース】花輪駅(8:50)→小夜戸山(10:50)→十二時山(12:40)→丸山(13:00)→鍋足沢の頭(13:30)→梅田南小学校前バス停(16:50)
【参 考】電子国土地形図

わたらせ渓谷鉄道の花輪駅から小夜戸山~十二時山~丸山~鍋足沢の頭と歩いて座間峠に出る予定が鍋足沢の頭で間違えて桐生市側へ降りてしまいました。12月11日に渡良瀬川左岸の荒神山~大畑山~小夜戸山と歩いて花輪駅に下りましたが、その続きでした。花輪駅から中野駅方向へ歩いて渡良瀬川を渡り、そのまま車道を行き三叉路から少し左へ行き、入りやすい所から取り付きます。尾根に上がって最初のピークで前に下ってきたルートに合流しました。小夜戸山から尾根伝いに進んでいくつかの無名のピークを越えて高度を上げて行くと十二時山(1,056m)という変わった名前のピークに着きます。

十二時山から南へ尾根を辿るとすぐに山道は舗装された林道に断ち切られています。林道に下って右に少し行った所から斜面に取り付いて登って行くと1,064m二等三角点の丸山(離山)に至ります。さらに尾根を辿ると次のピークには祠が二つ並んでいました。このピークには山名板はありません。さらに先のピークを目指すと道が比較的明瞭になって鍋足沢の頭に着きました。鍋足沢の頭から座間峠へは鳴神山から縦走して歩いたことがあるのですが、ここで間違えてしまいました。逆方向から鍋足沢の頭に着いたことで錯覚し、南東の尾根を下ってしまいました。一度歩いた所なので油断をして磁石による方向確認も怠りました。間違えたルートは赤テープの目印はあるものの藪っぽく足場の悪い尾根でした。次第に分りにくくなり、最後は沢に下って砂利舗装の林道に出ました。この林道を延々と歩くと、舗装道路に変わって鳴神山の登山口前を通ってさらにバス停まで長い車道歩きになってしまいました。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

【奥武蔵】官ノ倉山と臼入山(細窪山)

                 官ノ倉山から臼入山方面の展望

【日 程】2011年12月15日(木)日帰り
【山 域】奥武蔵
【山 名】官ノ倉山、臼入山(421.1mピーク)
【メンバ】単独
【天 候】快晴
【コース】東武竹沢駅(8:00)→官ノ倉山(9:00)→臼入山(10:44)→落合バス停(12:00)
【参 考】山と高原地図22奥武蔵・秩父

東武竹沢駅から官ノ倉峠に登り、官ノ倉山を往復してから西へ伸びる尾根を歩いて、臼入山(細窪山)のピークを越えて行きました。臼入山への標識には誰かがマジックで「細窪山」と修正を入れてあり、この山の名称について異論を持つ方がおられるようです。

官ノ倉山までは外秩父七峰縦走コースの標識もあるハイキング・コースですが、官ノ倉峠には臼入山方面への道には「山道」とだけ記されています。道は比較的明瞭ではじめは道標がありませんが、「烏森山」との表示のあるピークから臼入山への道標が出てきます。まわりが竹藪に変わったあたりで、山道は林道に断ち切られていました。地形図には無く、最近作られた林道のようです。臼入山頂上からは南へ下る道がありますが、臼入山を越えて尾根通しに行く踏み跡が続いています。道標は無くなり藪っぽくなりますが、道ははっきり続いており、辿っていくと落合バス停の少し手前で車道に下ります。かなり早い時間に下ってしまいましたが、別のピークに登るには半端な時間なので、バスを待って帰路に就きました。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【渡良瀬川左岸】荒神山~大畑山~小夜戸山

            荒神山展望台から赤城山方面の展望

【日 程】2011年12月11日(日)日帰り
【山 域】桐生市・みどり市周辺
【山 名】荒神山、大畑山、小夜戸山
【メンバ】単独
【天 候】晴れ
【コース】水沼駅(8:40)→荒神山(10:00)→大畑山(12:20)→小夜戸山(14:30)→花輪駅(15:50)
【参 考】電子国土地形図

わたらせ渓谷鉄道の水沼駅から渡良瀬川左岸の低い尾根を歩いて花輪駅に下りました。水沼駅から荒神山へはハイキング・コースになっています。はじめ車道を行き、遊歩道入り口から山道に入ります。遊歩道の分岐(標識は送電線の番号が表示されている)を右に取りましたが、進むにつれて遊歩道という名前にはそぐわない荒れた道になりました。途中で車道に出てしまいますが、この車道からの展望が良くて、富士山の山頂が少しだけ頭を出しているのが見え、浅間山も綺麗に見えます。荒神山の山頂より少し下にある展望台からは赤城山や皇海山方面の素晴らしい見晴らしがあります。

荒神山の山頂から東に尾根を辿ります。踏み跡は不明瞭で、藪や落ち葉に消えていたりします。途中、猟に入っている人と二度出会いました。大畑山には小さなアンテナがあり、山名板が木の枝に取り付けられています。雪が残っていました。大畑山から先には猟師が入っていないようでした。大畑山から小夜戸山まではいくつものピークを越えていきます。巻き道らしきものも見られますが不明瞭なので、ピークをすべて拾って行きました。どのピークにも山名板はありません。地形図で標高がほぼ800mのピークには小夜戸山と書かれた小さな札があり、アンテナ設備があります。大畑山も小夜戸山も、また渡良瀬川対岸の中野山も麓の地名がそのまま山名になっています。小夜戸山からは西へ伸びる尾根をまっすぐ下ります。踏み跡らしきものもありますが、あまり信用できないと思って無視しました。最後は藪っぽく急斜面になります。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【ネパール】ゴーキョ・ピークへトレッキング(3)

           夕日を受けるローツェと満月(ディンポチェにて)

【日 程】2011年10月25日(火)~11月24日(木)
【山 域】クーンブ・ヒマール
【山 名】ゴーキョ・ピーク(ゴーキョ・リ)
【メンバ】本人、妻
【コース】カトマンズ(10/26~10/28)→ルクラ(10/28)→パグディン(10/28)→ナムチェ(10/29)→シャンボチェ、クムジュン周回(10/30)→モン・ラ(10/31)→ドーレ(11/1)→マッチェルモ(11/2)→ゴーキョ(11/3)→ゴーキョ・ピーク往復(11/4)→マッチェルモ(11/5)→ポルツェ(11/6)→パンボチェ(11/7)→ディンボチェ(11/8)→チュクン往復(11/9)→タンボチェ(11/10)→ナムチェ(11/11)→パグディン(11/12)→ルクラ(11/13~11/19)→カトマンズ(11/19~11/23)

宿の明かりについて書きます。宿の明かりは点いてないも同然なほど暗い宿から、かなり明るい宿までいろいろです。私たちが泊まった宿ではありませんが、明かりの無い宿もあるようです。日本の山小屋のように一定の時刻で消えますが、8時などという早い時刻ではなく、けっこう遅くまで点いています。最新LEDの明かりもありますが、ヘッドライトが上からぶら下がっている程度の明るさだったりします。

宿の食事は地元のものから、パスタ、ピザまでいろいろありますが、これを注文すれば間違いないといったお勧めはありません。どの料理も量が多くて味が単調なのでそのうちに飽きてきます。私たちはお互い注文したものを途中で交換しました。味の濃いものや油っぽいものが多いです。初めのうち妻は、モモという餃子に似たものを注文してましたが、そのうち飽きてきてジャガイモ料理に変わり、最後はスパゲッティが多くなりました。私は初めのうちは油っぽいものを警戒して避けていましたが、そのうちチョウメン(焼きソバ)やフライドライス(チャーハン)なども食べました。ダルバートという純粋なネパール料理はけっこういけますが、妻は好みませんでした。ジャガイモ料理はフライド・ポテトというのがありますが、欧米や日本のものと違い、角切りのジャガイモを炒めた料理です。ロースト・ポテトというのは表面がカリカリしてけっこういけます。ボイルド・ポテトは自分で皮を剥くのが面倒です。ハッシュド・ブラウンというジャガイモ料理はちょっと味が濃いのが欠点です。宿によってはボイルド・ベジタブルがあって、キャベツ、人参、カリフラワーなど茹でただけで味が付いていませんが、他の料理の味が濃いので混ぜて食べたりしました。うどんに似たトゥクパはカトマンズで食べたとき気に入らなくてその後注文しませんでしたが、タントゥックというきしめんのような麺はつゆの味はうどんとラーメンの中間でルクラの宿ではけっこういけました。

ガイドブックによるとゴーキョ方面はカラ・パタール方面に比べて人が少ないと書いてありましたが、行くときはけっこう人がいました。戻る時は人が減ったように思いましたが、天候が悪くてカトマンズからルクラに飛べなかった影響があったようです。ポルツェ・テンガ(ポルツェ下という意味)という所からポルツェを経由してパンボチェまではメインルートでは無いので、歩く人もあまりいませんが、景色が良くタムセルク、カンテガ、アマダブラムを見ながら歩きます。パンボチェからカラ・パタール方面のメインルートとなりますが、ディンボチェはここを経由してもカラ・パタール方面に行けますが、メインはペリチェ経由でディンボチェは少し外れ、宿は空いていました。チュクンは往復だけでしたが、チュクン・リというピークはカラ・パタールより少し標高が高く、カラ・パタールでは見えないマカルーも見えるなど展望の良いお勧めのピークとのことです。タンボチェでは11月の満月の日に行われるお祭りにぶつかり、タンボチェに泊まれそうもないという事で、少し手前のデブチェに泊まりました。そこからタンボチェまで宗教行事のマニ・リンドゥを見に行きました。実際にはタンボチェにも何とか泊まれたようです。タンボチェからプンキ・テンガまでは大きく下りましたが、ここを登るのは大変と思います。ナムチェへの登りよりもきついかも知れません。登る場合は高山病に要注意です。

高山病について、行きかう日本人の方との情報交換ではナムチェあたりで具合の悪くなる人がけっこう多く、ヘリでカトマンズに運ばれて入院した人もいるそうです。マッチェルモの先では真っ黒に日焼けした若い強そうな男性がぐったりしているのを見かけました。その方は一度、マッチェルモに戻って再度ゴーキョへ来ました。やはり下るのが高山病の一番の対策のようです。

 

山域別山行一覧 形態別山行一覧

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )